キレイは残してメイクは落とす!美容ライターおすすめクレンジング剤5つ

モテ子
モテ子
美肌を目指すなら、クレンジングを重視するのよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

メイクを毎日する女性にとって、クレンジングは日課でしょう。でも、クレンジングは肌の負担になってしまうのも事実。負担は最小限に抑えたいですよね。クレンジングでメイクは落としても、お肌のうるおいなど、キレイのもとまで一緒に洗い流したくない…。筆者自身、昔から悩んできました。職業柄さまざまな化粧品を使いますが、試行錯誤の上たどり着いたのは5つのアイテム。いろんなクレンジング剤を試して「もう手放せない!」と思っている溺愛アイテムを、初披露しちゃいます♡

ずっと使い続けたいと本気で思えるクレンジング剤5つ

これは必須!ポイントメイク落とし

あなたは“ポイントメイク落とし”を使っていますか?しっかりメイクをしていると、メイクが残ってしまいがち。特に、アイメイクが残りやすいですよね。無頓着だった頃…お恥ずかしい話ですが、まつ毛に残ってしまったマスカラを手で取ろうとしてまつ毛が抜けてしまったことがあります。「よく落ちる!」と謳われているクレンジングオイルを使っても、ウォータープルーフのマスカラをバッチリ付けているとなかなか落ちないんです。

そこで使い始めたのがこちらのアイテム。とろみのあるテクスチャーで、なんだか使い心地も良い。プチプラなのも嬉しいです。

私は裂けるタイプのコットンと併用して使っています。まずコットンを水に浸し、手のひらではさんで軽く水気を取ります。そして、濡れたコットンにこちらのポイントメイク落としを500円玉程度出し、コットン全体に馴染ませます。優しく揉み込むようにすると良いですよ。メイク落としが馴染んだら、コットンを2つに裂いて、それぞれ三角形になるように折ってください。2つの三角形の底辺を目の際に当てるようにしてまつ毛をはさみ、30秒ほど待ちます。そしてコットンをするっと抜くと、マスカラやアイラインが落ちているんです。

コットンの汚れていない部分で、残ったアイシャドウやマスカラなどを優しく拭いますが、細かい部分に残っている場合は綿棒を使います。綿棒にポイントメイク落としを垂らして、優しく拭き取ります。

これを使うだけで、バッチリメイクのときもメイク残りの心配がないです。肌に長時間クレンジング剤をのせておくと負担になるので、そういった意味でも必須アイテムになっています。

基本は適度なしっとり感を重視

個人的にはクリームタイプのクレンジング剤が好みです。使い心地が好きというのもあるのですが、クリームタイプだと比較的洗浄力がありながらも肌に優しいというメリットがあります。洗浄力も肌への優しさも、“強すぎず・弱すぎず”で、ちょうど良いのです。

こちらは柔らかいテクスチャーで、肌への伸びが良いです。私の場合、よくベースメイクを軽めに仕上げます。肌のアラはコンシーラーやコントロールカラーでカバーし、ファンデーションの使用は最低限にするようにしているからです。ポイントメイクはポイントメイク落としで落としているので、ベースメイクのクレンジングはこちらで十分。洗い上がりは適度にしっとりしていて、一番よく使うアイテムがこちらです。

拭き取りも可だそうですが、コットンで肌を摩擦すると刺激になる可能性があるので、洗い流して使用していますよ。

乾燥が気になるときは…

こちらはお仕事を通じて出会ったアイテムです。プチプラで大容量というコスパの良さは、噂に聞いていましたが、実際に使ってみると“しっとり感”がすごいんです!クリームタイプのクレンジング剤はたくさん使ってきましたが、しっとりした洗い上がりは群を抜いています。かといって、ニキビができたこともないので、お気に入りアイテムの一つになっています。

使いたくなるのは、やはり乾燥が気になるときです。特に冬、出番が多くなります。乾燥で悩んでいる方におすすめしたいですね。

ちなみにマッサージクリームとしても使用できますが、クレンジングしながらマッサージはしないようにしましょう。肌にメイク汚れを長時間のせてしまう原因になります。キレイな状態の肌に、キレイな状態のクリームでマッサージして。

逆にさっぱりしたいときは…

プッシュするとムースタイプのクレンジングが出てきます。柔らかいテクスチャーで、するすると肌に馴染みます。洗い上がりはさっぱり。常備しているクレンジング剤はしっとり感を重視しているのですが、こちらだけはさっぱりタイプです。つっぱり感がないのが嬉しいポイントです!

ただ、ポイントメイク落としの段階でアイラインなどが残ったままこちらを使うと、落ちにくくなってしまうというデメリットが。ポイントメイクは念入りに落としてから使った方が良いでしょう。

さっぱりタイプが好きだけど、肌がつっぱるのは嫌!という方におすすめしたいアイテムです。

疲れたときの救世主

一般的に、ローションタイプのクレンジング剤は洗浄力が低いとされています。しかし、こちらは驚くほどよく落ちます!なるべくポイントメイク落としを使うようにしているのですが、疲れているときはこちらを使用。これ1本でササッと落ちるので、楽チンなんです。旅行や出張の際、荷物をコンパクトにしたいときにも持っていっています。

洗い上がりは、しっとりとさっぱりの中間といったところでしょうか。万人受けしそうだと感じます。クレンジングオイルでつっぱり感が気になるという方も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、ときどき限定ボトルが出ています。基本はクリームタイプのクレンジング剤を使うものの、限定ボトルが可愛くてついつい買ってしまうことも…。

気分によっても使い分ける♪ノンストレスな美活

クレンジング剤は家に一つしかない、という方も多くいらっしゃるかと思います。以前は私もそうだったのですが、お気に入りで使い心地が違うアイテムをいくつか常備していると、気分や肌の調子、お疲れ度によって使い分けることができます。ストレスなくスキンケアができるというのが、5つのクレンジング剤を常備している理由です。

ただし、古くなったクレンジング剤は肌荒れなどの原因になります。少しずつ長く使うというのは避けてくださいね。毎日クレンジングをしていると、意外と消費できるのですが、ご自身の使い切れる範囲で購入した方が良いでしょう。

今使っているクレンジング剤に満足できていない方も、ぜひ上記アイテムを参考にしてみてください!

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ