汚肌の原因は汚化粧品だらけのポーチ!?きれいなポーチを保つテク

モテ子
あなた、汚化粧の腕は超一流ね

突然ですが、あなたのポーチはきれいですか?ポーチは使う頻度が多いから汚れやすいのに、あまり人目には触れないので、ついケアを怠ってしまう人も多いようです。でも、ふとした瞬間、汚くてごちゃごちゃのポーチを男性に見られたらどうでしょう?「この人、掃除や整理整頓が苦手そうだな。たぶん部屋もポーチと同じで汚いんだろう」と思われてしまうかも…。イメージダウンするのはもちろん、最悪、恋愛対象から外されかねません。ポーチも自分の一部と思って、ぬかりなくきれいにしておきましょう。実はポーチをきれいに保っておくべき理由はほかにもたくさんあります。ポーチをきれいに保つコツとあわせてご紹介しましょう。

ポーチが汚いとデメリットだらけ…

ポーチが汚いとお化粧してもきれいになるどころか、見た目の印象も汚く、不潔な汚化粧にしかなりません。その理由をご説明します。

  • 肌荒れにつながる
  • 毎日、肌に触れるメイク道具には皮脂や汗などが付き、放置していると雑菌の温床となります。そのようなメイク道具を使うと顔に雑菌を塗りたくることになり、シミやニキビ、肌荒れが発生しやすくなります。

  • メイクの仕上がりまで汚くなる
  • 汚れたメイク道具には化粧品が均等に乗らなくなります。そのため、化粧品を顔に乗せた時もムラになりがちに…。しかも化粧の持ちも悪くなってしまいます。

見た目も衛生面でも清潔なポーチに保つ方法

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

毎日のメイクにフル活用するポーチは、汚れやすいのは当然。ファンデーションの粉やマスカラの液もれで付いた汚れをそのままにしている人はいませんか?また、一見、きれいに見えるポーチでも本当に清潔とは限りません。目には見えないけれど、実はかなり汚れている場合があるのです。化粧をする際、メイク道具などに付着した皮脂をそのままにしていると雑菌のエサとなり、ポーチの中は雑菌だらけに…。そんなポーチに顔に塗るアイテムを入れるなんて、ゾッとしますよね。そこで、見た目も衛生面も清潔なポーチを保つためのコツをご紹介します。

  • 使用期限が過ぎたコスメは思い切って捨てよう
  • 化粧ポーチの中にいつ買ったかわからないほど昔のコスメを入れっぱなしにしている人は要注意。化粧品の使用期限は意外に早いのです。中には3ヵ月以内に使い切った方が良いものもあります。使用期限を過ぎた化粧品は雑菌の温床。思い切って捨てるが吉です。

  • 化粧品をしまう時は汚れを取ってからにしよう
  • 化粧品をしまう時は、差込口や繰り出し口に付着した液をティッシュで拭ってからしまうよう心がけましょう。同様にパフやブラシについた化粧の粉はティッシュの上でしっかり落としてからしまいましょう。メイクポーチの中が気付けば粉まみれ…なんてことがなくなりますよ。また、直接唇に触れるリップやグロス、口紅は特に雑菌が繁殖しやすいので、使う度に表面をティッシュで拭いて清潔に保ちましょう。

  • コスメのフタはきっちり閉めよう
  • photo by Fotolia.com

    photo by Fotolia.com

    コスメのフタをちゃんと閉めたつもりだったのに、実は半開きになっていてポーチの中で液もれしてしまった…。これも意外に経験者が多い失敗です。液もれしてしまうと、ポーチは取り返しがつかないくらい汚れてしまうことも…。フタは、カチッと音がしたり、本体とフタが完全に密着したりするまで、しっかりと閉めましょう。

  • 鏡をきれいにして、しっかり顔をチェックできるようにしよう
  • 鏡やビューラーにはファンデやアイシャドウ、皮脂などがよく付きます。特に鏡が汚れでくもって見えにくくなると、メイクのクオリティも下がることに。使う度、きれいに拭くことを習慣にしましょう。また、鏡はむき出しでポーチに入れず、ケースに入れて持ち歩くと汚れにくくなりますよ。同様に、綿棒や化粧筆も小さなジップロックやケースに入れてからポーチに入れるのがおすすめです。

  • パフやスポンジはこまめに洗おう
  • 皮脂や汗がたっぷり染み込むパフやスポンジは特に清潔に気を配りたいアイテム。こまめに洗いましょう。1度のメイクで両面使いのスポンジの片側半分を使うなら、4日に1回は洗った方が良いでしょう。洗っても汚れが落ちなくなったり、汚れが沈着したり、へたってきたりしたら買い換えのタイミングです。こまめに洗うのが面倒な人は、使い捨てのスポンジを利用すると楽ですよ。

  • ポーチそのものも定期的に洗おう
  • ポーチは内側も外側も汚れやすいので、定期的に洗いましょう。そのためにも、洗濯可能な素材のポーチを選ぶのがベストです。お気に入りのポーチが洗濯不可能な素材なら、中性洗剤をしみこませたタオルで、こまめに拭くようにすると良いでしょう。細かいところに入り込んだ汚れが気になる時は、綿棒に中性洗剤をしみこませて汚れをなぞると、きれいになります。

まとめ

美を作るアイテムがつまったポーチは、女性らしさの象徴といえるアイテム。ここをいつもきれいにしておくと、自信にもつながりますし、きれいになろうというモチベ-ションも上がりやすくなります。使う度に軽く汚れを拭うなどのちょっとした習慣を身につけるだけでポーチをきれいに保てます。さっそく今日からお手入れを始めてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!