カバー力があって崩れない!マイベストファンデを見つけるコツは

モテ子
モテ子
コントロールカラーを使う前に、まずは自分の肌の色と肌悩みを把握しなさい。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

素肌感、生っぽさなどがトレンドになっているベースメイク。でも、ファンデーションの持ちに悩んでいたり、厚塗りっぽくなってしまうのが悩みという方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、ファンデーションのノリや持ちをよくするためには、ファンデーションの前にコントロールカラーを使うのがポイント。

コントロールカラーとは、ファンデーションの前に塗ることでお肌を整えてくれるアイテムのこと。色の下地で肌色を補正してくれる役割があり、くすみやシミなどの悩みをカバーしてくれるだけでなく、化粧崩れの原因となるファンデーションの重ね塗りを防ぐことができます。
とはいえ、自分にあうコントロールカラーを見つけるのは難しいですよね。そこで今回は、自分にあうコントロールカラーの見つけ方を、美容ライターの筆者がご紹介します。

コントロールカラーの選び方

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

下地を使ったことがないという方や、お肌に血色感を出したいという方は、ピンクの化粧下地がオススメ。ピンクは、血色感や透明感を与えて女性らしく、健康的な印象に見せてくれる効果があります。顔色が悪い、血色が悪いと言わるという人は、全体的に薄く広げることで顔色がぱっと明るくなります。ちなみに赤ら顔の人は、赤ら顔が増してしまう場合もあるので避けた方がいいでしょう。赤ら顔の方は部分的に使うようにしましょう。

ニキビ跡に悩まされている人には、グリーンの化粧下地がオススメ。ただ、グリーンは全体に塗り過ぎてしまうと血色が悪い印象になってしまうので、カバーしたい箇所のみに使うと綺麗に仕上がります。

また、くすみやシミなどが気になる方は、イエローの化粧下地がオススメ。お肌を明るく見せてくれる効果があり、黄色人種の日本人のお肌に馴染みやすい色とも言われています。

そしてピンクの下地がなんとなく合わないと感じた場合は、オレンジもいいでしょう。深刻なクマやくすみが気になる人にもぴったりです。お肌のたるみによってできる影の部分にも効果的。影を薄めることで、ほうれい線を薄く見せてくれる効果が!オレンジはお肌の色に近い色なので、自然な仕上がりを演出したい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

透明感や上品さが欲しい人は、ブルーの化粧下地がオススメです。ブルーには、くすみを抑えて透明感のある肌に見せる効果があります。ただ、ブルーの下地は塗り過ぎたり、色白の人が塗ると血色が悪く見えてしまうので避けた方が良いでしょう。

最後に、ピンクやブルーのどちらの下地も合わない人におススメしたいのが、パープルのコントロールカラーピンクの血色感ブルーの上品さの両方の良さをもち合わせているので、どの下地もなんとなく違和感があるという方にオススメです。

いかがでしたか?下地を味方につけて、ぜひ素肌美人に近づいちゃいましょう。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル