美容師監修【夏の黒髪対策Part 1】涼しげ+あか抜けを叶えるための基本の「キ」

モテ子
モテ子
あか抜けないのは黒髪だから…とか思ってるんじゃない?

photo by Fotolia.com

ついに夏本番☆この季節はヘアカラーを、眩しい太陽の光に映える色味に変える人も多いですよね!ただ、校則が厳しくてヘアカラーが出来ない人や、就活中の人、あえて黒髪派を貫く人には抜け感の演出が難しい季節でもあります。そこで、今月は夏の黒髪対策3本立てをご用意☆第一弾の今回は、スタイリストの飯塚さんに、黒髪でもあか抜ける方法やスタイルの基本を教えていただきました。この季節は特に意識してみましょう。


スタイリスト飯塚さん
ちなみに、今の流行りで黒髪+ペタ+パカであか抜けできるスタイルは…無いかもしれません…。

あか抜け黒髪スタイルを叶える3か条

「黒」は、どうしても見た目の印象が重たくなります。そのため、抜け感を出すには「重さ」を感じさせないのが何よりのポイント!ほかのカラーの髪よりも「軽さ」を出すための工夫が必要になるのです。

①トップが「ペタッ」としないように注意する

黒髪の人は髪の長さに関わらず、トップにボリュームを出して軽さを出しましょう。トップがペタンとして、さらに分け目がパカッと直線に割れていると、抜け感や軽さを出すのが難しくなります。これを解決するポイントは、セットの時ではなくブローの時にトップの毛の根元を立たせ、ふんわりと仕上げること。さらに分け目をジグザグにして、センターからずらすと良いですよ。サイドのボリュームを抑えたスタイルでも、このひと手間で印象が変わります。

②アレンジは、ほぐしまくる!


「軽さ」を出すためには毛に「動き」を出すことも重要です。そこでカギとなるのが「隙間を作る」こと。最近流行りの「崩す・ほぐす」アレンジスタイルも、黒髪さんの場合は、より大胆にほぐしましょう。少し崩したくらいで抜け感を出すのはかなり難易度が高め。「やりすぎかな?」と思っても足りないかもしれません。また、ほぐす時には、爪の先で摘まむ程度の極細の毛束を引き出すのもポイントです。極細の毛束を大胆に引き出せば隙間がたくさん生まれますよ。表面だけでなく内側からもしっかり引き出してくださいね。

③前髪にも動きを出す

前髪も、上に持ち上げながら全体を巻いたり、毛先だけでも巻いてあげたりしてボリュームアップすると、動きが出やすくなります。また、短い前髪の人はアシンメトリーやジグザグのカットなどもおすすめ。前髪のラインを揃えたい人は、シースルーバングなどで隙間を作って軽さを出しましょう。

④ツヤを出す

ストレートでもウェーブでも、パサパサしたツヤのない黒髪は、見た目の重さが増すだけでなく、一気に手抜き感が出てしまいます。黒髪はツヤが命!とばかりに毛先までしっかりスタイリング剤をなじませましょう。また、ヘアアイロンを使って熱処理を施すのもツヤが出るのでおすすめ。もちろん両方行うのもOKです。

黒髪であか抜けさせるスタイルって?

次に、黒髪におすすめのスタイルをご紹介します。ここでも「重さを無くす」「ツヤと軽さ・動きを出す・隙間を作る」というポイントは同じですよ。

ショートヘアで髪の量を減らす

黒の面積を少なくすることで、絶対的に見た目の重さが解消されます。そのため、美容師さんは黒髪さんにショートヘアを提案することも多いのだそう…。ただし黒髪+ショートヘアでも、トップがペタンコ+分け目パカンではあか抜けヘアは難しくなります。コテを使ってトップをふんわりさせたり前髪や全体を巻いたりしたあと、スタイリング剤をなじませて毛束で動きと隙間を作ることをお忘れなく!

☆コテでトップにボリュームを出す方法は?

関連記事

とはいえ、それを理由にショートヘアに挑戦する人は少数派ですよね。次はボブ、ロングを見ていきましょう。

ボブ、ロングはレイヤーで動きを出す

photo by Fotolia.com


ボブやミディアム、ロングでも基本は同じなので、黒髪の人は「巻く」ことを大前提にカットやスタイリングをした方が簡単にあか抜けスタイルが完成します。カットは、ボブの人は表面に少しだけ、ロングの人は全体にしっかりとレイヤーを入れて、巻いた時に動きが出やすいようにしておくのがおすすめです。まとめ髪の時にはあえて多めに後れ毛を残すと、動きが出て抜け感が出やすくなります。

それでも黒髪ストレート貫きたいアナタには、よりツヤを意識したスタイリングがおすすめ。ツヤを出すスタイリング剤やウェットヘアにして、さらにメイクもしっかりと黒髪に映えるカラーを意識すると、「ただのおかっぱ」を脱出できますよ。

☆失敗しないウェットヘアの作り方は?

関連記事

まとめ

いかがでしたか。今回は黒髪ヘアをあか抜けさせる基本のポイントをご紹介しました。夏でも軽~くあか抜け黒髪スタイルを楽しみたいですね。次回は、『実践・黒髪アレンジ~ボブ編~』をお届けします。楽しみに待っていてくださいね☆

text:MotecoBeauty編集部

Author

飯塚駿
飯塚駿フリーヘアスタイリスト
25歳でフリーランスとして独立。
南青山でのサロンワークを中心にヘア雑誌撮影、外部セミナーなどの活動中。
ナチュラル可愛いを得意とし、誰でも挑戦しやすい簡単お洒落を提案します。
Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル