美肌習慣始めます!お肌が綺麗な“ツヤ肌女子”が決してやらないNG習慣7つ

モテ子
その肌は、毎日の積み重ねなのね。

いつもお肌がキレイで安定している女性って周りに一人はいませんか?「一体どんなケアをしているんだろう?」と気になってしまいますが、実はその美肌女子がやっていることは至ってシンプルだったりします。
普段行なっている自分でも気がつかない習慣が、知らず知らずのうちに美肌を遠ざけている可能性も!今からでも間に合う、つやつや美肌の彼女が決してやらないNG習慣間違ったスキンケアについてご紹介します。

汚肌を招く!7つのNG習慣とは

①たくさんのコスメを次々塗る

年齢とともに使うコスメはどんどん増えてくるもの。しかし、時間がないからといって次々に慌てて塗ってしまっていませんか?スキンケアは1つ1つお肌に浸透する時間を空けないと、効果が半減してしまいます。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

洗顔後、すぐ使う化粧水から最後の乳液 or クリームまで、できる限り1つつけたら2~3分おいてから次を塗るという風にすると、コスメの効果を得られやすくなります。自分を労るように念入りにするのがポイント。

②朝からしっかりと洗顔する

朝はメイクをしている状態ではないので、洗顔料をたっぷり使って顔を洗う必要はありません。洗浄力が強い洗顔料を使うと、肌に必要な潤いまでも落としてしまい、乾燥を招いたり肌トラブルを起こしやすくなったりします。
朝は、ぬるいお湯での洗顔、もしくはお肌に優しい洗顔石鹸のみでOK。洗いすぎて肌荒れを起こさないように、注意しましょう!

③シャワーで顔をすすぐ

お風呂に入っている時によくやってしまいがちなのが、熱いシャワーを顔に浴びせてしまうこと。これは、肌の潤いに加え必要な皮脂まで取り去ってしまうため、絶対にNG!
また、シャワーはデリケートな顔の皮膚には刺激が強め。少し面倒かもしれませんが、美肌づくりのためにも顔を洗う際は温めのお湯を手ですくってからすすぐように心がけましょう。

④ブラシやパフをなかなか洗わない

メイクをするにあたってブラシやパフは必要不可欠なアイテムですが、直接顔に触れるものであり使う度に汚れていくもの。放置してしまうと、雑菌が繁殖してお肌に汚れや雑菌が付着して肌荒れを起こす可能性も。
できれば週に1回程度、ブラシは専用クリーナー中性洗剤などを使って洗うようにし、パフは使い捨てにして毎日違う面でメイクするなどして、常に清潔を保つように心がけましょう!

⑤化粧品を上から下へつける

特に、エイジング効果のある化粧水や美容液は、しっかりと肌に浸透させるためにも下から上に向かって浸透することが大切。上から下につけてしまうと、肌のたるみを加速させる原因に。
また、高かったために捨てられず古い化粧品を長年使い続けているのは、自ら肌にダメージを与えているようなもの。化粧品にも使用期限があり、未開封は製造から約3年、開封後は長くても半年を目安にすること。

⑥頬づえをつく

仕事中などついつい頬づえをついてしまう方も多いはず。パソコンをはじめ、スマホやお金など、様々なものを触るために使う手には、雑菌がたくさん。その状態で顔を触れば、手の汚れをそのまま肌につけてしまうことに。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

また、顔の一部分に圧力をかけ続けることで、顔のゆがみたるみを引き起こしてしまうことも。ほうれい線やシワの原因にもなるため、頬づえをつく習慣がある方は直ちにストップしましょう!

⑦基礎化粧品を頻繁に変える

効果がすぐに感じられないからとスキンケア用品を使い切らずにしょっちゅう変えていませんか?お肌のターンオーバーは約1ヶ月をかけて行われるので、最低でも1ヶ月は使わなければ効果は実感できないといわれています。
化粧品を変えてばかりいると、お肌に負担がかかりやすく、本当に合わない化粧品に当たった時大きな反動が起こって肌荒れが悪化してしまうこともあります。特に、美白効果のある化粧品などは根気よく使い続けることが大切です。

美肌を目指して習慣を改善しよう

効果の高いコスメを使って丁寧なスキンケアを続けていても、間違ったケアやNG習慣で台無しになってしまいます。日頃からスキンケアの効果を実感できるように、悪しき習慣は今日から断っていきましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!