20170725_BeautyEquipment_eye

手軽だけど効果は高い!ホームエステ用美容機器の種類

モテ子
モテ子
自分へのご褒美に、って、ご褒美もらえるようなことをしたの?

基本的に、自宅での肌のお手入れは、エステティックサロンとは違い、化粧品のみを使用して行うことがほとんどですよね。しかし、最近では手軽に使用できるホームエステの美容機器が、家電量販店やインターネットでも、たくさん販売されています。今回は、おすすめのホームエステ用美容機器の種類や効果について、ご紹介します。

毛穴を開き肌に潤いを与える「スチーマー」

エステティックサロンでのフェイシャルの施術って、モクモクとしたスチームをたっぷり浴びながら行うので、とっても気持ちがいいでしょう。

霧のように細かいスチームにあたっていると、肌の深部からほんのりと温かくなり、毛穴も自然と開いていきます。すると、お顔全体の血液の循環も良くなるので、お手入れに使用する化粧品の有効成分も浸透しやすくなりますし、普段のクレンジングでは取り除くことができない、毛穴の奥の汚れが浮き出てくるのです。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

家庭用に販売されているミニサイズのスチーマーは、このエステのスチームと同じ効果が期待できるので、ぜひ普段のお手入れの際に使用するのがおすすめです。

もちろん、スチームと一緒にマイナスイオンも浴びることができるので、肌だけではなく心身ともにリラックスする効果が高くなります。施術後のお肌は、一皮むけたようにツルツルしっとりしますよ。

美肌を作るための成分を肌の奥まで浸透させる「イオン導入器」

肌には、さまざまな外的刺激から守るために、みずから肌を保護するバリア機能という働きがあります。ただし、このバリア機能の働きは、とても優れているため、肌に有効とされる化粧品の成分さえも、外的刺激のひとつととらえ、肌の深部までは浸透させることができません。

これは、バリア機能の唯一のデメリットともいえるのですが…実は、いくつかの条件さえみたすことで、深部まで浸透させられることもわかっています。

その条件をうまく利用したのが「イオン導入」で、しくみとしては、肌に微弱電流を流し、一時的にバリア機能の働きを弱めることで、肌に必要な成分をたっぷりと肌の奥まで届けることができるのです。

エステや皮ふ科などのイオン導入よりも、家庭用はコンパクトで安全に使用できるようになっていますし、使い方もとても簡単なので、化粧水をつける際に利用すると効果的です。ただし、イオン導入に使用する化粧水は、水溶性でなおかつ分子構造が小さいもの(ナノ製法など)に限られているので、ご注意を!

肌のたるみやアンチエイジングに「低周波」「美容ローラー」

肌のたるみは、早いうちからお手入れをすることで、最小限にとどめることが可能です。そのためには、顔の筋肉を鍛えることが効果的ですが、自己流のマッサージやエクササイズを行うと、シワができたりヒリヒリしたりして逆効果なので、低周波が流れる美容機器を使用します。

鍛えたい筋肉にダイレクトに微弱電流が届くようになっており、小さなパッドを貼付けて刺激を与えるタイプや、美容機器そのものを肌に押し付けて使用するタイプなどがあります。

いずれも、表情筋を適度に刺激しますが、強すぎたり痛みがあったりなど不快な感覚はありませんし、不自然なシワができることもないので、安心して使用できます。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

そのほかには、電流は流れませんが、顔の上をコロコロ転がすだけで、筋肉を鍛えることができる「美容ローラー」も手軽に使えて、効果が高いのでひとつ持っていると良いでしょう。

終わりに

ホームエステ用の美容機器は、新しいものがたくさん出てきているし、おしゃれでかわいいものもたくさんあります。持っているだけでも、気分が上がって美肌力が上がりそうですね!ぜひ試してみてください。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!