思わず男性が振り返る!?愛される「香水」のつけ方をパーツ別にレクチャー

モテ子
モテ子
香りで存在感出さないように気をつけなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

香水には数え切れないくらいの種類があって、つけ方も様々。それを知らないまま、香りの強い香水をたくさんつけすぎてしまっている残念女子もチラホラ。「自分は大丈夫!」と思っている人ほど、実は周りに迷惑をかけてしまっている場合だってあるんです。香水は本来、ほんのりと香りが立つくらいがベスト。そこで今回は、女性らしさをグンと引き上げて、男性が思わず振り返っちゃうような“モテる香水”のつけ方をマスターしちゃいましょう。

まずは香水の種類をおさらい

一般的に使われる香水は、オーデコロン・オードトワレ・オードパルファムという大きく3つの種類に分類されています。

オーデコロン

3つのタイプの中で一番香りが薄く、ライトにつけられます。爽やかな香りのものが多いので、気分転換やリフレッシュしたい時、お風呂上がりなどにピッタリ。オーデコロンはたくさんつけても香りすぎることがほとんどありません。

オードトワレ

そこまで香りが強くないため、普段使いやオフィスに最適です。また、香水初心者でも気軽に使えるのでおすすめ。香りが持続しないのが難点ですが、つけすぎてしまうと逆に香りがキツくなるので要注意!

オードパルファム

香りの種類が最も豊富でお手軽な価格帯でもあることから、一番人気のタイプです。香りも一日を通して持続してくれるので、リタッチしなくても十分楽しめます。

パーツ別!香水の楽しみ方

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

手首・首元

耳の後ろやうなじなどのパーツは体温が高い部分なので、周りにしっかり香らせながら、自分も楽しみたい時におすすめです。つける時は、直接スプレーするのではなく、一度指先につけてから首元に少量つけるのがポイント。
また、手首につける場合に、ゴシゴシしてこすり合わせる方も多いと思いますが、実はNGなやり方。こすることでせっかくのいい香りが飛んでしまったり変質したりするので、手首の血管の上あたりに少量だけのせる感じでつけましょう。

太ももの内側・ひざの裏側・足首

「香りを控えめにしたい」「ほのかな香りを楽しみたい」方におすすめのパーツ。香水は、時間が経つほど下から上へと香りが移動していくので、控えめながらも心地よい香りに包まれます。足首につける場合は、くるぶしの後ろがベスト。
ただし、太ももの内側はデリケートな部分なので、前もってパッチテストを行うなど肌トラブルが起こらないかどうかチェックしておきましょう。

胸・お腹・服のタグ

香りを自分だけこっそり楽しみたい時や、すぐそばにいる人にだけ香らせたい時におすすめの場所。身体を動かすと服の胸元から香りがフワッと出て、香水を華やかに楽しめます。胸は、体温が高くなりやすいので、汗をかかない涼しい時期に少量つけるようにしましょう。

香水は1プッシュで十分!

お気に入りの香水ばかり使っていると、その香りに鼻がなれてしまって必要以上につけてしまいがちですが、香水は基本的に1プッシュで十分な香りが漂います。香りで鼻が麻痺している場合は、家族やパートナーなど周りの人にチェックしてもらうのもいいですね。もし、外出先で自分の香りがキツいかもと感じた場合は、ウエットティッシュでサッと拭き取るだけで香りを抑えられますよ。

まとめ

香りは脳の中でも本能に近い部分に伝わりやすいため、脳だけでなく身体にも良い影響をもたらすといわれています。彼好みの香りを見つけたり、自分のお気に入りの香水を見つけたりして、いつも良い香りをまとう魅力的な女性に一歩近づいてみてはいかが?

関連記事

Author

Sami
Samiフリーライター
フリーペーパーの編集を経て、現在フリーライターとして活動中。美容・健康・ダイエットなど幅広いカテゴリーの記事をお届けします。趣味はアロマ(アロマテラピー検定1級)とお酒、美味しいものを食べること。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ