うるツヤモテ髪を作る☆毎日のホームケアのポイント

モテ子
モテ子
高いトリートメントをする前に、基本的なケアから見直しなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

女性の髪がツヤツヤだと、思わず目で追ってしまうという男性も少なくないそう。とはいえ、頻繁にサロンに行くお金も時間もなかなかないですよね。そこで今回はサロンに行かずにうるツヤモテ髪を作れるホームケアのポイントをステップ別にご紹介します。

いつものケアを見直そう・ステップ別ヘアケアのポイント

ブラッシング

髪を洗う前にまず髪の毛をブラッシングしましょう。ブラッシングは毛先などの絡まった髪を解くように丁寧にするのがポイント。 そうすることで、髪についたほこりなどを事前に取り除くことが出来ます。

予洗い

シャンプーをする前に髪全体を濡らして、髪をすすぐ予洗いをしましょう。 軽くすすぐのではなくお湯で髪や頭皮の汚れを取り除くようなイメージで髪をしっかりめに洗いましょう。そうすることで頭皮の汚れが取れ、シャンプーの洗浄力が高まると言われています。

シャンプー

シャンプーは、手の平で軽く泡立ててから、髪ではなく頭皮になじませるようにしましょう。シャンプーをする時は、指の腹で頭皮をマッサージするように洗うのがコツ。

シャンプーの洗い残しがあると頭皮に汚れが残ってしまうので丁寧に洗い流しましょう。 ネイルが長くて、頭皮をうまく洗えないという方はバラエティショップなどに売っているシャンプーブラシを使うのもオススメですよ。

コンディショナー

時間がある時はシャンプーをした後に乾いたタオルで水気をとってから、コンディショナーをつけるようにするとコンディショナーがより浸透しやすくなります。

コンディショナーは頭皮ではなく、傷んでいる毛先に中心的につけましょう。 コンディショナーを頭皮にべったりとつけてしまうと、ベタベタしてしまうこともあるので気をつけましょう。

また、できればコンディショナーを髪につけたまま少し時間を置き浸透させるようにするのがベター。 筆者は、コンディショナーをつけたまま、体を洗ったり湯船につかったりして、コンディショナーが浸透するまで待つ時間を有効活用できるようにしています。

更にスペシャルケアをしたい時は、トリートメントをつけた髪の上からラップを巻くのもオススメ。 お風呂の蒸気でラップの内側がスチーム状態になるので、トリートメントが髪の内部まで浸透します。ちなみに毛先にヘアオイルをつけてもみこんで一緒に浸透させるようにすると、グッと髪の手触りがよくなりますよ。

ドライヤー

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

濡れた髪の毛はとても傷みやすいので、ブラッシングしながらドライヤーで乾かしましょう。早く乾かしたいからといって、高温で一箇所に集中的にドライヤーの熱をあててしまうと、ドライヤーの熱で髪の毛が傷んでしまうので要注意。低温か、熱を逃すようにドライヤーをするようにしましょう。

また少し手間ですが最後に冷風を当てると、髪に栄養分が閉じ込められて更にツヤツヤの髪に近づけます。

まとめ

毎日の丁寧なケアがうるツヤモテ髪を作ります。日々のホームケアのステップを見直して、サロンに行った後のような美髪をキープしていきましょう。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル