顔だって春仕様に☆10代・20代・30代 世代別の春メイク攻略法

モテ子
春服に変えたら、メイクも変えないとね。


そろそろ気になる春のファッション。着こなしに合わせて、メイクも春っぽくすると、さらに春感が高められます♪そこで、今春取り入れるべき、メイクのトレンドをご紹介☆世代別にうまく取り入れて、今年っぽい春顔を完成させてくださいね!

10代

素肌を生かし、「つや肌」でフレッシュ感を出す


今年のファンデーションは、つや感にこだわったものが多く、マット肌より、つや肌が断然おすすめ。素肌最強の10代なら、ファンデの力を借りずとも、ナチュラルにつや肌が作れちゃいます♪ファンデーションは、そばかすくすみなど、気になるところをカバーする程度にあえておさえて、素肌のつや感を生かしましょう!10代は、いろいろなメイクにトライするチャレンジ世代。つや肌をベースに、つけまやアイライン、カラーのアイシャドウなど、どんどん試して楽しんじゃいましょう☆
 

20代

自分に似合う「春カラー」で遊ぶ♪

自分の魅力を生かせるメイクがわかってきた20代は、ちょっぴりレベルを上げて、新しい色に挑戦してみましょう☆春色のアイシャドウのなかでも、今年のおすすめは断然ピンク!ベリー系のピンクだと小悪魔っぽく、コーラル系のピンクだと大人な印象に、などピンクひとつでも印象が変わりますよ♪さらに、今春はぬれたような質感のシャドウがブームの予感。グロスとクリームシャドウを混ぜると簡単に作ることができるので、試してみてくださいね☆

ぬれ感シャドウの作り方

  1. 手の甲にクリームアイシャドウとグロスを少しずつ取る。
  2. 1.を混ぜ合わせる。
  3. まぶたに塗る。

30代

「春ルージュ」で、女っぽさをブラッシュアップ!

口紅使いって、何気に高度なテクが必要ですよね。そこで、さまざまなメイクのテクを習得してきた30代にこそ、挑戦してほしいのが、厚塗りの春ルージュ。今春は、ボリューム感が出せるマットなリップが人気で、自分の唇の色が出ないくらい、しっかり塗るのがポイント。色は赤やボルドーのほか、青みがかった落ち着いたピンクなどもおすすめです。アイシャドウはブラウン系、チークはやや控えめにと、唇以外は引き算することで、メリハリをつけるのが今年らしく仕上げる秘訣♪

まとめ

今年のトレンドの春メイクはいかがでしたか?春メイクとひと口にいっても、いろいろなトレンドがあります。世代はもちろん、自分の好みや服装に合わせて上手に組み合わせて取り入れてみてください☆これまでとは違うメイクを試すことで、新しい自分の魅力を発見できるかもしれませんよ♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル