彼もうっとり♡印象的な黒目がちアイの作り方

モテ子
モテ子
黒目がちアイで瞳力UPしなさい。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com


黒目がちアイに憧れるものの、メイクが濃いとは思われたくないという方も少なからずいらっしゃるのでは?そこで今回は、印象的な黒目がちアイを作るアイメイクテクニックをご紹介します。

1.アイシャドウ

目をナチュラルに大きく見せてくれるのは、ブラウンのアイシャドウ。パールが入っているアイシャドウは、目に透明感を出してくれてオススメです。まず、ハイライトカラーのアイシャドウをアイホール全体に薄めに広げたら、締め色のアイシャドウをまつげのキワにのせましょう。

締め色のシャドウは、まつげとの間に隙間ができないようにキワまでしっかり入れます。そして、黒目がちで印象的な目元に見せるためのオススメのテクニックが、ハイライトカラーのアイシャドウを涙袋に入れること。このひと手間で、うるうるっとしたような可愛らしい目元が完成します。

また、春先に向けてピンクベージュ系のアイシャドウも黒目がちアイに効果的。パール感や抜け感が強いシャドウを選ぶと、ぐっとこなれた印象を演出できます。NGなのは、アイホールに濃い色を広げすぎないこと。
アイホールに濃い色を広範囲に入れてしまうと、目が小さく見えてしまうだけなく、メイクが濃いという印象を与えてしまいます。ちなみに、流行色のグレーやモーブピンクといったくすみカラーも、同様に目が小さく見えてしまうので広げすぎないよう気をつけましょう。

2.アイライン


まずはブラックのアイラインでラインを引きます。コツは、①全体的にラインを細く描き、②黒目の上の部分だけ少し太めに書くこと。また、③黒目の下の部分にだけ細くアイラインを引くことで、黒目を丸く見せることができ、黒目がちの印象的な目元になります。NGなのは、目の周りを太いラインで囲んでしまわないこと。メイクが濃いと感じ、逆に目が小さいという印象を与えてしまいます。

3.マスカラ

目の縦幅を大きく見せてくれるマスカラは、少し時間をかけて丁寧にメイクすることで、黒目がちアイを一層引き立ててくれます。最初にビューラーでカールする時、なるべく根元からしっかりカールして長さを出すようにしましょう。マスカラは、なるべく根元からしっかりのせるようにすると、自然な目力が出ます。

また、マスカラで意外と難しいのが、まつげの毛先。マスカラを根元からしっかりとつけたら、毛先に向かって軽い力でスッとブラシを抜くようにしてつけると、まつげが自然な太さになり、大きい目元が完成します。毛先までマスカラをたっぷりつけようとすると、ダマになってしまうこともあるので気をつけてくださいね。

時間があれば、黒目の上下のまつげを2度塗りすると、目がより丸く見えて黒目がちアイに近づけます。

何かとイベントが多いこの季節、ぜひ印象的な黒目がちアイを作って好印象をゲットしてください。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ