手ぶらなんてありえない!?芸能人に学ぶ「自撮りを盛るためのお菓子の選び方」

モテ子
私は盛る必要なんてないけど?

みなさん、今までに1度は何かを食べる様子を自撮りしたことがあるのではないでしょうか。でも食べ物ならではの写真の際立たせ方って難しいですよね。そこで今回は、どんな飲食物とどうやって写ったら自撮りを盛れるのかを考えてみたいと思います。
また先日、チュッパチャップスを販売しているクラシエフーズ株式会社の調査で、女性が自撮りの時に使いたいお菓子第一位は棒つきキャンディであることが判明しました。なぜチュッパチャップスは自撮りに効果的なのでしょうか…?
今回は同調査で判明した自撮り女子が参考にしているタレントの上位数名のインスタを参考にさせて頂き、その効果や写り方の傾向を探ってみましょう。

49605_YIOyttGGgR49605_rlBSpCJuzI
出典:【自撮り女子の生態が明らかに!】自撮りの時に盛れるお菓子1位は「棒つきキャンディ」。自撮りの参考にしているタレントランキングにこるんが堂々の1位

細長い道具を使おう

フォンデュフォークなどの細長いものの先に小さい食べ物があると食べ物自体が可愛く見えるので、写真全体が可愛らしい雰囲気になります。

小さめの食べ物を箸でつかむのにも同じ効果が見込めます。例えばこのたこやき!さらに、たこ焼きを自分の顔よりカメラに近づけることで小さいはずのたこやきよりも顔の方が小さく見え、小顔に見せる効果もあります。

タコ焼き!! #大阪

honda tsubasaさん(@tsubasa_0627official)が投稿した写真 -

また、細長いアイテムの代表格であるストローは、くわえることで口がすぼまり顔が引き締まって見えます。

色使いが大事!

明るい色の服は、若く見せてくれるというのは経験からお分かりだと思いますが、肌色を綺麗に見せる効果も抜群です。しかし、明るい色なら何でも良いというわけではありません。自身の肌や顔のパーツの色味にパーソナルカラーに合わせなければ逆効果かもしれないのです。

パーソナルカラーってなに?と思ったアナタはこちらをチェック☆

自分のパーソナルカラーを把握して、顔と調和の取れる食べ物を使ってみましょう。

一方で、イチゴなどのフルーツは、比較的万人の自撮りを良く見せる効果があります。そのため、ケーキは、チョコで茶一色のものよりも、イチゴなどフルーツがたくさん乗っているほうが多くの方の肌を引き立ててくれるでしょう。

また、発色の良い野菜と一緒に写るのもおすすめ。こちらは、黄色いパプリカがよく映えていますね!背景が白やベージュなどの落ち着いた色の時は、色鮮やかなアイテムを1つ取り入れるとアクセントになるでしょう。

ふふふ10月たのしみにしててねっ@rolaskitchen_official

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 -

顔を隠す

顔全体を覆うほど大きい食べ物はなかなかないですが、目から下を隠せる大きさのものは様々あるでしょう。
目より下や顔の縦半分を隠すと顔のパーツのバランスがあまり気にならないため美人に見えやすいのです。

また、自分の顔より大きいものと一緒に写ることで小顔効果も見込めます。

顎だけを隠すと女性の魅力の1つともいわれる口元に注目が集まるので、口から上を出しても良いでしょう。

How am I gonna eat this pineapple without a knife

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 -

まとめ

結局、可愛い人は何を持っていても可愛く見える、というのも一理あるかもしれません。でもやはり、細長い棒にカラフルな飴が付いているチュッパチャップスは自撮りの強い味方です。ほかにも、割り箸の先に付いたわたがし等も効果的でしょう。SNSが発達した現在、日常の1シーンを皆と共有したい人も多いですよね。可愛い自分を発信するためにぜひ参考にしてみてください。

▼参考サイト
チュッパチャプス

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!