「オシャレできない…」なんて諦めないで!夏におすすめぽっちゃりコーデ

モテ子
モテ子
オシャレできない原因は体型じゃなくて気持ちかもよ。


薄着の季節になってくると、嫌でも気になってくるのがボディライン。「ぽっちゃり体型だと、オシャレが楽しめない」と嘆いている女性も多いはず。でも、オシャレはスリムボディの人だけが楽しめると思い込んでいるとしたら、それは大きな間違いですし、もったいないこと。
ぽっちゃりさんだって、最低限のルールさえ守ればこの夏トレンドのファッションも着こなすことができますよ。欠点をカバーしつつ、魅力を引き出すぽっちゃりコーデのコツをご紹介します。

ぽっちゃりコーデの4大ルール

①トレンドカラーはスカートで取り入れて

洋服は、なるべく黒・紺・グレーなどのダークカラーや寒色系などを選びましょう。これらをうまく使えば、グッと引き締まって見えるはず。でも、暗めの色ばかりでまとめてしまうと、全体がもっさりと重く見えて夏らしくないコーデになりがち。そんなマンネリを解消すべく今年は思い切って明るいカラーで着痩せコーデにチャレンジしちゃいましょう!
トップスに持ってくると膨張して見えやすい、黄色・ピンク・赤・オレンジといった暖色系をフレアスカートで着こなすのが今年流。特に今年の夏のトレンドカラーの黄色を使えば、コーデが華やかになって美肌効果も得られます。また、濃いめのピンクも下半身のボリュームをさり気なくカバーしてくれますよ。視線を分散させることができる花柄スカートもこの夏の要チェックアイテムです。

②身体の中の「首」がつくパーツを意識

体型に自信がないからといって、全身をまるごと服で覆い隠してしまうと野暮ったく見えがち。ボディラインにメリハリをつけると体型がスッキリして見えるので、身体の中の細い部分の足首や手首を見せることが大切。また、サッシュベルトを使ってウエストにくびれを作れば、着痩せ効果もバツグン!

③「Iライン」を取り入れる

ボーダーのように横に流れるようなものではなく、縦に長く見せることもぽっちゃりコーデの鉄板。例えば、ストライプシャツやセンタープレスのパンツなどのIラインを強調したものや、ほかにも、VネックのTシャツを選べば、顔周りがスッキリしてシャープな印象に。また、今年大流行している花柄ガウンのワンピもIラインを強調できる着痩せアイテムの一つ。羽織としてもサッシュベルトと組み合わせてワンピとしても着回せるので、この夏大活躍すること間違いなしです。

④小物を使って視線を移す

アクセサリーやバッグなど小物にアクセントを取り入れるだけで、身体の太いパーツから視線を外す効果があります。例えば、身体の中で最も細い「手首」にアクセントになるブレスレットをつければ、気になる体型から視線を外すことができます。また、洋服をダークカラーでまとめた際も、ピアスやネックレスなどに明るい色を取り入れれば、引き締め視線外しのWの着痩せ効果が狙えますよ。

腕や足は出したモン勝ち!?夏コーデのコツ

Tシャツは大きなロゴ入りに

夏の定番アイテムといえばTシャツですが、選ぶ際にもちょっとしたポイントがあります。目線を上に上げて下半身をスッキリ見せるためにも、大きいロゴやプリントが入ったものを選ぶのがおすすめ。これにハイウエストのタイトスカートを合わせれば、Iラインが生まれて全身をキレイに見せることができます。また、小物をアンクルストラップにすれば足首の細さが強調できるので、明るめの色で取り入れて。

胸元はざっくり露出しちゃおう

シャツを着る時は、上の方のボタンを少し開けると鎖骨が見えて首元がスッキリとした印象に。首周りを隠すのではなくあえて出すことで、爽やかな印象を与えられますよ。

まとめ

夏は薄着になりやすい分、つい身体のラインをカバーしてしまいがちですが、中途半端に隠すよりも大胆に出してしまう方が意外とスリムに見えるもの。寒色系トレンドカラーを上手に使って涼しく見えるコーデを目指しましょう!

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!