モテ子の裏技?ゆらぎ肌に負けない美肌キープテクニック

モテ子
モテ子
眠いからって、毎日のスキンケア手を抜いてない?
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

春といえば、お肌がゆらぐ季節。冬の乾燥によってお肌がカサカサ...しっかり保湿はしているはずなのに、お肌の乾燥に悩まされているという方も少なくないはず。しかも、春は気温の差が激しく、水分と油分のバランスが崩れることから、肌トラブルが起きやすい時期でもあります。そこで今回は、スキンケアアドバイザーの筆者が、春のお肌を綺麗に保つお手入れ方法をご紹介します。

1.UVケアは春からスタート

最近なんだかお肌が固くなってきた、ゴワゴワしてきたと感じることはありませんか?もしかしたらそれは、紫外線によるダメージかもしれません。実は、紫外線が一番強い季節は春と言われていて、特に、しみやたるみの原因になる紫外線A波が一番多いと言われています。

ポカポカと気持ちがいいとついつい紫外線ケアを怠ってしまいがちですが、お肌が固くなってきた、ゴワゴワしてきたと感じる方は、日焼け止めや日焼け止め効果のある化粧下地を使うなどして、しっかり紫外線ケアをしましょう。

2.意外と気の抜けない乾燥対策

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

冬に比べて保湿を怠りがちな春。実は春の乾燥度合いは、冬と同じレベルだと言われています。さらに、春は風が強い日が多く、知らないうちにお肌に負担がかかってしまうことも。

お肌が乾燥しているなと感じたら、化粧水や乳液を重ねづけしたり、シートパックをしたりと、早めに保湿をするようにしましょう。それでは、乾燥がひどい時のスペシャルケアをご紹介します。

まず化粧水。手のひらに適量を取り、手の温度で温めてからお肌に乗せましょう。浸透力が高まります。乾燥がひどいと感じる時は、化粧水の重ねづけやコットンパックがおすすめ。お風呂で湯船につかりながら行うのもいいでしょう。

そのあと、美容液やオイルをお肌の乾燥度合いにあわせて足しましょう。美容液やオイルをつけた後に、それらが蒸発してしまうのを防ぐために、最後に乳液もしくはクリームの油分で蓋をしましょう。乾燥が気になる部位にのみ、乳液の後にクリームを重ねてつけるのもオススメです。

お肌がもっちりしたら、スキンケアが浸透したサインです。また、春は環境の変化によって知らないうちに身体や心にストレスがかかってしまうことも。
体の内側からのSOSサインが、お肌のトラブルにつながってしまうこともあります。緊張したな、疲れたなと感じたら、リラックスする時間を早めにとることが美の秘訣といえるでしょう。

いかがでしたか?早めの対策が美の秘訣。お肌の状態がイマイチという日には、ぜひ丁寧にスキンケアしてあげてくださいね。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ