1足持ってて損は無い☆黒タイツのアレコレ

モテ子
モテ子
200デニールでも肌が透ける?足痩せが足りないわよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

いよいよ冬本番を迎えました。「ミニ丈可愛いけど、やっぱり寒くて履けないよ~!」「防寒のためにコーデがマンネリするし、もっさりしがち…」そんな寒い日のオシャレの味方、黒タイツについてご紹介します。

ストッキングとタイツの基礎知識

ストッキングとタイツの違いって?

よく混同されるストッキングとタイツですが、その違いはズバリ繊維の太さ。繊維の太さは「デニール」という単位で表されていて、メーカーによって境界線は多少前後するものの、一般的に30デニール以下の比較的薄手のものをストッキング、30デニール以上の比較的厚手のものをタイツと呼びます。タイツはカジュアルに分類されるので、フォーマルな場では履かないのが正解です。

関連記事

  • 素肌より素肌感UP☆美脚を引き出すストッキングの選び方
  • ムラにならない!履く前のちょっとした裏ワザ☆

    せっかく新しい黒タイツを履いたけど、ムラになってかっこ悪い…。なんてことはありませんか?それを防ぐとっても簡単な裏ワザがあるのです。それは「ウエストとつま先部分を持って、思いっきり伸ばす」だけ!タイツは生産時の工程にて、熱を加えることで生地のキメをしっかりと整えているので、それをあえて伸ばして生地の目を広げることによりはきやすくなり、色ムラの軽減にもなるとのこと。新しいタイツを履く前に、ぜひ試してみてくださいね♪

    どれくらい?デニールごとのイメージ

    「デニールの数字だけ言われても、どれくらいの透け感になるのかわからない!」というわけで、主なデニールごとの透け感を見ていきましょう。

    生足よりも色っぽい!?キメたい時には20デニール

    透け感がエロく、かつクールに決まる20デニール。ショーパンやミニスカートに合わせればセクシーで大人っぽいイメージに!ただ男性からは「露出や肌の透けは嬉しいけど、気合入りすぎ…?」なんて声も。また、その薄さから足元は冷えやすくなってしまいます。冷えは美容の大敵なので足の裏や腰など見えないところに貼るカイロを仕込みましょう。もちろん、デニール数が小さいものは破れやすいので、取り扱いにはくれぐれも注意しましょう。

    モテ子
    モテ子
    駅にいたスラッとした脚の(たぶん)女子大生3人組がミニ丈のボトムスに黒ストッキングを履いていたの。惜しげもなく美脚をさらしていて3倍眩しかったわ…。あれは20デニールぐらいなのかしら?若さと自信がなきゃなかなかできないけど、大人っぽくてセクシーだったわ。私もこの磨きぬいた美脚で大人の魅力をアピールしていこうかしら。もちろん防寒対策をしっかりして、ね。

    超万能!フォーマルな場所にも使える30デニール

    コンサバスタイルやオフィスカジュアルでも使えるので、1つ持っておいて損はない30デニール。セクシーすぎずカジュアルすぎないちょうど良い透け感です。さらに、ストッキングに分類される30デニールの黒ストッキングは、フォーマルな場所でも使えるギリギリのライン。厳かな場では20~30デニールの光沢やラメ、模様が無いシンプルなものを選びましょう。冬場の弔辞など、30デニール以下のストッキングで参加しなければならない場合はカイロのほかに肌色のストッキングを下に仕込むなど、しっかり防寒対策をしましょう。

    あたたかさも絶妙な透け感も!50~60デニール

    あざとさを狙うならこれ☆絶妙な透け感で男性には人気ナンバーワンだという50~60デニールです。立った状態ではあまり透けない清楚感があるのに、ふとしゃがみこんだ時にうっすらと透けて見える肌がグッと来るのかも?30デニールを超えるタイツはカジュアルスタイルに分類されるのでフォーマルな場では使えませんが、清楚なスタイルにはもちろん、カジュアルスタイルにも使える便利な厚さです。

    モテ美
    モテ美
    寒~い!って思って春に買った厚めのタイツを出したらぁ、毛玉がびっしりついててすっごく残念な感じになっちゃったぁ、、。みんなはケチらずに新しいものを買ってねぇ。その後に、あざとい透け感☆を狙って60デニールの黒タイツを履いたら「太ももだけ20デニール?」みたいな透け感になっちゃってたのぉ、、。モテ子には「太すぎる脚に引き伸ばされるタイツの気持ちも考えなさい」なんて言われるしぃ、、。おとなしく脚痩せ頑張るわぁ~。

    カジュアルさんにはこれ!80デニール

    冬場に履かれている一般的な厚さで、スニーカーなどのカジュアルスタイルに一番はまり、かつしっかり暖かいのは80デニール。美脚も暖かさもゲットできるよくばりな厚さです。膝頭が透ける程度で、ほかの部分はほとんど透けないので「肌が透けすぎるのはちょっと…」という人にもおすすめです。

    完全防寒!110デニール以上

    アトラクションに並んだり、イベントなど長時間外出したりする時におすすめなのは110デニール以上の厚手タイプです。透け感は無く、真っ黒といってもいいでしょう。しかし、タイツの生地が分厚いためその分脚も太く見えてしまいがち。着圧タイプのものを選ぶと見た目もスッキリしますし、むくみ防止にもなりますよ。

    まとめ

    いかがでしたか?黒タイツはもっさりしがちな冬コーデに女性らしさや透け感を取り入れられるアイテムでもあります。ムクミ対策には着圧タイプ、防寒対策には裏起毛タイプなど目的に応じたタイツを選んでみてください。冬のコーデに上手く取り入れられればモテもオシャレも一石二鳥できるかも?ぜひ挑戦してみてくださいね☆

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル