この夏必ず試したい!冷やし美容ってなに?

モテ子
モテ子
冷えって美容の大敵だけど肌の表面だけは違うみたいね。

夏は暑さの影響から、肌に熱がこもりやすくなります。肌の表面温度が高くなると肌に炎症が起きたり、ダメージを与えてしまったりして肌荒れやニキビ、乾燥の原因に…。そんな夏の肌トラブルを防ぐ方法として注目されているのが「冷やし美容」です。これから夏に向けて試したくなるケアについてご紹介したいと思います。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

冷やし美容とは

冷やし美容は、一時的に肌を冷やす美容法です。肌は、表面が冷えると熱を作ろうとして血液の流れを促します。これにより、新陳代謝が活発になって美肌効果が得られるのです。さらに、冷やし美容にはほかにも嬉しい効果がたくさん。どんな効果が得られるのでしょうか。

毛穴の引き締め効果

熱がこもってしまった肌は、毛穴が開いて皮脂が出やすくなっています。そこで、冷やしてあげることで毛穴を引き締め、目立たなくさせることができます。過剰な皮脂をそのままにしておくと肌トラブルの元になるので、冷やす前にティッシュでおさえ、ふき取ることも忘れずに。

過剰な汗を抑え、乾燥対策にも

鼻の周辺や首周りなど、過剰な汗を抑制してくれるので、メイク直しの手間もかかりません。また、過剰な発汗は、肌の内側を水分不足にさせてしまうので乾燥の原因にもなります。肌の表面を冷やして発汗を抑えることで肌の潤いも保つことができます。

アンチエイジング効果

夏のエイジング対策は、とくに紫外線を気にしている人が多いと思いますが、実は肌の表面温度が極端に上がったり下がったりすることでも、肌老化が促進されことがわかってきています。肌が熱を持っている時は表面を冷やすことが大切なエイジングケアとなります。

肌の表面温度を下げるには?

肌の温度を下げるため、日中にできる方法と自宅でできる方法は以下の2つです。

日中はひんやりコスメを活用

メイクをしている日中は、メイクの上からでもひんやり感が味わえるコスメグッズがおすすめです。スプレータイプの化粧水は、ファンデーションの上から2・3回スプレーした後、ティッシュで余分な水分を取るのが肌を乾燥させないためのポイント。そのほか、メイク直しの時にも使用できる日焼け止めとファンデーションが一体となったひんやりコスメなどもあるので、好みに合わせてチョイスしてみてはいかがでしょうか。一本持っているといろいろな場所で活用できますよ。

夜は冷やしたコットンで肌ケア

自宅に帰り、お風呂上がりのリラックスタイムには、コットンに水を含ませたものを肌にパッティングして、軽めにマッサージしてあげましょう。肌の温度も下がり血行も良くなります。コットンを含ませたものは冷蔵庫で冷やしておくのも◎ ただ、化粧水も冷やして使いたいと思うかもしれませんが、化粧水は常温で保存することを前提として作られているものもあるため、冷やすことに適していないものもあるので注意が必要です。

汗対策なら首筋の動脈を冷やすのも効果的

首の周りには、太い血管があり、冷やすことで顔に流れる血液を冷やすことがので、暑いと感じたら首筋を意識して冷やしてあげましょう。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

保冷剤や冷やしたタオルで身体の熱を取る

首筋など、身体の表面を冷やすときは、ハンドタオルを冷水で濡らして使うのがおすすめです。また、お弁当と一緒に持っていった保冷剤でも代用可能。とけた状態の保冷剤にタオルを巻いて肌にあててみましょう。

まとめ

いかがでしたか。特別な方法はなく、いつでもどこでも簡単にできる冷やし美容。いろいろな嬉しい効果はもちろんですが、なによりも夏にやってみると気持ちがいいのでおすすめです。この夏は、いつもの紫外線対策冷房対策と一緒に、ぜひ普段の生活に取りいれてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル