あなたはどれ?冬に化粧ノリが悪い原因と対策まとめ

モテ子
モテ子
素肌が整っていないとメイクもパワーを発揮しないわよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

なんだか最近化粧ノリが悪くなってきたと感じることはありませんか。化粧ノリが悪いと朝からテンションが下がってしまいますよね。そこで今回は、化粧ノリが悪い原因と対策をご紹介します。

1 お肌の乾燥

お化粧ノリが悪い原因としてよくあげられるのはお肌の乾燥。そしてお肌の乾燥は、お肌の水分保持力が低下してしまうことが原因と言われています。そして、秋・冬に特にお肌が乾燥してしまうのは、湿度が急激に低下することと、室内で暖房を使う機会が増えるからと言われています。

そもそもお肌の水分保持力がどのように決まるかというと、お肌の最も外側にある角質層と言われる部分によって決まると言われています。というのもその角質層が、水分と柔軟性を保つ「保湿機能」を果たしてくれているからです。

お肌の「保湿機能」を果たしてくれている角質層が乾燥してしまうと、未熟な角質層ができてしまいます。そして、保湿機能が弱まってしまうと、お肌の乾燥がますます進んでしまうというしくみです。

未熟な角質層を作らない為に、毎日のフェイスケアできちんと保湿をすることが大切です。それでは、お肌の乾燥を防ぐためのスキンケア方法をステップごとにご紹介します。

化粧水

化粧水は、まず手のひらに適量を取り、手の温度で温めてからお肌に乗せるのがオススメ。浸透力が高まると言われています。また、特にオススメしたいのは化粧水の重ねづけ。化粧水をつけた上からコットンパックやシートパックをするのもオススメです。

美容液、オイル

お肌の乾燥度合いにあわせて美容液やオイルを足すのもいいでしょう。混合肌の方は、顔全体に美容液やオイルをつけるのではなく、乾燥しやすい口元などに美容液やオイルを集中的につけるのがオススメです。

乳液、クリーム

化粧水や美容液、オイルなどでお肌に潤いをチャージしたら、それらが蒸発してしまうのを防ぐために最後に乳液もしくはクリームの油分で蓋をしましょう。

乾燥が気になる部位にのみ、乳液の後にクリームを重ねてつけるのもオススメです。

2 ターンオーバーの乱れ

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

化粧ノリが悪くなるもう一つの原因と言われているのが、ターンオーバーの乱れ。保湿はしっかりしているのになぜか化粧ノリが悪いという方はターンオーバーが原因かもしれません。

ターンオーバーとは皮膚の生まれ変わりのこと。ターンオーバーでお肌が古い角質から新しい角質に生まれ変わる働きが鈍いと、お肌の十分な潤いが保たれず化粧ノリが悪くなってしまうことも。

ターンオーバーの乱れを引き起こす要因は睡眠不足・紫外線・加齢・ストレス・ビタミン不足などの栄養バランスの乱れなどがあります。ちなみに意外と気をつけたいのがスキーやスノボなどでしてしまう雪焼け。夏の紫外線よりも強いと言われているので気をつけましょう。

最近化粧ノリが悪いという人は、是非チェックしてみてくださいね。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル