-3キロ見え?チークで簡単☆小顔メイク術

モテ子
モテ子
痩せるまではコレで手を打ちなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

頰にチークを入れると、瞬時に血色感が増してハッピーオーラも倍増!顔色が優れない日だって、チークがあれば怖くない、そんな女子も多いのではないでしょうか?しかし、チークの役割は血色をプラスするだけではありません。色選びと入れ方によって、立体感を出したり、スッキリ小顔に見せたりすることもできちゃうんです。

基本的なチークの入れ方

チークは、笑ったときにプクッと盛り上がる、頰の一番高い位置がスタート。①そこからこめかみに向かって斜めに色をのせていきます。丸く入れてしまうと顔が膨張して見えるので、斜めのラインを意識しましょう。チークブラシを使うと、「チーク塗ってます」感が出ず、均一に粉を塗り広げることができるのでおすすめです。さらに、②Cゾーンにハイライト、③フェイスラインにシェーディングを入れると、たいていの顔型は立体的でキュッと引き締まった印象に見せることができます。

2色のチークで織りなす技アリ小顔メイク

小顔メイクには、ハイライトとシェーディングがマストと思われがちですが、実はチークだけでも十分に小顔効果を引き出すことができます。シェーディングで作る小顔メイクと比べ、肌に溶け込み、より自然な仕上がりになりますよ☆

用意するもの

  • A…肌のトーンより暗いベージュ系のパウダーチーク(パールなしがベター)
  • B…メインにしたいカラーのパウダーチーク(ピンク、レッド、オレンジ、コーラルなどお好きなものを。パール入りならなお良し。)
  1. 口をすぼめたときにくぼむ部分にAをのせていきます。範囲は耳の穴の横〜口角の高さまで大胆にのせてOK。
  2. Bを頰の一番高い位置〜頬骨の高い位置に向かって斜めにぼかし入れます。パール入りのチークを使うことで、頰が浮かび上がって見え、立体的な仕上がりに。

ポイント

本来くぼむ部分に暗めのチークを入れると、不自然さがなく、自然な陰影を作ることができます。さらに、パール入りの明るめチークを合わせることで、コントラストが際立ち、立体的でスッキリしたフェイスが手に入るのです。

おすすめチーク

チークポップ/クリニーク(全8色)

ガーベラをかたどった乙女心をくすぐるチーク。しっとりとしたシルキーな粉質で、肌に自然なツヤを与えてくれます。

クリニーク(CLINIQUE) チーク ポップ #02(ピーチ ポップ)[並行輸入品]

¥3,300

鮮やかに咲きほこるガーベラをかたどったチーク。

※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
www.amazon.co.jp

ミネラルシルクチークカラー/VINTORTE(全2色)

クレンジング不要のミネラルコスメで、安心感バツグン。メインカラーとハイライトがセットになっているので、血色ツヤの両方が手に入ります。

ルーセントマジック パウダーブラッシュ/ロレアルパリ(全10色)

プチプラにはなかなかないカラー展開が魅力。硬めのテクスチャーなので一度に粉を塗りすぎることなく、上品な仕上がりになります。ミラー、ブラシも付いているので持ち運びにもおすすめ。

ロレアル パリ ルーセントマジック パウダーブラッシュ B2 スウィートコーラル

¥1,296

似合う色が必ず見つかる。トレンドカラーで血色感チーク。

※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
www.amazon.co.jp

チークのちょい技でスッキリ美人を目指そう

チークテクを駆使することにより、どんな顔型の人もスッキリ小顔に変身することができます。輪郭を気にして髪はつねに下ろしている…という人も、この技をマスターすればアップヘアやショートカットにもトライできるはず。チークのちょい技でおしゃれの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

関連記事

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル