イエベさんもブルベさんも!「鬼門色」を使いこなす方法とは

モテ子
モテ子
私レベルになると、どんな色でも似合うから逆に困るわ。

photo by Fotolia.com

メイクアップをする上で、日本人の肌の色は大きくイエローベースブルーベースに分けられることが多いです。それぞれ似合う色が異なるので、自分に合ったアイテムを見つけるための目安にもなります。ただし、似合う色があるのとは逆に、肌の色から浮いてしまう「鬼門色」もあります。でも、苦手な色だからこそ憧れてしまうことも…。そんな方のために、「鬼門色」を使用するコツをお伝えします。

関連記事

イエベとブルベ、それぞれの苦手なカラーって?

photo by Fotolia.com

まずはイエベとブルベの得意カラーと苦手カラーを解説していきます。

イエローベースは、その名の通り黄みがかった色をしています。馴染みが良いのは、やはり黄みがかったカラー。オレンジやグリーン、イエローなどポップな色合いが得意です。逆に、青みがかった色味は苦手なことが多いでしょう。ブルーやパープル、ボルドーなどがそうです。

ブルーベースはイエローベースの逆だと考えてください。肌の色は青み系のピンクがかった色であったり、血管が透けるような色白であったりすることが多いです。ブルーやパープル、ボルドーなどは得意ですが、オレンジやグリーン、イエローなどは苦手です。

苦手な色味を無理矢理使うと、肌から浮いて「メイク下手」に見られてしまったり、ともすれば「体調が悪いのかな…?」と思われてしまったりすることもあります。苦手なカラーだからこそ、気軽に使えなくて憧れる気持ちも出てきますよね。上手に取り入れるコツを身につけましょう!

イエベさんバージョン

まずはイエベさんから解説していきます。「鬼門色」を使う時のポイントは、コントロールカラーで土台となる肌色を整えておくことです。パープル系のコントロールカラーを顔全体に塗ってみて。透明感アップも狙えます。

ブルーやパープルを使用するのはアイカラーである場合が多いかと思います。この時は、まぶたにもパープル系のコントロールカラーをしっかりと塗りましょう。その上で、シアーな発色のアイカラーをブラシでふんわりと乗せてみてください。さらに、締め色にはブラウンを使うこと。ブラウンはイエベさんに肌馴染みが良い色味です。ブラウンと組み合わせることで、ブルーやパープルの青みをカムフラージュしましょう。

ボルドーはチークやリップでも使用するかと思います。この時、発色が良いものを選ぶと「メイク下手」に見えてしまいがち。やはりシアーな発色のものを使った方が良いでしょう。チークはパウダータイプ、リップはグロスタイプがおすすめですよ。チークはサッとひとハケするようにして塗り、仕上げに白いお粉を叩きましょう。ベージュ系のお粉を使うよりも自然に仕上がります。また、リップはチューブタイプのものを選ぶと、シアーなものが多いです。ツヤ感でカムフラージュしつつ、ボルドーリップのニュアンスを楽しみましょう。

ブルベさんバージョン

ブルベさんもコントロールカラーを使用します。グリーン系のものでイエベさんの肌に近づけて。

グリーンやイエローはアイカラーの場合が多いでしょう。やはり、まぶたにもグリーン系のコントロールカラーを塗るのが大切です。アイカラーはシアーな発色のものを選び、まぶたに広く塗りすぎないのがコツ。二重幅を目安に入れると良いでしょう。締め色はブラウン系にして。アクセントカラーのようにして楽しむと良いですよ。

一方、チークやリップでも使うのはオレンジ。オレンジを使用したい時は、色選びも重要になってきます。ミルキーオレンジやコーラルオレンジを使うと、肌からも浮きにくいですよ。色選びをしっかりとすれば、シアーな発色でないものでも楽しめることが多いです。キュートポップなメイクにしてみましょう。最後の仕上げはベージュ系のお粉を使用すると良いですよ。

仕込みから仕上げまで、こだわるのがポイント

photo by Fotolia.com

苦手な色味を使用する時は、コントロールカラーを使って仕込んだり、お粉の色味でナチュラルに仕上げたりと、ベースメイクにしっかりとこだわるのがポイントです。濃いめの苦手カラーにチャレンジしたいという方は、ファンデーションをちょっと変えてみるのもおすすめ。イエベさんはブルベっぽい色味のファンデを使って肌色を調整するのです。ブルベさんはイエベ寄りのファンデを。ただし、やり過ぎると不自然になってしまうので、顔全体を鏡で見て、ファンデの色味が浮いていないかを確認してくださいね。

隣の芝生は青く見えるものだけど、苦手な色味もチャレンジしてみたい…。その気持ち、とても分かります。ひと工夫して、いつもとは違ったカラーを使ってみてくださいね。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル