【美容師監修】黒髪でも!簡単あか抜けヘアはハイライトで叶う☆その魅力を徹底解説!


スタイリスト飯塚さん
即効であか抜けたい人なら、ハイライトは本当におすすめです!

photo by Fotolia.com

ヘアカラーでイメチェンをしたい時に、髪の色を全て変えないとあか抜けないと思っていませんか?でも、ベースのカラーに「少し」「さりげなく」入れるだけでガラリとイメージを変えられる方法があるのだとか!今回は、入れるだけで簡単にあか抜けられるというハイライトの魅力をスタイリスト飯塚さんに教えていただきました。

ハイライトとは…

ハイライトは、ベースのヘアカラーとは別に、主にホイルを使ってラインでカラーを入れることで、髪全体を立体的に見せることが出来るスタイルです。

魅力① 自分にピッタリのスタイルが完成する

ハイライトの一番の魅力は、基本的に一色で統一してしまうヘアカラーとは違い、その人の希望やなりたいスタイル、長さに合わせて、入れる本数や太さ、場所を調整できるので、自分の好みにピッタリ合ったスタイルを完成させられることです。

魅力② 簡単にあか抜けることができる

ハイライトを入れたスタイルの一番の特徴は、髪が立体的に見えること。この立体が、ここ数年主流のゆるくほぐすスタイルにマッチしてその魅力を引き立てるので、同じアレンジをしていても、ハイライトを入れている方が格段にあか抜けて見えます。逆にタイトなアレンジが流行した場合には、その魅力は感じられないかもしれませんね。

また、最近は外国人風のヘアカラーが大人気☆ 実は、その完成度を左右するのもハイライトなんです。実際にブロンドヘアが自毛の外国人の方は、グラデーションカラーやハイライトカラーを施していることが多いため、ベースのヘアカラーにハイライトを入れることで、一気に完成度が高めることができます☆

魅力③ ガラッとイメチェンなのにダメージが少なめ

イメチェン度が高いハイライトですが、全頭のカラーやブリーチに比べるとそのダメージは少なめ。それは、ブリーチする髪がラインを入れるポイントだけで済むからなのです。そのため、ベースの髪色がナチュラルなカラーの人はもちろんのこと、黒髪の人でも挑戦しやすく、ベースの髪色を残したままイメージをガラッと変えることができます。

流行のハイライトは大きく分けて2つ

がっつりイメチェンしたいなら「外国人風ハイライト」

photo by Fotolia.com


ハイライトといえば鉄板は外国人風カラー。外国人風カラーは、毛先を全てブリーチにして、さらに全体にグラデーションハイライトを入れる方が多いのだそう。配色は、根元の色と毛先の色を塗り分けたり、同じ色味でグラデーションにしたり、どちらのスタイルでもOK☆ アッシュなどで同じ色を重ねた場合でも、ラインの部分は先に色を抜いてあるので他の場所とは色の入り方が変わり、全体に自然なグラデーションが出来上がります。

さりげなくあか抜けたい人には「シークレットハイライト」

photo by Fotolia.com


外国人風カラーが流行る一方で、「やりすぎはNG、でもさりげなくイメチェンしたい」という人達からじわじわと人気なのが「シークレットハイライト」や「ノーブリーチハイライト」と呼ばれるハイライトカラー。これは、ブリーチでラインを入れるのではなく、カラーの一番明るい色や、色がほとんどないカラー剤に暗めの色を重ねてラインを入れる方法で、光が当たった時にさりげなくラインが透けるようなハイライトの入れ方です。この方法でハイライトを入れると、ブリーチではないので色が抜けにくいというメリットもあるのだそう♪

ストレートヘアでも可愛く変身☆

ハイライトは、髪全体にラインが入っているので、髪を巻くなど毛の流れに動きがあった方が、内側に入ったラインがのぞいて断然可愛くなります。ですが、ストレートスタイルでもグレージュなどの黒めのカラーや、表面のラインを多めにするなど、ハイライトを映えさせる方法はあるのだそう☆ぜひ、美容師さんに相談してみてくださいね♪

ハイライトのケアは?

パサつき厳禁!ツヤ出し重視

せっかく手軽にあか抜けヘアが叶うハイライトも、その後のケアが行き届かず、髪が傷んでパサついていると魅力が半減しまいます。毛先にヘアオイルを塗るなど、ツヤを出すように意識しましょう。あと、メイクをするのもお忘れなく☆

黄みもNG!紫シャンプーがおすすめ

また、ブリーチした部分が黄み掛かってくると紙一重でヤンキーのような印象に…。それを防ぐためには紫シャンプーを使うように美容師さん達は勧めているのだとか。色が白っぽくキレイに抜けるので、いつまでも上品な色味をキープできるそうですよ。


スタイリスト飯塚さん
エヌドットの紫シャンプーは、比較的コスパが良く、シャンプーの他にトリートメントもあってラインで揃えることができるので、おすすめです。ちなみにシルバーもあるので、髪の色味によって美容師さんに相談してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。ハイライトは根元の髪が伸びても雰囲気が変わらず、また、色が抜けているので、次のカラーをすると、またそのカラーのハイライトが生まれます。そのため、一度入れておけば、カラーする度に楽しめるのも魅力のひとつだそう。ただし、ショートヘアではメッシュのようになってしまうので、おすすめはボブ以上の長さがある人なのだとか。ヘアカラーにマンネリ化してきていた人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

text:MotecoBeauty編集部

Author

飯塚駿
飯塚駿フリーヘアスタイリスト
25歳でフリーランスとして独立。
南青山でのサロンワークを中心にヘア雑誌撮影、外部セミナーなどの活動中。
ナチュラル可愛いを得意とし、誰でも挑戦しやすい簡単お洒落を提案します。
Instagram

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル