そのクレンジング、間違ってない?正しくメイクを落として美肌に♡

モテ子
モテ子
ケチって損してない?

photo by Fotolia.com

メイクをしている女性なら、クレンジングは毎日の日課になっているでしょう。クレンジングせずに寝てしまった方の中には、きちんとメイクを落とさないと肌の調子がイマイチ…というご経験もあるのではないかと思います。クレンジングは、肌のためにも大切なのです。しかし、勘違いしがちなNGクレンジング方法もあります。知らず知らずのうちにNGクレンジングが習慣化してしまっているようなら要注意!正しくメイクを落として、美肌を目指すようにしましょう。

NGクレンジングチェック!

photo by Fotolia.comv

日焼け止めだけの日は洗顔だけにしている

こちらは必ずしもNGではありませんが、要注意事項です。この時期欠かせなくなる日焼け止めですが、アイテムによってはクレンジング剤が必要となります。「洗顔料で落とせる」と明記されているものはOKですが、「専用クレンジング使用」と書かれているものの場合はクレンジングしましょう。洗顔料だけでは落とせないので、肌に日焼け止めが残り、乾燥や肌荒れの原因になってしまいます。

ちなみにナチュラルメイクの日にクレンジングをしないという声も聞きますが、こちらはNGです。ファンデーションなどのメイク用品は粉や油を含んでいるものが多く、空気中の汚れや肌の皮脂を吸収して酸化します。これがニキビの原因になったり、シミやくすみにつながったりするのです。ナチュラルメイクの日も、クレンジングするようにしましょう。

クレンジング剤を少なめに使用している

クレンジング剤は肌にあまり良くないということを聞いたことがあるかもしれません。クレンジング剤は、メイクを油性成分で浮かせて、浮いた汚れを水と混ぜて流せるようにしています。水分と油分を馴染みやすくさせるため、界面活性剤を配合しているのです。界面活性剤は肌に悪いというイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、クレンジングには必要な作用でもあるので、一概に悪いとは言えないのです。

そんな肌に悪いというイメージが先行して、クレンジング剤を少なめに使用している方、これはNGです。肌への負担を少なくしたいという意図があるかもしれませんが、クレンジング剤の量が足りないと、逆に摩擦で肌を傷めてしまう恐れがあるのです。抵抗感がなくスルスルと滑らせるようにするのが理想的。その量はアイテムによって異なるので、説明書きに記された量を守るようにしましょう。

パックのように使用している

肌に良い成分が含まれているクレンジング剤もたくさんありますよね。こうしたアイテムを見ると、「ついでにパックしてみようかな…」なんて思ってしまうことも。しかし、これもNGです。クレンジング剤は洗い流すことが前提として作られていますので、不用意に長時間肌に乗せるのは避けましょう。また、丁寧にクレンジングするのも大切ですが、ゆっくりとマッサージをするなど、時間をかけすぎるのは考えものです。メイクが落ちたら洗い流すようにしてください。

メイクが落ちるように力を入れて洗っている

こちらもNGです。メイクがしっかり落ちるようにと、無意識に力を入れやすいので気を付けてくださいね。肌を強く擦ると色素沈着の原因になってしまいます。ファンデーションなどと優しく馴染ませるようにして。指の腹を使うと力が入りやすいので、手のひら全体を使うのがコツです。アイメイクなどは特に気になるかもしれませんが、落ちにくいと悩んでいる方はポイントメイク落としを使用してみましょう。濃いめのアイメイクの時でもスルッと落ちやすいのでおすすめですよ。

NGクレンジングになっていなかった?毎日の習慣を見直して

photo by Fotolia.com

勘違いしがちなクレンジング方法を挙げてみましたが、あなたはNGクレンジングをしていませんでしたか?良かれと思ってやっていることが、実は裏目に出ることもあります。すっぴん美肌があってこそ、メイクもよく映えます!毎日のNG習慣を正して、より美しいあなたを目指しましょう。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル