10代・20代前半の女子必見!今絶対やっておくべき老けないためのスキンケア3つ

モテ子
モテ子
若いと思って無茶をしたら、お肌にツケが回ってくるのよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

人の見た目年齢は「」で決まると言っていいほど、美しい肌はその人をより若々しく、美しく見せてくれるもの。10代や20代前半のうちは、多少無理をしてもリカバリーが早く、肌疲れも出にくいですよね。でも、ご自分の肌ヂカラを過信しすぎてスキンケアを怠ると、5年後、10年後にシミ・しわ・たるみ・くすみなどのエイジングサインに泣くことになってしまうのです…。今回は10代・20代前半の女子が徹底すべき、老けないためのスキンケアをご紹介します。

①クレンジング・洗顔

スキンケアの基本は「落とすこと」。1日の始まり・終わりは汚れをきちんとオフすることが大切です。いくら疲れていても、夜のメイク落としは絶対に忘れないようにしましょう。

【朝】

朝起きたての肌は、夜のうちに分泌された皮脂・汗・ほこりなどが肌上にとどまっている状態。汚れが落とし切れていないと、毛穴が黒ずんだり、スキンケアの浸透が悪くなったり、化粧ノリが悪くなったりと、お肌にとってマイナスなことばかり。ぬるま湯洗顔派の人も多いですが、もしかしたら、肌上の汚れを完全に落とし切れていないかもしれません。1日のスタートは、肌にやさしい処方の洗顔料を使って、しっかり洗ってくださいね。

【夜】

クレンジングは肌への刺激が強く、乾燥肌の原因にもなりうるプロセス。オイルクレンジングは汚れ落ちは良いものの、とりわけ洗浄力が強いため、ミルクタイプやジェルタイプのクレンジングを常用するのがおすすめです。また、アイメイクを落とす時に目元をゴシゴシ擦ってしまうと、シワができやすくなるため、必ずポイントメイクリムーバーを使う習慣をつけてくださいね。

②保湿は念入りに!

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

肌の乾燥は、さまざまな肌トラブルやエイジングサインの出現を早める原因になってしまうため、朝晩丁寧な保湿を心がけましょう。わざわざ値段の高いものを使う必要はなく、安価なものでもケチらずたっぷり使うことで、お肌の水分はキープできるのです。

【保湿のやり方】
少量の化粧水を手に取り、毛穴に押し込むようにハンドプレスしながら浸透させていきます。3~4回化粧水を入れ込み、乳液やクリームなどの油性成分でフタをしたら完了。

③紫外線対策は1年中がマスト

肌老化の原因の80%が紫外線によるもの”という研究報告があるほど、紫外線は美容の大敵。とくに、4月から9月までは紫外線量が増えるので、毎日のUVケアは徹底的に行いましょう。化粧下地・ファンデーション・お粉にもUVケア効果のある商品が多く発売されているので、これからの季節は特にそのようなアイテムにシフトしていくのがおすすめです。長時間外で過ごす時は、こまめに日焼け止めを塗り直したり、日傘をさしたり、帽子をかぶったりするなど、ぬかりない対策を。

今の頑張りが未来の美肌に繋がる

今は目立った肌トラブルがない人も、25歳のお肌の曲がり角を境に、エラスチンやコラーゲンなどお肌のハリツヤをキープしてくれる成分は減少傾向に…。そして、若かりし頃に浴びた紫外線の爪痕がシミやソバカスとなって現われ始めるのです。美肌は一日にして成らず。将来の汚肌に泣かないためにも、今から念入りなスキンケア習慣を身につけ、5年後、10年後も美しい肌をキープしてくださいね!

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ