春は冬並みに乾燥しやすい!?うるツヤをキープするスキンケアポイント

モテ子
春に浮かれてお肌がボロボロじゃない。人生の春を逃すわよ。

「春になったし、保湿はそこまで気にしなくでも大丈夫かも?」と思っているそこのあなた、危険信号点灯中ですよ!実は、春も寒い冬と同じくらい乾燥しやすい季節って知っていましたか?

春になってもお肌の乾燥がなかなか良くならないのは、保湿が足りていないことも一因ですが、花粉や黄砂、ほこりなど外からの刺激がお肌にダメージを与えてしまっている場合も。しっとりと潤いあるお肌に改善するための、春のスキンケアポイントをご紹介したいと思います。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

どうして春はお肌が乾燥しやすいの?

寒暖差が激しくお肌が対応できない

春は、気温差や湿度の差が激しい季節です。前日まではポカポカ陽気で快適だったのに、翌日になると急に気温や湿度が下がるという時がよくありますよね。こういった春特有の不安定な気候により、お肌がその日ごとの気温にうまく適応できず、皮脂の分泌も適切にできないことから、お肌が乾燥しやすいといわれています。

花粉や黄砂にも要注意!

春先から多くの方が悩む「花粉症」。実は、花粉は鼻炎やかゆみだけではなく、お肌にも大きな影響を与えます。ふわっと風が運んでくる花粉が知らない間にお肌に付着することで、お肌に汚れが溜まりやすくなって肌荒れを引き起こします。

また、花粉と同様の症状が出やすい黄砂にも注意が必要。肌荒れが、顔全体ではなく目元や、口元だけというように一部のパーツだけに出るという場合は、花粉や黄砂による原因の可能性があります。

敏感な春肌のスキンケアポイント

1. クレンジングは徹底的に「優しく」!

クレンジングでしっかりと化粧と汚れを落とすことは大切ですが、春のお肌はデリケートなので、ゴシゴシ落とすのは絶対にNG!「毛穴の奥まで汚れを落とさないと…!」と思うばかり、つい強く擦るような洗顔をしてしまいがちですが、グッとこらえてとことん優しく洗顔することがこの季節の鉄則です。

また、春におすすめのクレンジングは、お肌に負担をかけず必要な油分も残してくれるクリームタイプ。クリームタイプはメイクが落ちにくいイメージもありますが、最近のものは濃い目のメイクもきちんと落としつつ、保湿成分もたっぷり入っているものが多いので、洗い流しても乾燥しにくいだけではなく、メイクが残る心配も無し!安心して使えますよ。

2. ミストタイプの化粧水で手軽にシュッ

「何となく乾燥が気になるな」という時に備えて、普段からミストタイプの化粧水を持ち歩いておくと便利です。乾燥は、気になった時には既に進行しています。乾燥する前にシュッと潤いを与えられるよう、自宅用と外出用それぞれ準備しておけば、いちいち化粧水のボトルを取り出す手間も省けるのでおすすめ。

3. 頬のマッサージでくすみ知らず

春は、乾燥で古くなった角質が溜まりやすいことからお肌がくすみがちに。特に、顔の中でも肌に比較的厚みがある頬は、血流や老廃物が滞りやすいパーツなので、顔全体の代謝を上げる美肌を目指すべく頬のマッサージを習慣づけましょう。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

  1. 洗顔後、通常のスキンケアを行なって顔全体を保湿し、指のすべりをよくしてからスタート。
  2. 両手の人差し指の側面を使って、小鼻の脇を挟むようにします。
  3. そのまま、頬の外側へゆっくりと移動し、顔の側面に引っ張り上げるようにしましょう。ゆっくり老廃物を流すイメージで力を込めて行うのがポイント。1と2を3回ほど繰り返します。
  4. 顎の下中央部分から、中指と薬指の腹を使ってお肌を持ち上げるようにしながら、螺旋状に動かしていきます。終点で1秒ほどグッと押すのを忘れずに。
  5. こめかみの横を指の腹でギュッと押して、側頭部へ引き上げるように持ち上げます。3と4を2回ほど繰り返します。

代謝が上がれば、ケア用品の浸透力がグンとアップするのでおすすめですよ。

まとめ

通常より弱っている春のお肌は洗顔と保湿、そして代謝を上げる3つがポイント。そして、紫外線が本格化する夏を迎えるためにも、よりお肌の保湿力を高めて、今のうちに春肌を改善させておくことが美肌になる第一歩。ぜひ参考にしてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル