手ぐしだけはNO!ヘアブラシ習慣でサラサラヘア

モテ子
モテ子
形状の特性もこの機会に覚えなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

皆さんは髪の毛をスタイリングする時、何を使っていますか。最近ではナチュラルな抜け感作るため、手ぐしで髪の毛を整えている人も増えてきています。ブラシを持ち歩かなくてすむのは便利ですが、ヘアブラシを使うことにはちゃんと意味があるんですよ!今回は、ヘアブラシを使う効果や種類、選び方や使い方についてご紹介したいと思います。

ブラッシングの効果

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ヘアブラシを使った効果としては、以下の効果があります。

  • 髪や頭皮の汚れ、ほこりを取り除く
  • 頭皮の血行促進
  • キューティクルを整える
  • 髪の毛にツヤを与える
  • 髪型を整える

手ぐしでは出来ないこと① ツヤだし

手ぐしで髪を整える場合、表面もしくは大まかに一部の髪だけを扱うため、ツヤがまばらになってしまいます。一方でヘアブラシを使うと、髪一本一本のキューティクルをブラシで均等に整えることができるので、髪全体にツヤが出ます。

手ぐしでは出来ないこと② 頭皮や表面の汚れ落とし

ヘアブラシを使うと、髪の表面や頭皮についた汚れや、毛穴に詰まった皮脂を効率よく落とすことができます。特に洗髪をする時には、ブラシで汚れを落としてから洗うようにすると、頭皮のマッサージ効果も加わり、抜け毛頭皮の臭いを防ぐことができます。

ヘアブラシの種類

ブラッシングの効果は、ブラシの素材や形状を知った上で、目的に合わせたブラシを使い分けるとよりその効果が感じられます。つぎは、その種類について詳しく見ていきましょう。

素材別

ヘアブラシの素材は大きく分けて、天然毛と樹脂そしてナイロンと木製の4種類があります。天然毛は猪や豚など動物の毛を使われており、毛に油分が含まれているのでスタイリングしやすいという特徴があります。同じように熱や水分、スタイリング剤にも強いのが樹脂製のブラシです。ナイロン性のブラシは、髪を掴みやすくボリュームを抑えるのに最適。木製のブラシはピンにも木が使われているので、使い心地がソフトで、静電気が起こりにくいというのが特徴です。

形状別

  1. クッションブラシ
  2. photo by Fotolia.com

    photo by Fotolia.com

    ラバー部分がクッションになっているタイプで、ボリュームを出したい人や髪の表面を整えたい時におすすめです。

  3. ロールブラシ
  4. photo by Fotolia.com

    photo by Fotolia.com

    筒状になっているブラシで、ドライヤーを使って髪の毛をセットしたい時に使用します。前髪のカールを作りたい時にも便利ですよ。美容院ではシャンプー後のブローやスタイリングの時によく使われています。

  5. パドルブラシ
  6. photo by Fotolia.com

    photo by Fotolia.com

    サイズが大きいので、ブラッシングするだけでも頭皮をマッサージできる優れもの。とくに入浴前に、パドルブラシでとかし、一日の汚れを落としてあげると、頭皮も気持ちが良いですし、汚れの落ち具合が変わってきますよ。

  7. スケルトンブラシ
  8. photo by Fotolia.com

    photo by Fotolia.com

    目が荒く隙間が多いこのブラシは、手ぐしに近い状態で髪の毛を整えてあげることができます。寝起きの絡まり気味の髪や、外出先への持ち運びにもおすすめです。

  9. デンマンブラシ
  10. デンマンブラシは、クッション性が低く、ボリュームを抑えたい人やカールを付けずにサラサラストレートな仕上がりにした時におすすめです。

これらの特徴を知った上で目的に応じて使い分けると、髪にダメージを与えることなく、髪が持っている美しさを引き出してあげることができますよ。

まとめ

いかがでしたか。手ぐしで髪型をセットする前に一度ヘアブラシを使うだけで、髪についたホコリや汚れを取ることができます。日々の一手間でサラサラヘアをずっとキープしていきましょう。今までブラシについてあまり考えていなかったという人は、この機会に素材形状を比較しながら、ヘアケアグッズをチェックしてみてくださいね。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル