【つまずきポイントをプロが解説】くるりんぱ棒で簡単アップデート☆編みおろしヘアアレンジ2選

今年流行の編みおろしヘアアレンジ。結婚式や二次会、お呼ばれスタイルとしても大活躍なので、ぜひとも習得したいヘアアレンジではないでしょうか。しかし、「編んでおろすだけ」かと思いきや、なかなかイメージ通りに仕上がらず、本当に「編んでおろしただけ」に見えてしまう残念バージョンもチラホラ…。そこで、シンプルな工程で、こなれた仕上がりにするポイント満載の編みおろしヘアアレンジを2つ教えていただきました☆

アレンジ前の準備

  • 髪を軽く巻いておきます。
  • まとまりにくい髪質の人は、アレンジを始める前にワックスをつけておくのがおすすめです。

①編みおろしアレンジ「くるりんぱ×たまねぎヘア」編

180415_amioroshi_01_05

用意するもの

  • ヘアゴム 4個
  • ヘアコーム(あれば)
  • くるりんぱ棒(ツイストアレンジスティック)
  • コテ

☆くるりんぱ棒ってなに?と思った人はコチラ☆

関連記事

詳しいやり方は動画でチェック


→動画を再生できない方はこちら

やり方

  1. トップの髪を後ろでまとめてヘアゴムで結び、くるりんぱしてほぐします。
  2. 180415_amioroshi_01_07
    【飯塚さんよりアドバイス】
    トップに高さを出し、ねじり目が割れないようにほぐしましょう!

  3. 左右の耳後ろくらいの髪をパートに分け、1の上に重ねてヘアゴムで結びます。
  4. 【飯塚さんよりアドバイス】
    この時、1の毛束は一緒に結びません。今回は前髪を流すので、サイドの髪は残しませんでしたが、長さやお好みで後れ毛を残したり、もみ上げを残したりしてくださいね。

  5. 2をくるりんぱして再びほぐします。

  6. 【飯塚さんよりアドバイス】
    くるりんぱを重ねる時に、2つのくるりんぱがうまく合体して見えない場合は、ほぐしが全然足りないことが多いです。自分でやりすぎかも…と思うくらい、思い切りよくほぐしましょう。それでもゴムが見えてしまう時は、3のくるりんぱのほぐした髪の上を少しつまんでUピンを挿し、そのUピンの先を1のくるりんぱのヘアゴムの結び目に入れ込むと、2つのくるりんぱが分裂せずに完成度が上がります。試してみてくださいね!
    180415_amioroshi_01_02

  7. 1と3の毛束をひとまとめにし、残っている後ろの髪を2等分して、その3本で三つ編みを1目作り、ヘアゴムで結びます。結び目を押さえながらしっかりほぐします。

  8. 【飯塚さんよりアドバイス】
    ヘアゴムの結び目はあまりキツくしなくても大丈夫!狭いスペースなのでそのまま結んでしまいがちですが、1回だけでも三つ編みにしておくことで、ほぐした時の立体感が格段に上がり、可愛さが全然違ってきます。また、この部分は残りの髪をもう一度重ねてくるりんぱしたり、両サイドからねじって結んだりしてもOK!ここまで作ったら、全体をしっかりほぐして上のパーツは、ほぼ完成の状態にしておきましょう。

  9. 4の結び目にくるりんぱ棒を挿してヘアコームの先で毛束の表面を少し取り、くるりんぱ棒の輪に入れて、ゆっくりくるりんぱ棒を引き抜きます。丸めた部分を横に広げてヘアゴムを隠します。
  10. 【飯塚さんよりアドバイス】
    表面の毛を少し取る時は、横幅を広めに、毛量に厚みが出ないように意識します。

  11. 4の位置から5cm弱くらい下の位置をヘアゴムで結び、ヘアゴムとヘアゴムの間の髪を丸く引き出して、たまねぎヘアを作ります。
  12. 【飯塚さんよりアドバイス】
    引き出す時は、表面だけではなく、中心部分の毛もしっかり引き出すとキレイな丸みを作ることができます。たまねぎヘアの部分は、三つ編みにしたり、ねじったりしてもOK!

  13. 4と同じように、くるりんぱ棒で表面の毛を結び目の中に通し、ヘアゴムが見えないように、丸めた毛を横に広げます。
  14. 180415_amioroshi_01_08

  15. 最後に毛先をコテで巻き、全体をほぐせば完成です。

  16. 【飯塚さんよりアドバイス】
    毛先を巻く時は、細かい毛束に分けて巻き、動きが出るように仕上げましょう。あとは、とにかく「ひたすらほぐし」ます!ロングの方が、華やかさを出せるスタイルですが、ミディアムの人は、くるりんぱを減らしたり、たまねぎヘアの部分を減らしたり、工程をカットすれば十分可愛いスタイルに仕上がりますよ!

②編みおろしアレンジ「W三つ編み」 編

180415_amioroshi2_01

用意するもの

  • ヘアゴム 2個
  • くるりんぱ棒(ツイストアレンジスティック)
  • コテ

詳しいやり方は動画でチェック


→動画を再生できない方はこちら

やり方

  1. ハーフアップの位置でパート分けして毛束を3等分し、三つ編みにします。3回くらい編んだら編み終わりを押さえてほぐし、この時にトップもほぐしておきます。ほぐしが済んだら、また編んでほぐし、を繰り返して毛先をヘアゴムで結びます。
  2. 180415_amioroshi2_03
    【飯塚さんよりアドバイス】
    パート分けする時は、少し前下がりになるように分けるのがポイントです。トップはしっかりほぐしておきたいのですが、三つ編み部分は後の工程で中に編み込むので、ほぐしがそこまでキレイに仕上がっていなくても大丈夫。ただ、引き出しておくことで、最後の可愛さに差が出るので、工程を省かないようにしてくださいね。裏側からも毛を引き出しておきましょう。

  3. 残っている毛を2等分し、1の毛束を巻き込んで三つ編みをします。編み終わりを指で押さえて、ほぐしていきます。
  4. 【飯塚さんよりアドバイス】
    編み終わりの位置は、短めに編んでも毛先まで編んでも、お好みで大丈夫です。全体をほぐす時に、1で編んだ三つ編みの編み目を縦に引き出すとシンプルな三つ編みでは絶対にありえない編み目がアクセントになり、とても複雑な工程のように見せることができます。

  5. 編み終わりをゴムで結び、全体をほぐします。くるりんぱ棒を結び目に挿し、毛束の表面を薄く取ってくるりんぱ棒の輪に入れ、ゆっくり引き抜きます。丸めた毛の部分を横に広げて横に広げてヘアゴムを隠します。
  6. 【飯塚さんよりアドバイス】
    今回は、毛先に近い位置でくるりんぱ棒を使うので引き抜く時には、結び目を押さえて慎重に引き抜きましょう。

  7. 後れ毛や毛先をコテで巻き、全体をほぐして完成☆
  8. 180415_amioroshi_02
    【飯塚さんよりアドバイス】
    毛先のくるりんぱ棒の工程は、今年流行のバレッタなど、結び目を隠せるアレンジグッズがあればカットしてもOKですよ。

まとめ

いかがでしたか。後れ毛や毛先を細かい毛束に分けてコテで巻くのも仕上がりを左右しますが、編みおろしヘアアレンジをこなれた仕上がりにするポイントは、①「とにかくほぐす」、②「ひたすらほぐす」だそうです。編み目の横のほぐしだけでなく、縦や裏側、トップに高さを出すなど、全体を立体的に仕上げることを意識してみましょう。セルフで作るのは最初は難しいかもしれないですが、コツを掴んで憧れの編みおろしヘアを手に入れてくださいね。

text:MotecoBeauty編集部

Author

飯塚駿
飯塚駿フリーヘアスタイリスト
25歳でフリーランスとして独立。
南青山でのサロンワークを中心にヘア雑誌撮影、外部セミナーなどの活動中。
ナチュラル可愛いを得意とし、誰でも挑戦しやすい簡単お洒落を提案します。
Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ