夏色を先取り!おばさんっぽくならないブルーアイメイク術

モテ子
モテ子
アイホールに全塗りしたら、目だけモードメイクになってアンバランスよ。

夏色カラーといえば、ブルー!メイクでもブルーアイシャドウを取り入れたくなりますよね。蒸し暑くなってきたこの頃、夏色を先取りしているとオシャレさん認定かも…♡でも、ブルーアイシャドウって、ともすえば老けた印象を与えかねず、少しハードルが高いと感じてしまいませんか?上手にブルーを取り入れたメイクをしていると華やかで魅力的な女性に映ります。ブルーアイメイクのコツを知って、注目の的になっちゃいましょう!

なんだかおばさんっぽい…?老けた印象になりがちのNGメイク

出典:著者撮影

出典:著者撮影

まずはNGメイクから見ていきましょう。こちらは、アイシャドウを全てブルーで統一しています。濃いめでラメがたっぷりのブルーなので、バブルを彷彿とさせるよう…。これが、ブルーメイクが老けて見られてしまう原因でもあります。また、締め色を太めに引いてボカしを入れていないことで、ケバケバしい印象になってしまっています。色味自体はキレイなのですが、組み合わせや塗り方によってはNGメイクになってしまうこともあるのです。

アイシャドウを工夫する方法

ブルーアイメイクの中でも主流なのは、ブルーアイシャドウを使うもの。しかし、一歩間違えると上記のようなNGメイクになってしまいかねません。そこで、イマドキ風のメイクテクニックをご紹介していきます。

ニュアンスでブルーを楽しむ!

出典:著者撮影

出典:著者撮影

一見ベージュのようですが、よく見ると少しブルーがかっているメイク。こちらは、シアーなブルーアイシャドウをベースにして、ベージュアイシャドウを重ねているのです。

ベースにしているのは、ブルーアイパレットでいうと、中間色くらいの濃さのカラーです。上からベージュを重ねることで、青みが和らぎます。ナチュラルながらもニュアンスでブルーを楽しめるメイク方法です。

目尻に乗せるとオシャレ

出典:著者撮影

出典:著者撮影

ブルーの色味を強調してみたい場合は、目尻側1/3に乗せるのがおすすめ。まずベージュ系カラーでまぶたにグラデーションを作り、ブルーアイシャドウを目尻に塗りましょう。境目をベージュアイシャドウでボカすと自然です。

今回使用したのはシアーなブルーですが、濃いめブルーでチャレンジしてもオシャレな仕上がりになります。その日の気分によって色味を変えてみて。

肌なじみが良くなるのはこれ!

出典:著者撮影

出典:著者撮影

ブルーアイシャドウが肌から浮くのが気になるという方におすすめなのがこちら。シアーなブルーをアイホールに塗った後、二重幅より若干狭めにブラウンを乗せるのです。ブラウンの肌馴染みの良さが、ブルーとの相性を良くしてくれますよ。ブラウンアイシャドウは目の際ギリギリに引いて、目元を引き締める方法にしてもOK。

ブルーアイシャドウはイエローベースにとっては鬼門と思われることが多いです。しかし、この方法だとイエローベースの方でもキレイに使えることが多いです。ブルー系カラーを諦めていた方も、ぜひ試してみてください。

アイラインでさり気ない遊び心を

ブルーアイメイクの王道はアイシャドウを使うものですが、アイライナーを使用するとまた違った楽しみ方ができます。色味をしっかり出したいならペンシルタイプがおすすめ。一見ブラックラインだけど、よく見てみるとブルーライン、といった使い方をしたいなら、リキッドタイプを使いましょう。

カラーメイクに抵抗がある方も

出典:著者撮影

出典:著者撮影

アイラインをブルーに変えただけで、これだけ印象が変わります。ベージュ系アイシャドウでグラデーションを作った後、ブルーアイラインを引きましょう。写真では太めにラインを引いていますが、もっと細めに引くとさり気ないカラーメイクを楽しめます。カラフルな色味に抵抗がある方は、アイライナーを使用してみると良いかも。ちなみに、ラインを目立たせたい場合はキャットラインにすると良いですよ。

こなれ感バツグンのメイク

出典:著者撮影

出典:著者撮影

こちらは下まぶたの粘膜にブルーラインを引いています。左が引いていない写真、右が引いた写真です。全体はベージュ系でまとめ、最後にブルーアイラインをプラスします。簡単にオシャレ上級者さんになれるので、おすすめです。

粘膜ラインを引く場合は、芯が柔らかいペンシルタイプを使いましょう。また、ウォータープルーフタイプにすると、化粧持ちも良くなりますよ。トレンドを押さえた、オシャレな夏メイクをしたい方はぜひ試してみて。

ブルーアイメイクテクニックで、夏を先取り!

出典:著者撮影

出典:著者撮影

ブルーアイメイクは難しそうと敬遠していた方も、実は簡単に取り入れられるテクニックがあるのです。NGメイクを踏まえた上で、イマドキ顔を目指してみましょう。ブルーを使いこなしているあなたは、より魅力的に見えるかも

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル モテ子のスタンプ