コンプレックスを活かす!くせ毛さんにおすすめのヘアスタイル

モテ子
モテ子
私がベルばらのオスカルやアンドレみたいなくせ毛だったら、今ごろ羽根を背負って大階段から降りてきているはずよ。
photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

くせ毛がコンプレックスだという悩みを聞くことがあります。筆者自身、生まれつきひどいくせ毛で、ヘアスタイルに悩んできました。縮毛矯正をかけてもすぐに効き目がなくなってしまい、「可愛いヘアスタイルは諦めた方が良いのかな…」と考えたことも。しかし、試行錯誤の上、行き着いた結論があります。ひどいくせ毛で悩んでいる方に、参考にしていただければと思います。

縮毛矯正とパーマを上手に使うこと

筆者は、くせ毛がコンプレックスで直毛に憧れており、縮毛矯正を繰り返していたことがあります。美容院に行ってから1~2週間程度はまとまりが良いのですが、ある程度時間が経つとうねりが気になっていました。雨の日など、湿度が高いとさらに大変なことに…。そういった経験がありながら、さまざまなヘアスタイルを試してみました。そこで出た結論は「縮毛矯正とパーマを使い分ける」ことです。

くせ毛の人がパーマをかけると、まとまりがなくなってしまうイメージがあったのですが、実は正反対。もともとあるくせを、パーマで整えるといった感覚です。パーマをかけると地毛を活かすことができ、縮毛矯正をかけて効き目がなくなってきた時の不自然さなどが目立ちにくくなりました。直毛に憧れて縮毛矯正ばかりしている方には、ぜひパーマも試してみていただきたいです。髪の毛が扱いやすくなるので、ヘアセットの時間も短縮できるようになりますよ。

ただし、頭頂部からパーマをかけると、強めの印象になってしまうこともあります。耳の少し上の辺りからパーマをかけるのが、まとまりやすくておすすめですが、上部のうねりが気になる方は、そこにストレートパーマをかけてみるのも良いでしょう。くせ毛で悩んでいる人に親身になってくれる美容院では、そういった悩みも総合してヘアスタイルを提案してくれるので、髪質に合わせて相談してみてはいかがでしょうか?

前髪はこうして作るのがおすすめ

ヘアスタイルを決める上で、前髪も大きく印象を左右しますよね。くせ毛の人の中には、前髪のうねりが一番気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

基本的に、くせ毛だと重めのスタイルにした方がくせが気になりにくくなります。髪の毛全体が軽いと、くせが出やすくなってしまうのです。シースルーバングなども流行っていますが、前髪は重めにした方がおすすめですよ。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

また、丸顔の方は、縦ラインを強調した方がキレイなので、センターパートなどにして前髪なしにすると映えます。面長の方は逆に横ラインを強調したいので、前髪ありの方が似合います。前髪なしの場合は重みを作りやすいのですが、前髪ありの場合は長さに限界がありますよね。前髪ありの方は、重めバングにして軽くパーマをかけ、流し前髪にするとナチュラルです。前髪のみ矯正縮毛をかけるのもおすすめですよ。ただし、後ろ髪に比べて前髪の方が美容院に行く頻度が高めになります。似合う前髪やなりたい雰囲気を考えつつ、手間なども相談した方が良いでしょう。

ショートヘアよりもミディアムヘア〜ロングヘアを楽しんで

少しボーイッシュなショートヘアにも憧れるのですが、ミディアムヘアよりも長めにした方が、髪の毛の扱いが断然ラクです。長めヘア×パーマで、フェミニンさを思い切り楽しめるのが、くせ毛さんの良いところ。コンプレックスを活かすようなヘアスタイルの方が、スタイリングの時短につながるのです。

ボーイッシュな雰囲気を楽しみたい時は、ミディアムボブにするのがおすすめ。外ハネ気味にすると、印象もグンと変わりますよ。この時も、髪の毛の量を少なくしすぎないようにオーダーすると、失敗しにくいです。重めのロブディなどもくせ毛の人に似合いやすい長さなので、イメチェンしたい時にぜひ。

パーマを駆使して重みをつける!自分らしさを活かしましょう

くせ毛だとヘアスタイルに悩みがちですが、髪質を考慮するとスタイリングもグッと楽になります。直毛に憧れる気持ちもあるかもしれませんが、くせ毛であることを活かすと、より自分に似合ったヘアスタイルになれるかも。

ポイントは、パーマを適宜かけることと、髪の毛を全体的に重めに仕上げることです。コンプレックスを無理にカバーしようとせず、自分らしい良さを引き出してみてくださいね。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル