一気に美人顔!簡単&メイク上手に見える垢ぬけアイブロウの作り方

モテ子
モテ子
使うアイテムと役割を理解するのよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

アイメイクやリップメイクはなんとなく分かるものの、アイブロウメイクは苦手という方も少なくないはず。そこで今回は、パーソナルメイクアドバイザーの筆者が、アイブロウメイクのアイテム、それぞれの特徴と使い方をご紹介します。少しの差で一気に顔が垢抜けるアイブロウメイクを味方につけて、さらに可愛くなっちゃいましょう!

1.アイブロウペンシル

ペンシルタイプ

理想のアイブロウの形を思い描いた時に、眉毛が足りない部分はありませんか?そんな時にはアイブロウペンシルを使って、毛をはっきりと書き足しましょう。

眉毛がある人も、まずはペンシルタイプで、ガイドラインのような軸となるラインを引いた方が、眉毛を書く手順が楽になります。ラインを引く時はまずは眉山を決めて、そこから眉頭、眉尻を自然につなげるような手順で引くと、綺麗な線が描きやすいです。一般的には、眉山の位置は黒目のフレームの外側の位置が良いと言われています。

また、眉頭は、目頭の真上の位置からはじめると綺麗に仕上がります。もしくは、理想のイメージにあわせて、ノーズラインと自然につながると感じる場所に眉頭を置くのもいいと言われています。

ちなみに、眉毛が多すぎるという人は、眉を剃る時にガイドライン代わりにアイブロウペンシルを使ってラインを引くのも失敗を防げて◎。

リキッドタイプ

最近よく見かけるリキッドタイプのアイブロウペンシル。ウォータープルーフタイプのアイテムが多く、メイク直しをする時間がない人や、眉毛が少ない、もしくは眉毛が全くない部分にしっかりと眉毛を描き足したい時にオススメです。毛の少ないところに一本一本しっかりと描けるので、本物の毛のように描き足せます。

ちなみに、注意した方がいいのが、アイブロウメイクをリキッドタイプのアイブロウペンシルだけで仕上げないようにすること。リキッドタイプのアイブロウペンシルは濃淡が出にくく、全体的に濃く仕上がってしまうことがあります。全体的に濃く仕上がってしまうと、ペタッと貼り付けたような印象の眉になってしまいます。
毛の少ないところや、しっかりと書き足したいところにだけ、部分的に使うようにしましょう。

2.アイブロウパウダー

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

アイブロウペンシルでだいたいのラインが決まったら、ラインに沿うようにパウダーを眉毛全体につけていきましょう。ペンシルで引いたラインの上にぽんぽんとパウダーをのせて、ラインをぼかすようにつけるといいですよ。

アイブロウパレットに何パターンか色が入っている場合は、眉頭は淡い色にして、眉尻に向かうにつれて濃い色を使うようにすると、自然な立体感が出ます。
ナチュラルに見える色がわからない時は、眉毛の色や、髪の毛の色にあわせて色を選ぶようにしましょう。

いかがでしたか? 自分にあうアイブロウメイクができるアイテム、ぜひ探してみてくださいね。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ