どれを使えばいいの?おすすめお薬手帳アプリ5選

モテ子
万年忘れん坊から一気に最先端ね。

前回は、お薬手帳の概要をお伝えしました。でも、いざアプリを使おうと検索すると、いっぱいありすぎてどれを使えば良いか全く分からない…といった方も多いのでは?そんな方のために!今回は、特徴・機能をもとにおすすめアプリを5つご紹介していきます。

日薬eお薬手帳 日本薬剤師会

機能

お薬手帳、お薬情報の取得、処方箋送信、カレンダー機能、家族管理、薬局検索、データの同期、服薬アラーム、薬局登録、お薬手帳情報のPDF出力、リンク付けサーバー

特徴

  • QRコードでお薬情報を読み込み可なのでどの薬局でも同様の操作で利用できる
  • 他のサービス(アプリ)を利用している薬局でもお薬手帳情報を見てもらえる
  • ネット上のマニュアルにアプリ内のすべての操作が説明されていて親切
  • アプリに対応している薬局では処方箋送信、端末を手渡さずにお薬情報を見てもらうといった機能を利用可能
  • 薬の情報を検索できる

特にかかりつけ薬局が定まっていない人やお薬について自分で詳しく調べたい人におすすめ!

日薬eお薬手帳のダウンロードはこちら
iPhone版Android版

お薬手帳プラス

機能

お薬手帳、処方箋自動反映、処方箋送信、健康記録、カレンダー機能、家族管理、薬局検索、気になる流行ナビ

特徴

  • 本会員になると、日本調剤の処方箋情報を自動反映できる(本会員登録には日本調剤の領収書と健康保険証が必要であるため日本調剤の薬局を利用していないと登録できない)
  • 日本調剤以外の薬局のデータはQRコードで読み取り又は自身で入力
  • 本会員になればパソコンでも利用可能
  • 流行中の感染症情報を入手できる

日本調剤薬局を頻繁に使う方人やお薬手帳を使って健康管理をしたい人にぴったりです。

お薬手帳プラスのダウンロードはこちら
iPhone版Android版

お薬情報玉手箱

機能

お薬手帳、お薬手帳情報印刷、添付文書参照、ジェネリック差額表示、服薬アラーム、健康記録、健診・検査サマリー、既往歴管理、医療辞典、免疫力上昇レシピ

特徴

  • 会員カードとの連携で処方箋内容をアプリに反映
  • 検査結果の経年管理あり
  • 先発品とジェネリック薬品の差額表示
  • 処方上の注意閲覧可能
  • 在宅介護サービスのコメント記入
  • 一般財団法人サンスター財団の免疫力を向上するための豊富なレシピ集

実際に薬を服用するまでに豊富な情報を入手したい人や在宅介護を受けている人、料理好きな人に最適!

お薬情報玉手箱のダウンロードはこちら
iPhone版Android版

電子お薬手帳ホッペクラブ

機能

お薬手帳、ガラケー対応、可愛いキャラクター登場、アンケート・ポイント機能、処方箋自動反映、処方箋送信、服薬アラーム、薬剤師との連絡、健康日記、家族管理

特徴

  • 薬局がhoppeに加入している場合、アプリに薬局を登録すれば処方箋が自動反映される
  • ドラッグストアで購入した風邪薬やサプリメントも登録可能
  • 毎日のログインやアンケートへの回答によってポイントが貯まり、景品が貰えるなどの楽しめるサービスがある
  • 薬を服用すると可愛いキャラクターが褒めてくれる機能あり
  • 薬剤師との双方向の連絡が可能

かかりつけ薬局がhoppeに加入している場合や小さい子供、年配の方のお薬手帳にぴったり!ガラケーユーザーの方にもおすすめです。

電子お薬手帳ホッペクラブのダウンロードはこちら
iPhone版Android版

お薬手帳 ヘルスケア手帳

機能

お薬手帳、お薬リスト、処方箋送信、出来上がり呼出、お薬リスト提示、服用アラーム、家族管理、相互閲覧サービス、健康情報ナビ(保健同人社)

特徴

  • 2015年度 グッドデザイン賞受賞
  • お薬の用意ができたら呼び出してもらえる
  • お薬リストを薬剤師や自身が許可した方と共有可能
  • リスト提供や呼び出し機能はサービス対応薬局のみ
  • 保健同人社が運営するサイトのリンクから様々な健康ニュースを閲覧可能

多忙で処方箋提出からお薬受け取りまでの時間も有効活用したい人必見のお薬手帳!

ヘルスケア手帳のダウンロードはこちら
iPhone版Android版

自分に必要な機能を考えて

以上の5つのアプリはどれも基本機能を備えているので、どれを使っても困ることはないでしょう。

例えば、特にかかりつけ薬局がない(病院によって異なる薬局に行く)のなら、どの薬局にも対応している『日薬eお薬手帳』がおすすめ。服用する薬の効能や副作用を事前に調べられる点も嬉しいですね。

皆さんも、自分が頻繁に利用する薬局がどのサービスに対応しているのか、オプションとしてどんな機能が欲しいかをもとに最適なお薬手帳を選んでみてくださいね♪

▼参考リンク
お薬手帳(電子版)の運用上の留意事項について - 厚生労働省(PDF)

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!