夏のお疲れ肌に…初秋のレスキュースキンケア

モテ子
モテ子
シミやシワが現れてからじゃ遅いわよ。

photo by Fotolia.com

春夏秋冬で言えば、比較的肌の調子が整いやすい秋。気温や湿度が安定し、過ごしやすくなるからです。しかし、夏のダメージが残っている点には要注意。夏のように皮脂が出やすいということがない分、際立った肌トラブルは見受けられないかもしれません。だからといってスキンケアをないがしろにしていると、夏に蓄積したダメージが将来シミやシワとなって現れるかも…!そういった事態を避けるためにも、初秋のケアは重要なのです。筆者おすすめのアイテムを交えつつ、この時期のスキンケア方法をご紹介します。

初秋に必要なスキンケアはどんなケア?

まずはどういったスキンケアが必要なのかをご説明します。夏のダメージで気になりやすいのが紫外線。紫外線といえば一番に日焼けを思い浮かべる方も多いでしょう。確かに、夏に受けた紫外線ダメージはシミの予備軍になってしまいます。だからこそ、美白ケアは積極的に行っていきたいところ。

ただし、紫外線ダメージは日焼けだけではありません。肌の弾力を低下させ、シワやたるみの原因にもなります。また、肌の角層部分にある水分が減少して、肌荒れを起こしてしまうことも…。秋から冬にかけて徐々に乾燥した季節になって行くので、夏のダメージと相まって目元や口元がカサついて来ることもあるのです。つまり、過ごしやすい秋だからと油断せず、保湿ケアをしっかりと行うことも大切だということ。
美白ケアと保湿ケアを中心に、夏のダメージ肌を整えていきましょう。

将来のシミを作らないために…美白ケア

まずは美白ケアから。美白化粧品はシミができてから使ったら良い、というように考えている方も少なくないようです。美白化粧品は、肌の中にあるメラニン色素が作られるのを抑える働きがあります。よって、シミができてから使用するよりも、シミができる前に予防として使う方が効果的なのです。ちなみに、初期のシミには美白化粧品も効果が期待できるとされていますが、完成してしまったシミを完全に解消するのには限界があるといわれているのが現状です。まだシミがないからといって油断は禁物。この季節だからこそ、夏に蓄積した紫外線ダメージ対策を行いましょう。

ホワイトニング化粧水Ⅱしっとり、ホワイトニング乳液Ⅱしっとり/ファンケル


ファンケルのこのシリーズは、肌ダメージのスタート段階で、シミのもとを先行ブロックしてくれます。また、肌内部にある酸化したビタミンCをよみがえらせる働きもあります。シミを作りたくない方に、日常使いでおすすめしたいアイテム。乾燥ぐすみにもアプローチしてくれますよ。この時期は保湿ケアもしたいのでしっとりタイプをご紹介していますが、脂性肌の方や、さっぱり感を好む方は、さっぱりタイプを使ってみてください。

筆者自身がおすすめしたい美白化粧品は比較的高価なものが多いのですが、こちらは化粧水・乳液ともに1,700円(税抜、編集部調べ)と続けやすい値段なのも嬉しい点。デイリー使いするものだからこそ、コストパフォーマンスも重視したいですよね。

メラノシールド マスク/HAKU

疲れた肌が特に気になるという方は、スペシャルケアとしてパックを取り入れるのがおすすめです。1枚1,620円(税込、編集部調べ)と高価なのですが、パックを剥がした時の透明感に感動するはず…!毎日は難しくても、紫外線ダメージが気になっている方は、時々使ってみてはいかがでしょうか。2種類の有効成分が角層の奥までぐんぐん浸透します。

さっぱり透明タイプ 白のルルルン/ルルルン

こちらはお求めしやすい価格帯のシートパック。32枚入りで1,500円(税抜、編集部調べ)です。7枚入り400円(税抜、編集部調べ)もあるので、お試ししたい場合にはぜひそちらを!

化粧水感覚で使えるルルルンのシートパックですが、週に2、3回使ってもOK。4種類のビタミン配合で、夏のダメージ肌にアプローチします。

この季節だからこそ!重視したい保湿ケア

保湿ケアがこの季節に大切だということは前述しました。できれば美白ケアと並行して行いたいので、プラスアルファで美容液などを使うのがおすすめです。

リンクルケア 濃密潤い美容液/肌美精

肌美精 リンクルケア 濃密潤い美容液 30mL

¥799

※最新の情報は商品ページをご確認ください商品をチェック
www.amazon.co.jp

加齢ではなく乾燥による小ジワにアプローチできる美容液。目元や口元が気になりやすいので、ピンポイントで使えるのが嬉しいですね。多くの保湿成分がギュッと詰め込まれていて、夏のダメージケアにぴったりです。

コストをかけずに高保湿ケア

最後におすすめしたいのが、コットンパック。しっとり系の美白化粧水をコットンに浸して、顔全体に貼り付けましょう。コットンがパサついている状態はNG。コットンがしっかりと濡れるまで化粧水を浸してくださいね。節約したい場合は、最初に水でコットン全体を濡らし、手のひらで軽く水気を切ってから化粧水を浸透させてください。

ひたひたになったコットンを、空気が入らないように顔全体に密着させます。目と鼻、口元は避けましょう。

注意したいのは乗せておく時間。水には、水分が少ない方に移動する性質があります。肌が十分にうるおった状態でコットンパックをすると、逆に乾燥してしまう恐れがあるのです。コットンの種類にもよりますが、3~5分程度が目安。10分以上置いておくのは避けましょう。

コットンを剥がしたら、手のひらで化粧水を馴染ませて。その後、乳液やクリームなどでケアをしましょう。コストをかけずに高保湿ケアができるのでおすすめ!これなら毎日取り入れやすいですよ。

夏のダメージは早めにリセットしてあげよう

夏のダメージは、放っておくと将来の老化にもつながってしまいます。今だからこそ大切にしたい美白ケアと保湿ケア。夏が終わったからと安心せずに、ダメージをリセットするようにしてあげてくださいね。今きちんとケアするかどうかが、あなたの将来を左右するかもしれません…!

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル