スキンケアの新常識?知っておきたいデトックス美容

モテ子
モテ子
冬の間溜め込んだ毒素を出し切るのよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

スキンケアをしっかりしているのに、なぜか美肌に近づけないというお悩みがある方も少なくないはず。もしかしたら、それは化粧水や乳液の浸透力が弱いからかもしれません。そこで今回は、スキンケア効率を高めてくれる、スキンケアテクニックについてご紹介します。

ふきとり化粧水を使う

ふきとり化粧水”という言葉を聞いたことがありますか? 実は、お肌が綺麗な人の中には、取り入れている人も多いスキンケアアイテムです。ふきとり化粧水とは、肌を拭き取るようにして使う化粧水のこと。

気になるふきとり化粧水の効果ですが、クレンジングや洗顔では落としきれなかったメイク汚れや、肌表面の古い角質などを取り除くことができると言われています。また化粧水の浸透を高めてくれる効果も高いと言われています。

使うタイミングは、クレンジング・洗顔をした後の清潔な状態のお肌の時。まず、ふきとり化粧水をコットンがひたひたになるまでたっぷりと含ませて、お肌が特に固くなっていると感じる部分や、透明感がないと感じる部分を中心に、コットンでお肌を拭き取るようになぞります。

ちなみに、目や口の周りは、皮膚が薄くて敏感な部分なので、軽くふきとるようにするのがポイント。お肌が固くなっていると感じる部分や、ざらつきなどが気になる部分は、お肌の表面の古い角質がスムーズに剥がれていない状態かもしれません。お肌表面の古い角質が化粧水の浸透を妨げてしまうこともあるので、古い角質をコットンで丁寧に拭き取るようにすると、グッとスキンケア効率が上がります。

ちなみに、ニキビができていたり、お肌が荒れている部分は、ふきとり化粧水の使用はできるだけ控えましょう。というのも、敏感なお肌の時は負担がかかってしまうこともあり、余計にニキビや肌荒れなどを引き起こしてしまう可能性もあります。少し手間ですが、週に1回〜2回だけふきとり美容を足してみるだけでも効果が実感できますよ。ぜひ取り入れてみてくださいね。

クレイパックをする

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

聞きなれない“クレイ”という言葉。クレイとは粘土のことで、美容用のクレイには、肌表面の汚れを除去してくれたり、美肌や保湿などの美容効果が期待できると言われています。

クレイパックをするタイミングも、クレンジングの後の清潔なお肌の時。パックをお肌にのせてから、洗い流すまでの時間はだいたい10分程度のものが多いですが、クレイパックによってさまざまなので、少し手間ですが商品を購入する時に確認しましょう。お肌の上に乗せて、時間を置くとお肌の表面で固まるものが多いです。

ちなみにクレイパックを落とす際にやってはいけないのは、固まったクレイをごしごしを落としてしまうこと。お肌に負担がかかり、肌荒れの原因になってしまうことがあるので避けましょう。
とはいえ、お肌の上で固まったクレイには落ちにくいものもあるので、筆者はパックが固まる頃にお風呂に入り、シャワーなどでクレイを洗い流すようにしています。

時間ができた日には、いつもよりちょっとだけスキンケアに時間をかけてみるのはどうでしょう。メイクのりもぐっと良くなって翌朝のテンションがあがりますよ。ぜひ取り入れてみてくださいね。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル