旬のUQ三姉妹☆永野芽郁さんメイクに挑戦!

モテ子
モテ子
あの透明感、只者じゃないわね。

3回に渡ってご紹介しているUQ三姉妹の女優メイクも今回がいよいよ最終回。ラストを飾るのは、連続テレビ小説『半分、青い』のヒロインを熱演中の永野芽郁さんです。永野芽郁さんは飾らない笑顔が親しみやすく、老若男女に好かれるタイプの美人さんですよね。
今回はそんな彼女のメイクを攻略し、実際にメイクをしていきたいと思います!※これからご紹介するメイクはモノマネメイクではなく、ご本人の特徴に寄せたメイクです。

連載(全3回)

デビューは小学校三年生!意外と芸歴が長い永野芽郁さん


現在18歳の永野芽郁さんは小3のときにスカウトがきっかけで芸能界デビューを果たしており、もう10年近い芸歴を持つベテラン女優。なんと、2010年~2016年まではファッション誌の専属モデルもされていたんです。あんなにキュートでスタイルもバツグンだなんて、もう無敵ですよね♡

【目元】


A.眉尻短め・上向き眉
永野さんの眉は黒々とした上向きストレートで、眉尻はほとんど描き足さず、とってもナチュラル。通常、吊り上がった眉毛はキツそうな印象を与えがちですが、永野さんの場合は眉と眉の距離をやや離しているため、柔和な印象がキープできているのです。彼女のようなバランスがお好みなら、眉頭を目頭の位置と合わせるのがおすすめ。眉頭の毛を剃るのはちょっと…という人はコンシーラーで自眉を消すといいですよ!

B.アイライナーは目尻側太め
まずは、黒のアイライナーを使って目頭から目の輪郭に沿うように目尻まで引き、目の印象を強くしましょう。続いて、目尻側にネイビー系のカラーライナーをやや太めに重ねます。目を開けたときに目尻にネイビーの色味が出ていればOK。

C.涙袋はぷっくり大きめ
永野さんのチャームポイントといえば、ぷっくり大きな涙袋。涙袋があるだけで、目が大きく見えたり、親しみやく可愛らしい雰囲気が作れたり、目の下から口元までの距離が短くなって小顔に見せる効果もあるんです。涙袋メイクは、下まぶた全体に明るめのカラー(ホワイト・ベージュ・ベビーピンクなど)をのせ、お好みの位置に淡めのブラウンシャドウで影を入れるだけ。

D.マスカラは根元から扇状に
永野さんはビューラーでまつ毛を根元からグイッと上げて、マスカラは扇状にセパレートさせるように塗っています。特に黒目上のまつ毛がキレイに伸びていると、目と眉の距離が近く見えてデカ目効果あり。

【チーク】


E.チークは気持ち広範囲に
永野さんはオレンジ~コーラル系のチークをこめかみから鼻横までやや広めに入れており、親しみやすく可愛らしい印象を強めています。ただ、チークを広範囲に入れることでデカ顔になるリスクもあるため、黒目の中央よりも内側には色をのせないように気をつけてくださいね!

【唇】

F.コンシーラーで唇の隅をカバーし、口角を上げる
口角がキュッと上がった永野さんの唇はとってもチャーミング。口角が下がり気味という人は、唇の隅をコンシーラーでカバーし、リップライナーで理想の口角を作っちゃうのがおすすめです。口角が上がるだけで一気に若々しい印象になりますよ。

【ノーズシャドウ】

G.鼻の付け根にノーズシャドウを
永野さんの鼻は鼻翼が大きめですが、鼻筋はシュッとしていて好バランス。このような鼻筋は、鼻の付け根から目頭の高さまで、狭めにノーズシャドウで影を入れることで簡単に作れます。ノーズシャドウを鼻全体に入れると鼻が長く間延びして見えることもありますが、この方法ならそんな心配もご無用です!

【ハイライト】

H.ハイライトで立体感を
永野さんは眉間の下のややくぼんだ部分にハイライトを入れ、自然に鼻を高く見せています。欧米人のような高鼻が理想なら、この部分のハイライトはマスト!また、唇の中央にハイライトをのせ、ツヤ感を演出しているのもステキですね。

永野芽郁さんから目が離せない!

今、世間が大注目している永野芽郁さんは、若手NO.1とも呼び声高い実力派。劇中の真剣なまなざしとバラエティなどで見せる無邪気な笑顔のギャップにノックアウトされている人も多いはず。これからのご活躍もますます楽しみですね!

Author

熊谷真理
熊谷真理美容ライター、美容系インスタグラマー
ニューヨーク近郊在住のコスメコンシェルジュ。1児のママ。Instagramのフォロワーは2万人超。とくにコンプレックス解消のメイクテクには定評あり。【Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル