寝る時でもいつでも一緒?枕元にスマホを置くリスクとは

モテ子
スマホは身体の一部ではないのよ。

皆さんは、スマートフォンをベッドや布団の近くに置いて寝ていませんか。音楽にアラーム、タスク機能など横になりながら作業ができるので、便利ですよね。そんな生活の一部になっているスマホですが、枕元に置いている人には注意したほうがよいことがあるようです。対処法についてもご紹介していますので、さっそく見ていきましょう。

枕元にスマホを置いて寝るのは美容にも悪影響?!

スマートフォンは「携帯電話」としての役割が大きいので、ほかの電子機器とは違うものとして認識している人も多いかも知れませんが、性能としては、小さなパソコンと同じです。そのため、通話やインターネットに接続するには本体から電波を送受信していますし、電源が入っている時には常に電磁波が発生しています。スマホから出ている電磁波は、電子レンジや冷蔵庫と同じくらいの量が出ており、さらに使用時は頭に近い場所にあることがほとんどなので、電磁波が頭部(脳)に与える影響も考えなくてはいけません。ましてや、寝ている間中、枕元に置いておくとなると距離が近い分その影響は大きいですよね。もしかしたら、寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったりするほか、睡眠の質を下げている可能性もあるのです。また、電磁波は老化の元になる活性酸素を発生させる原因の一つともいわれています。睡眠の質が悪くなるのも、活性酸素が発生するのも、どちらも美容には大敵ですよね。

人体に影響はない?

「スマホから電磁波が出ているのなら、人体にも影響があるのでは?」と不安になるかもしれませんが、日本では、日常的に使われるようになった電波を安全かつ効率よく使うために「電波法」という法律があり、「電波防護指針」という規定で電波の強さの基準値を定めて規制されています。そのため、国内の無線機器はあらかじめこの基準をクリアしてからでないと販売できません。その安全基準をクリアしているかどうかの証明が、技術基準適合証明等のマーク(通称:技適マーク)というもの。お手持ちのスマホも必ず付いているはずなのでチェックしてみてくださいね。

ただ、日本では人体に影響がないよう国が安全管理をしているとされる中で、国際がん研究機関(JARC)は、スマホは「発がん性があるかもしれない」という研究も進めています。長時間の使用を続けると全く影響がないとも言い切れないので、寝る時くらいは電磁波から距離を置いて身体を開放してみませんか。

参考:携帯電話と発がんについての国立がん研究センターの見解(PDF)

枕元に置く場合の解決策

アラームを使いたいという人や、寝る前に音楽を聴きながら寝るのが習慣という人はいくつかの方法をご紹介しますので、その中から自分に適したものを選んで取り入れてみてください。

寝る時は電源を切る

一番良いのは、電源を切って寝ること。目覚まし時計は別に置き、静かに寝ることができる環境を作るのがベストです。難しいようなら週に一日でも良いので、電源を切って寝る日を作って睡眠の質を高めてみては。

機内モードにする


iPhoneの場合はコントロールセンターから機内モードの設定ができる。

機内モードは、電源を切らなくても通信機能だけをOFFにする機能のことです。電源を切ってしまうよりも緊急時にはすぐに解除することができて便利です。また、通常のモードより電磁波が弱く、アラームも作動します。さらに、無駄なバッテリーの消費を抑えたり、音楽を再生したりすることもできるので、スマホの機能をそのまま使いたい人におすすめです。

頭からなるべく離す

スマホは手の届く範囲に置きたいところですが、足元に置いたり、手の届かない場所に置いたりするだけでも電磁波の影響を遠ざけることができますよ。さらに、アラーム一回で起きられない人は、手の届かない場所にアラームを止めに行くことで起きやすくなるというメリットも!?

電磁波と隣り合わせという意識を

いまや生活に欠かすことができないものになったスマホですが、触っていなくても電源が入ってさえいれば電磁波が飛んでいるということを意識しておきましょう。意識的に遠ざける時間を作ると、意外にこれまでとは違う充実した時間に出会うこともありますよ。いま現在、人体に影響がないといわれていても、研究段階であることもまた事実。寝ている時も起きている時もほどよい距離を保ちながら、うまく付き合っていきたいですね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル