今日はなに着る?気温別、おすすめトレンドアイテムをご紹介☆

モテ子
モテ子
あなたの場合、「間違えた!」って後悔しても一度家に戻る余裕なんてないでしょ。


一段と寒さが気になる時期になってきましたね。日中の気温が20度を超える日もあれば、冷え込む日もあったり、寒暖差が激しくてなにを着たらよいかわからず困ってしまう…なんてことはありませんか?今回は、日中の最高気温を目安に気温別・おすすめトレンドアイテム&コーディネート例をご紹介!なにを着たらよいかわからず困ってしまう方はコーディネートの参考にしてみてください☆

今日はなに着る?“気温別”トレンドアイテム&コーディネート☆

気温が20℃前後!快適に過ごすならシャツを活用して

気温が20℃前後の日はシャツが活躍します。日差しの有無や、人によっては暑さを感じる気温のため、袖のボタンで丈を調節できるタイプのシャツがあるとより安心ですね。今年は、袖に特徴のある“袖コンシャス”なシャツやチェック柄のシャツがトレンドです。着まわしのしやすい定番形のシャツを着るもよし、コーディネートの主役になるトレンド型のシャツを着るもよし。自分に似合うシャツでおしゃれを楽しんでくださいね。また、日中の気温が20℃でも出勤時や帰宅時は冷え込んだり、そうかと思えば電車の中ではエアコンが入っていたりと温度調節が難しいこともありますね。ジャケットやストールを準備して寒暖差に備えましょう。

関連記事

気温が15℃前後の日はニットやコーディガン♪

15℃前後の日はニットやコーディガンで寒さを防ぎましょう。ここ最近はキレイめに着られるピッタリとしたリブニットが流行っています。薄手なので着膨れの心配もいらず、細見え効果もありますよ。寒がりな人はハイネックタイプのニットを選んで。肌寒い時にさらっと羽織れるコーディガンは、ほどよい厚みで温度調節がしやすいのでおすすめです。また、足元や首まわりにはカラータイツやマフラーなどの小物を上手く活用し、冷えないように注意して。華やかな小物は、防寒対策だけではなく暗くなりがちな秋冬ファッションに色を添えてくれますよ。

関連記事

気温が12℃前後の日は薄手のコートを準備して

#ootd ライダース、ずっと欲しかったピンク色をゲットやりたかった黒ワンピース合わせで。 今日は学生時代の友達と子連れカフェランチしてきましたドリアうまし ぽつぽつ2時間喋ってリフレッシュしてきました . . jacket:#rirandture one-piece:#uniqlo bag:#discoatparisien pumps:#coen . . #wear#outfit#ファッション#コーデ#今日のファッション#今日のコーデ#今日の服#秋コーデ#ママコーデ#休日コーデ#シンプルコーデ#ライダースジャケット#ピンクのライダース#ブラックワンピース#黒ワンピース#ファーイヤリング#ファーバッグ#クラッチバッグ#ぺたんこパンプス#ユニジョ#uniqloginza#お洒落さんと繋がりたい

真さん(@slumber0121)がシェアした投稿 -

12℃前後の日は日中でも寒さを感じますね。これくらいの気温になると、インナーよりもアウターを重視!薄手のコートを準備しましょう。おすすめはトレンチコートやライダースジャケットです。トレンチコートはロング丈でオーバーサイズのものをゆるっと着こなすのがおしゃれ。ライダースジャケットはキャメルやピンクのカラーを選べば女性らしく着こなすことができます。トレンチコートやライダースジャケットは秋冬だけでなく春先にも使えるので1枚持っておくと重宝しますよ。

関連記事

気温が10℃前後の日はダッフルコートやチェスターコートが活躍!

10℃前後の日は、薄手のコートでは少し物足りなさを感じるので、チェスターコートやダッフルコートなどの少し厚手のコートに切り替えましょう。そして、厚手のコートを選ぶときに注目してほしいのがズバリ素材!軽さとお手入れのしやすさが特徴のポリエステルのコートが普及していますが、保温効果が低いのが悩みどころ…。ウールやカシミア、アンゴラ素材のコートはお手入れ次第で長くも着られ、保温効果も抜群ですよ。

気温が5℃以下の日はダウンコートでバッチリ防寒対策☆

気温が5℃以下の日はこれでもか!というぐらい防寒対策をキッチリとしましょう。コートの中でもダウンコートがおすすめです。暖かさはもちろん、熱を放出してくれる効果があるので汗をかいても快適に過ごせますよ。今年はキルティングのダウンコートをカジュアルに着こなすのがおしゃれ。裏地のボアが取り外しできるコートや1着で2通りの着方ができるリバーシブルのコートもでています。コートの中は首元をしっかりと温めてくれるタートルニットでしっかりと寒さを防ぎましょう。足元は長めのロングブーツを履けば防寒対策もバッチリです。さらに、マフラーや手袋があると安心ですね。

関連記事

まとめ

昼間は暖かくても夜は寒いなんて日もあります。帰宅が遅くなる日は、最低気温もチェックしその日に合った服装を選びましょう。また、同じ気温でも人によっては暑く感じたり寒く感じたりと様々です。周りは薄着でも寒いと感じたら厚手のコートを着るなど早めの対策を心がけましょう。風邪をひいてしまってはせっかくのおしゃれも楽しめませんよ。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル