縮んだニットも復活!?今からできる☆秋冬物のお手入れ方法

モテ子
モテ子
プチプラアイテムも、お手入れ次第で見違えるわよ。

急に寒くなり、秋を通り越して一気に冬がやってきたような今年の秋。慌てて出した秋冬物が毛玉だらけ!なんてことはありませんか?秋冬物は自宅で洗濯できないものや毎日洗えないものが多いので、日々できるケアが長持ちのカギ。今回は、今からできる秋冬物のお手入れ方法をご紹介します。

帰宅したら即ブラッシング!

ブラッシングとは、服にブラシをかけること。汚れを払い、繊維をほぐして毛並みを整えることで毛玉をできにくくする効果があります。豚や馬の毛で作られた洋服用のブラシでやさしくブラッシングしましょう。合成素材のブラシもありますが、こちらは天然毛ブラシに比べると生地を傷めやすいなどのデメリットがあるので注意が必要。布地をこすると傷んでしまうので、ほこりやチリを払うイメージで行うのがポイントです。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

洋服ブラシは、1,000円前後のものから、10,000円以上のものもあるので、目的にあったブラシを探しましょう。ウールなどの目が細かく詰まった素材ならコシのある豚毛、カシミヤやシルクなどの柔らかいデリケートな素材なら柔らかい毛質の馬毛など、使いたいアイテムにあったブラシの毛の種類もしっかり確認しましょう。ネット通販はもちろん、東急ハンズや無印良品などでも購入できますが、同じ種類の毛でもブラシによって違いがあるので、探す時はお店に足を運び、実際にブラシの手触りを確認したり、知識のある店員さんに質問したりするのが良いでしょう。

アイテム別に気を付けるポイントは?

コートは、上から下にブラッシング。ポケットの中袋も出してブラシをかけましょう。型崩れ防止のため、肩の部分に厚みがあるハンガーにかけましょう。

ニットは、糸の編み目に沿ってブラシをかけ、繊維をほぐしてほこりを払い飛ばします。ブラシをかけた後はすぐクローゼットにしまわず、カビ防止のために最低一晩はハンガーにかけて風を通します。ただし、長時間ハンガーにかけたままだと型崩れしてしまうので、畳んで保管しましょう。

マフラーやストールは、軽く振りさばいてチリやほこりを落としてから、ブラッシングをしましょう。毎日するのは面倒、という方はハンガーにかけて体温や湿気を飛ばしましょう。

案外簡単!毛玉対策

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

毛玉の原因はズバリ摩擦。毎日同じものを着ることや、持っているバッグとのこすれでさえ毛玉の原因になりうるのです。できた毛玉は、毛玉取り器や糸切りバサミなどで生地を傷つけないように切り離しましょう。それらが家に無い方は、シェーバーでやさしく剃ると綺麗になります。

できるものは自宅で洗濯!

ニットにも、自宅で洗濯できるものがあります。タグの取り扱い絵表示を確認しましょう。色移りしそうなものは、単独で洗濯するか、クリーニングに出すのが無難。干す際は、ハンガーにかけると型崩れしてしまうので、平干しがおすすめ。マフラーやストールも、畳んでネットに入れ、手でやさしく押し洗いしましょう。

縮んだニットのSOS

動物毛にはお風呂場にあるアレ

ニットを洗濯したら縮んでしまった…。でも大丈夫!ウール、アンゴラ、カシミヤなど動物毛のニットが縮んだ時はヘアトリートメントを使うことで復活します。ただし、トリートメントなら何でも良いというわけではなく、必ず「アモジメチコン」という成分が入ったものを使ってください。

用意するもの

  • 縮んだニット(動物毛素材のもの)
  • アモジメチコン配合のトリートメント 15g
  • ぬるま湯(ニットが浸るぐらいの量)
  • 洗面器

やり方

  1. ぬるま湯にトリートメントを溶かす。
  2. 縮んだニットを浸し、30分ほど待つ。
  3. やさしく絞ったセーターを1分弱洗濯機で脱水する。
  4. 日陰で平干しする。

縮んだニットが捨てられない方はぜひ試してみてくださいね。

アモジメチコンの作用とは?

動物の毛には、人間の毛と同じようにキューティクルがあります。正しい手順を踏まずに洗濯すると、キューティクルが開き、毛同士が絡んで固まってしまい、それが縮みとなるのです。アモジメチコンは、開いたキューティクルを元に戻す作用があるので、縮みを改善することができるのです。

その他の素材の場合はアイロン!

合成繊維や麻、綿などのニットが縮んでしまった場合は、アイロンを1cm浮かせてスチームをじっくりと当てる「浮かせがけ」をするとある程度は元に戻ります。アイロン台にニットを乗せて一方をマチ針で固定し、留めた方向と反対方向に手で慎重に伸ばしながら浮かせがけをしましょう。

まとめ

真のオシャレさんを目指すなら、洋服の日々のお手入れは必須スキル。毎日のお手軽ケアで、お気に入りの秋冬物を来年も使いたいですね♪

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル