早く知るほどイイことばかり☆骨盤底筋の役割と美容の関係

モテ子
モテ子
この先の人生で出産を経験するつもりがあるなら、必読よ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

皆さん、人の身体に筋肉がどれくらいあるかご存知ですか?人の身体を動かすための筋肉(骨格筋といいます)は、およそ400個もあるといわれています。その中には、腕や足を動かすための筋肉のように分かりやすいものもあれば、身体の奥にある筋肉のように働きや役割が分かりづらいものもあってまさに多種多様です。しかし、たとえ“分かりづらい地味な筋肉”であっても毎日を健康に生活していくためには必要不可欠なものばかり。今回は、そのような“地味な筋肉”の中から、特に女性の健康と美容に大切な筋肉をご紹介していきます。

「骨盤底筋」は地味だけど、女性にとって大切な筋肉!

150717_kotubanteikin_01-300x217

「骨盤底筋」という筋肉の名前を聞いたことがありますか?普段の生活の中ではなかなか意識しないかもしれませんが、特に女性の健康にとっては大切な役割を果たしています。文字通り「骨盤」の「底」の部分を支えている「筋」肉で、骨盤の下に開いている部分をふさぐようにハンモック状に吊るされていて、子宮や膀胱、直腸などの骨盤内にある臓器を支えています。またお尻の穴や尿道、膣口などを開閉させる役割もあります。骨盤底筋は「骨盤底筋群」とも呼ばれるように、いくつもの小さい筋肉が組み合わさっています。それらの筋肉が働くことで、骨盤内の内臓を「支える」役割と、肛門や尿道を「開いて閉じる」役割という正反対の働きをおこなうことができるのです。しかしそのような構造のため、骨盤底筋はゆるみやすく、とりわけ「内側から押される力」に弱いといえます。

妊娠〜出産によって骨盤底筋はゆるみやすい!

特に骨盤底筋がゆるみやすいのは、妊娠〜出産にかけてのタイミングです。妊娠中は赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹の中の圧力(腹圧といいます)が高まり、骨盤底筋は内側から押され続けて徐々にゆるんでいきます。さらに出産の際には、赤ちゃんが通り抜けることで骨盤底筋は大きく押し広げられるため、出産後の骨盤底筋はあたかも大きく膨らませた風船がしぼんだ状態のようにゆるみきっているといえます。その状態が産後の尿もれの原因となり、さらに深刻な例では子宮が膣口から飛び出てきてしまう「子宮脱」などにつながるケースもあります。

早めに知り、将来に備えることがトラブル回避につながる

「結婚の予定もないし、妊娠や出産なんてまだまだ先の話…」とお考えの方も多いかもしれませんね。しかし、一般的に骨盤底筋の機能は20代から低下しはじめるといわれているため、早いうちからのケアを心掛けていくことで将来のトラブルを回避できる可能性がより高まるといえます。特に尿もれや子宮脱などの症状は、決して遠い未来の話ともいえません。ユニ・チャームの調べによると、30代〜40代の女性のおよそ6割以上が尿もれを経験したことがあるそうです。そのような尿もれを経験してから骨盤底筋のためのエクササイズを一生懸命おこなうよりは、もっと若いうちからしっかり予防としてのケアを心掛けていく方が、はるかに効果は高いといえます。骨盤底筋のゆるみは誰にでも起こり得るトラブルです。だからこそ早いうちからしっかり意識していきましょう。

お腹まわりの引き締めから反り腰や腰痛の改善にも!

もちろん、骨盤底筋を意識することで得られるメリットは将来の話ばかりではありません。骨盤底筋は、腹筋群の中でもお腹まわりを引き締めるために大切な「腹横筋」という筋肉とつながっています。そのため、日頃から骨盤底筋を鍛えておくことで同時に腹横筋も刺激され、下腹部ぽっこりやウエストのたるみを防ぐ効果が期待できます。さらに、骨盤底筋を正しく使うことでインナーユニットと呼ばれる体幹を安定させるための機能が高まり、反り腰の改善や腰痛の予防などにもつながります。骨盤底筋は、現在のプロポーションから将来起こり得るトラブルまで、様々な問題を解決するための重要な役割を果たしているのです。

関連記事

まとめ

いかがでしょうか。まさに“縁の下の力持ち”のように身体の底から内臓を支えている骨盤底筋ですが、同時に「女性としての美容と健康」をトータルで支えてくれている筋肉だといっても過言ではありません。いつまでも魅力的な女性であるために、しっかりケアを心掛けましょう!

Author

野田 力
野田 力高円寺駅前整体院 院長
2004年に開業して以来、女性特有の身体の変化に起因する不定愁訴を改善するべく奮闘しています。家に帰れば二児の父。晩酌は日々欠かしません。
WEB

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル