もっと愛され女子に♡バレンタイン特製、あま〜いチョコメイク

モテ子
モテ子
もっと愛されたいなんて…少しは私たちに気を使いなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

もうすぐバレンタイン♡片思いのあなたも、カレがいるあなたも、なんだかソワソワドキドキする時期です。当日デートの予定が入っている方はもちろん、気になるカレにプレゼントを考えている方もいらっしゃるでしょう。そんなバレンタイン当日、悩むもののひとつにメイクがありますよね。大好きなカレに「おっ♡」と思われるようなメイクをしたい…♡そんなあなたにおすすめなのが、“チョコメイク”です。バレンタインを思わせる、あま〜いチョコレートのようなメイクをしてみてはいかが?

ポイントはアイメイク!キュートなチョコメイクHow to

濃いめブラウンでこっくりとした甘さを

チョコメイクのメインはアイメイクです。ブラウンアイシャドウを上手に使って、深みのある目元に仕上げましょう。甘さがありながらもデカ目に見せる、バレンタインとっておきのメイク方法ですよ。

用意するのはちょっぴり濃いめのブラウン系アイシャドウパレット。ピンクブラウンなどを使うとキュートさが倍増しますよ。

まず、アイホール全体にハイライトカラーをのせます(イラストA部分)。ブラシでふんわりと塗ると、優しげな印象に。次に、ミディアムカラーを塗ります。このミディアムカラーの塗り方が肝で、丸みを意識するのがポイントです。二重幅を目安にして、黒目の上が丸く盛り上がるような形に塗ってみましょう(イラストB部分)。チップで塗ると、色味がしっかりと出てキレイです。ダークカラーは下まぶたにオン。細チップに取って目尻から黒目部分までラインを引くようにして塗ってみてください(イラストC部分)。これで、黒目が強調されたまぁるい目元の出来上がりです!自然な深みも出るので、おすすめのバレンタインメイク術ですよ。

おすすめのブラウンアイシャドウ

ルナソル/セレクション・ドゥ・ショコラアイズ(02 Chocolat Amer)

その名の通り、チョコレートのような発色!しっとり質感や甘い香りも乙女心をくすぐります。今回のメイクでは右上をA、左上をB、右下をCに塗るとgood。

ジルスチュアート/リボンクチュール アイズ(01 engagement lace)

濃すぎるブラウンに抵抗があるという方にもおすすめのアイテム。上段二つのカラーを混ぜてA部分に塗ると、腫れぼったくないニュアンスピンクを楽しめます。左下をB、右下をCに塗りましょう。

ヴィセ/シマーリッチ アイズ(PK-4 ピンク系)

ヴィセ リシェ シマーリッチアイズ #004 5.4g

¥1,770

※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
www.amazon.co.jp

右上のピンクブラウンが秀逸。甘いブラウンメイクを叶えてくれます。左上をA、右上をB、中段右をCに塗ってみて。メインのピンクを使わなくても、魅力的な眼差しになれるのが嬉しい!一つ持っていると活躍しそうですね。

チークとリップは“ナチュかわ”を目指して

目元を濃いめに仕上げたので、チークやリップは引き算。張り切りすぎて全てのポイントメイクを濃くすると、男子どん引きのケバケバしい印象になってしまうことがあるので注意して。ただし、可愛さは忘れないように♡“ナチュラルなのに可愛い”を目指したいですね。

あどけない可愛さを出したいなら、ベージュピンク系の色味を使ってみましょう。大人可愛い印象にしたいなら、断然ダスティピンク系のカラーがおすすめです。チークとリップは、色味の系統をそろえると統一感が出ます。

ベージュピンク派はこちらのアイテムで勝負

ちょっとあどけなさを出したい女子は、肌馴染みが良くてナチュラルなのに、さり気なくキュートさを演出できるベージュピンクで。おすすめのアイテムはこちらです。

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ/ミニ プレスト チークカラー(03)

日本人の肌によく馴染む色味。高貴な気分になれるデザインも、テンションが上がります。発色が良いので、柔らかめのブラシでふんわりと塗るのがコツです。

ロレアル パリ/ルーセントマジック パウダーブラッシュ(B1 ハニーベージュ)

透明感のある仕上がりで、ピュアな印象に。サッとひとハケするだけで、自然な血色感のある頬になるのが嬉しい。化粧持ちも良いので、長時間デートにも向いています。

マキアージュ/エッセンスジェルルージュ(BE202)

ぷっくりとした、思わずキスしたくなるような唇にしてくれる美容液配合のジェルルージュです。優しいピンクの色合いが、まさに“ナチュかわ”。崩れにくいのも、デートには◎

エトヴォス/ミネラルリッププランパー(ハニーピーチ)

ジューシーな質感の唇に変身!色味が主張しすぎないので、自然なキュートさを演出してくれます。唇の荒れが気になる季節ですが、ケアしながら使えるのもポイントが高いですね。カサカサ唇の強い味方でもあります。

大人可愛さはビタースイートなダスティピンクで

“可愛い”も良いけれど、きちんとした大人っぽさも出したい…。そんな女子はダスティピンクをセレクトしてみましょう。ちょっぴりほろ苦いようなくすみピンクで、ビターチョコレートを彷彿とさせます。大人の甘さにチャレンジ!

NARS/ブラッシュ(4062 ピンクオーキッド)

適度なラメ感で、適度な軽さを表現。「大人っぽいのに、なんだか可愛い」。そう思わせてくれる色味です。薄付きなので何度か重ね塗りしてみて。ただし、付けすぎには注意です!

アディクション/ブラッシュ トリニティ(003 Pink Waves)

ダスティピンクに明るめのピンクやハイライトがセットされたチークです。ラメをたっぷりと取って質感を変えたり、混ぜ方によってグレイッシュな度合いを変えたりすることができます。あなた好みのダスティピンクにしてみて。

カネボウ/インテンスクレヨンルージュ(02 Chic Pink)

ソフトマットな仕上がりがオシャレ。シックな女性らしさを演出するピンクです。モード系のカレの場合は、これ1本で仕上げてもOKでしょう。王道デートメイクにしたいときは、透明グロスを重ねてみて。

シャネル/ルージュ ココ(432 セシル)

みずみずしい発色が、大人の女性度を格上げ!品のある色合いで、いつもとは違った表情を作ってみましょう。簡単にムラなく塗れるところ、化粧持ちが良いところも嬉しいですよね。

これでバレンタインは完璧!?愛され女子になっちゃお☆

こっくりと甘いチョコメイク、いかがでしたか?王道ブラウンアイシャドウも、塗り方次第で全く違った印象になるのです。また、チークやリップはバランスを考えるのが大切。キュート派でいくか、大人可愛い派でいくかでセレクトする色味を変えてみましょう。ステキなバレンタインになるよう祈っています!

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル