VS紫外線!夏に負けないUVケアとスキンケア

モテ子
モテ子
紫外線との夏の陣が始まったわ。油断しちゃだめよ。
photo by GIRLY DROP

photo by GIRLY DROP

夏は老ける季節といっても過言ではないほど、老化に直結する要因が溢れています。強い日差しに冷房による乾燥、増加する皮脂量…これらを放置してしまうと、シミ・しわ・くすみ・たるみ・毛穴の黒ずみ・ごわつきなど、お肌の状態は悪化の一途をたどることに。そこで今回は、肌老化に直結する“紫外線”にスポットを当て、正しい対策とケアをご紹介していきます。

夏に老ける最大の原因は紫外線

肌老化の原因の80%は紫外線によるものといわれているのをご存知ですか?紫外線は肌に多くのダメージを与え、さまざまなエイジングサインを引き起こす厄介者。紫外線は年中降り注がれていますが、特に紫外線量が増える5~9月は徹底的な対策が必要です。紫外線にはA波・B波・C波があり、地表まで届き肌に影響を与えるのはA波とB波。一体、どんな影響があるのでしょうか?

UVA

肌の真皮まで届き、しわやたるみの原因に。雲や窓もすり抜けてしまうため、天候や屋外・室内で過ごすかどうかに関わらず、日焼け止めで肌への侵入を防ぐ必要があります。

UVB

肌の表皮にダメージを与え、メラニン色素を増殖させる波長。シミやそばかすの原因になります。

どんな日焼け止めを選べばいい?

photo by GIRLY DROP

photo by GIRLY DROP

過ごし方によってSPF・PA値を使い分ける

  • SPF=UVB(シミ・そばかす)の防御の指標(日本でのSPF最高値は50+)
  • PA=UVA(しわ・たるみ)の防御の指標(日本でのPA最高値は++++)
  • 炎天下でのレジャー、マリンスポーツ、フェスなど→SPF50・PA++++
  • 屋外での営業活動、軽いスポーツなど→SPF30~35・PA++~+++
  • 1時間以内の買い物、散歩など→SPF15~20・PA+~++

紫外線吸収剤不使用のものを選ぶ

日焼け止めには、紫外線吸収剤・紫外線散乱剤のいずれかの成分が入っています。紫外線吸収剤は肌への刺激が強く、敏感肌の人が使うとアレルギーや肌荒れを起こす心配も。できる限り、紫外線吸収剤不使用のものを選びましょう。

  • 紫外線吸収剤…皮膚の表面で紫外線を吸収し、化学的エネルギーに変えて紫外線を放出する。
  • 紫外線散乱剤…肌表面で紫外線を反射させることで肌への侵入を防ぐ。

美白化粧品を投入!

美白化粧品にはメラニンの生成を抑える効果や、発生してしまったメラニンを還元する効果があります。とはいえ、化粧水から美容液、乳液まで全ライン揃えるのはちょっと厳しい…という人も多いはず。そこでおすすめなのが、化粧水は保湿タイプの安価なものをたっぷり使い、美容液を美白タイプにシフトするという方法。美容液は美白成分の効果をダイレクトに感じることができるため、お金をかけるなら美容液に費やすのが正解です。

代表的な美白成分…ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、アルブチン、エラグ酸、トラネキサム酸、カモミラET、コウジ酸、リノール酸Sなど

定期的な角質ケア

photo by GIRLY DROP

photo by GIRLY DROP


肌は紫外線を察知すると、独自のバリア機能で角質を分厚くし、紫外線の侵入を防ごうとする働きをします。一見、良い働きのように思いますが、紫外線を日常的に浴びることにより角質がどんどん分厚くなってしまうと、化粧水などの浸透力が落ち、肌はゴワついてしまうのです。そこで欠かせないのが“角質ケア”。ピーリング・ゴマージュ・酵素洗顔・ふき取りタイプ等、お好みのアイテムを使用し、1~2週間に1回程度のペースで古い角質を一掃しましょう。角質ケアをすることで、肌に留まっていたメラニンが剥がれ落ち、シミやそばかすの生成を未然に予防することができるのです。

夏のケアが今後の肌を左右する!

紫外線はさまざまな角度から肌にダメージを与え、目に見える老化現象をもたらす原因物質。夏の終わりに大きなシミができてしまった…なんてことがないよう、徹底的な紫外線対策で若々しいお肌をキープしてくださいね!

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル