涼しげアイを作る!あか抜けアイメイクのコツとテクニック

モテ子
モテ子
こってり盛った暑苦しいメイクをしたところで、お昼には溶けてなくなるわよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

夏らしい季節になってきて、抜け感のあるメイクがかわいい季節になってきました。そこで今回は、抜け感のあるメイクのコツをご紹介します。

1.アイシャドウ

目をナチュラルに大きく見せてくれるアイシャドウ。パールが入っているアイシャドウは、目に透明感を出してくれてオススメです。ハイライトカラーのアイシャドウは、アイホール全体に薄めに広げましょう。この時、なるべくムラのないように、まぶたに馴染むようにアイシャドウをのせると、抜け感が出やすくなります。

カラーですが、流行色のピンク系のアイシャドウがオススメです。さっとひと塗りするようなイメージで色をのせましょう。ちなみに、アイホール全体に濃い色を広げすぎてしまうと、一気にアカ抜けなくなってしまうので注意しましょう。締め色のシャドウは、あくまで自然に見えるように、つけすぎないように注意が必要。グレーなどのくすみカラーは、アイホールに広げすぎると、目が小さく見えてしまいます。

2.アイライン

思い切って、アイラインを引かないのも目に抜け感が出てかわいいです。とはいえ、アイラインを引かないのは不安…という方は、ブラウンのアイラインで自然に目の周りを囲むのもおすすめです。

また、黒のアイラインでしっかりラインを引きたいという方は、両端からアイラインを引き、黒目の上の部分だけ少し空白を作るように書くのも抜け感を作るポイントです。目を全て囲んでしまう太いラインだと一気に抜け感がでなくなってしまうので注意しましょう。

お休みの日など、少し華やかなメイクをしても大丈夫な機会であれば、ラメ感のあるアイラインも目元に華やかさが出てオススメです。ラメ感のあるアイラインは派手でギラギラしたイメージになってしまいそうで、苦手という方は、目尻だけに足すのがいいでしょう。個人的には、筆に適度なコシがあり、書きやすいKATEの「スーパーシャープライナーEXz」がオススメです。細めのラインが簡単に引けて、はみ出てしまった時などの修正も楽チンです。

3.マスカラ

目の縦幅を大きく見せてくれるマスカラ。まず、ビューラーでカールする時は、なるべく根元からしっかりカールして長さを出します。そしてマスカラは、なるべく根元からしっかりとのせるようにしましょう。

抜け感を出すのにポイントとなるのが、まつげの毛先。マスカラを根元からしっかりとつけたら、毛先に向かって軽い力でスッとブラシを抜くようにつけると、自然に大きい目元が完成します。毛先までマスカラをたっぷりつけようとするとダマになってしまうことも。抜け感が出なくなってしまうので気をつけましょう。

いかがでしたか?上記のテクニックを用いて、涼しげなあか抜けアイを完成させちゃいましょう。

Author

岩倉陽子
岩倉陽子美容ライター、マーケティングコンサルタント
ダイエットインストラクター、スキンケアアドバイザー。
自ら10kgのダイエットに成功した経験を活かし雑誌、ウェブなどでコラムを執筆。
女性が苦しいダイエットやコンプレックスから解放され、キレイになっていくための情報を発信している。
BLOG】【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ