この季節は快適さが欲しい!涼しげ肌をメイクするファンデーション6選

モテ子
モテ子
夏用ファンデってだけで、飛びついて買っていた私がバカだったわ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

じんわりと汗ばむ季節になってきました。メイク崩れが気になってくる方も多いかと思いますが、この時期よく聞く悩みの1つにベースメイクがあります。ベースメイクはメイクの土台ですが、汗や皮脂量が多くなって、ファンデーションが汚く崩れてしまうというものです。そこで、初夏から真夏にかけて使える、おすすめアイテムをご紹介していきます。この夏こそは、見た目麗しくないファンデーション崩れと無縁でいましょう!

皮脂の分泌が気になる方は、こちらのタイプ

いつの間にか顔がテカテカになってしまっているという方は、皮脂に強いファンデーション選びをしましょう。一般的に、パウダーファンデーションやルースファンデーションが脂浮きを抑えるといわれています。パウダーファンデーションを気持ち良く使いたい時は、水ありでメイクしてみて。スポンジに水を含ませて塗るだけで、ひんやり気持ち良くサッパリした仕上がりに。ミスト化粧水をスポンジにかけて使うのもおすすめです。ただし、水ありでも使える「両用タイプ」をセレクトしましょう。両用タイプでないと、キレイに仕上がらない場合があります。

パウダーファンデーション

とにかくサラッとした付け心地が良い!パウダーファンデーション特有の重たさが気になる方も抵抗なく使えるかと思います。薄付きなのにカバー力があるのが嬉しい。皮脂分泌が多い方は毛穴落ちに悩むこともあるかと思いますが、毛穴が目立ちにくいのもおすすめポイントの一つです。ムラ付きしにくいので、サッと仕上げられます。

パウダータイプのファンデーションに付属されているツールはスポンジが多いですが、こちらはブラシ。ふわっとベールをまとうかのように仕上げられます。パウダーファンデーションだとマット系の肌になることが多いのですが、こちらはツヤっと自然な輝きに。石鹸で落とせるミネラルファンデーションなので、夕方になっても負担を感じにくいです。

まるでお粉かのような、軽い付け心地が特徴のルースファンデーション。意外とカバー力があり、忙しい朝にも重宝しますよ。サラッとしているので、この季節には特におすすめです。汚い崩れ方もしにくいので、鏡を見てギョッとする心配も少ないのでは。2色展開ですが、肌色を軽く整えてくれる感じがあるので、カウンターに行って確かめてみる価値ありです!

ナチュラルな仕上がりが好みの方におすすめしたいファンデーション。カバー力は弱めなので、化粧下地やコントロールカラーを上手く使うのがポイント。日中、化粧の重たさが気になりにくいので快適です!すっぴん美人風な仕上がりなので、お家デートなんかでも重宝しますよ。

汗が気になる方は、こちらのタイプ

ファンデーションがドロドロに崩れてしまうという方は、汗に強いファンデーションにしましょう。ウォータープルーフタイプのファンデーションはレジャー用というイメージがあるかもしれませんが、日常使いでも便利。汗っかきさんは試してみると良いかも。ウォータープルーフのファンデーションは乾燥しやすいものもあるため、保湿ケアはしっかりと。

ウォータープルーフタイプを使うと肌への圧迫感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらのアイテムは通気性を謳っているだけあって夏でも快適。厚塗りになりやすいので、薄く伸ばしてください。また、特徴的なのが豊富なカラーラインナップ。カバー力に定評があり、シミやニキビ跡に悩んでいる方にもおすすめしたいです。

化粧下地やUVケア不要なので、時短メイクにもぴったり。ベタつきがあまりないので気持ち良く使えます。時間が経った時のくすみも目立ちにくいです。ただし、マット寄りの仕上がりなので、ツヤ感が欲しい方はフェイスパウダーを工夫するのがおすすめ。

ファンデーション選びにこだわって、夜まで涼しげ肌をキープしよう!

化粧崩れが気になってきて、夏用ファンデーションを探していたという方。まずは皮脂崩れしているのか、汗で崩れているのかを見極めてみて。やみくもに夏用ファンデーションを探しても、あまり効果は期待できないかもしれません。

今年は自分のタイプに合ったファンデーションを選んで、涼しげ肌を目指しましょう。初夏から使えるので、早速参考にしてみてくださいね。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

部位から記事を探す

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル