編集部ゴリ押し!『Gina 2018年夏号』付録コスメが超使える♡

モテ子
モテ子
上級者はあえて単色使いよ。

女性誌の付録コスメに目がないMotecoBeauty編集部。発売される雑誌の付録は逐一チェックしていますが、本日6月7日は『Gina 2018年夏号』の発売日。お目当ての付録コスメは、なんとRayBEAMSのシングルカラーパレット6個セット!夏らしいカラーに、シャイニーな質感と期待大。それでは編集部で早速お試しします。

マルチに使えるシングルカラーパレット

付録の内容はというと、01サンシャインイエロー、02ピーコックブルー、03テラコッタ、04グロッシーベージュ、05メタリックブロンズ、06フューシャピンクの全6色のシングル カラーパレット。
夏の日差しに映えるパール入りの02、05、06のアイシャドウは目元やハイライト、チークに使えそうですし、トレンドのイエローやピンクは甘すぎないオトナ女子のメイクを底上げしてくれそうな予感。04はリップの下地としても使えるので、この6色があればフルメイクは可能ですね。

さっそくお試し!


まずは、上まぶたにピンクのアイシャドウをON。指でラフな感じでのせただけなのに、今っぽい顔に変身。06フューシャピンクは見た目通り、キレイに発色します。ダマにならないも◎。


編集部M
今まで、アイメイクは何色か使って重ねていたのですが、これからは単色使いでもいいですね♡時間のない朝のメイクにも良さそう!

続いて、旬のカラー、イエローをお試し。上まぶたにイエローを、下まぶたにテラコッタをライン状にのせていきます。こちらも単色使いでOK。色白さんはイエローが映えるので、トレンドメイクとしてオススメです。


編集部M
イエローを使うのは初めてなので、自分の顔に合うのかどうかちょっと不安だったのですが、まぶたにのせてみると、しっくりきたので驚きです!のせてても粉っぽさがないし、ほんと使いやすい!

ラメがたっぷり入ったメタリックブロンズは、オーバー気味に指でのせていきます。クールな目元にしたい場合は、まぶたにのせる幅を少しにしてみてください。


編集部N
ラメをたっぷりのせても安っぽい感じにならないのがスゴイですね。ブロンズといってもテラコッタ寄りの色なので、オトナな目元が演出できます。日焼けした肌にも似合いそう!

シャイニーなブルーは、チップにとって目尻に"くの字"を描いていきました。あまり大きく入れない方がさりげなさが出ていいですよ。


編集部N
上まぶたのライン入れが少しオーバー気味になってしまいました…。もう少し控えめな方がさりげないオシャレ感が出ると思います。06フューシャピンクでもこの入れ方は応用できますね。

04グロッシーベージュはクリーム状なので、リップ下地としても使えます。Beforeは04だけをのせたところ、その上から06フューシャピンクを指でトントンと重ねていくと、オトナ可愛い口元の出来上がり。


編集部M
04の伸びが良く、パールも入っているので、そのままでもツヤっぽい唇になりました。ビビットなピンクを唇にのせるのはオフィスメイクとしてはどうかな?と思ったのですが、悪目立ちしないし、意外といいかもしれません。

Gina2018年夏号でトレンド顔に!

ダマにならず、発色は良いし、旬のカラーばかりが揃ってイマドキの顔になれる6色パレット。これが付録とは信じられない!コスパ高っ!というのが編集部の本音です。組み合わせしやすい色ばかりで、メイクの幅が広がる今回の付録、ぜひGinaをお手元に置いてトレンドメイクを楽しんてみてください♪

Gina 2018 Summer

¥780

※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
www.amazon.co.jp

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル