効果バッチリ!プチプラコスメで小顔に変更

モテ美
モテ美
小顔メイクって、ダイエットするより簡単♡

小顔って永遠の憧れですよね。でも、私は顔が大きいから…と諦めていませんか?そんなあなたの味方になるのが、お財布にやさしいプチプラコスメ。ハイライトとシェーディングを上手く使えば、自然に小顔をメイクできるのです。そこで今回は、プチプラコスメを使った小顔メイク術をご紹介します。小顔メイクをすれば、引き締まった顔に見えて、顔痩せ効果もあるのです。ぜひ試してみてくださいね。

おすすめのプチプラ小顔コスメ

まずは、おすすめしたい小顔コスメをご紹介します。高価で良いものもありますが、初心者さんにはなかなか手が出しにくいもの。まずはプチプラコスメからチャレンジして。

マスターストロビングスティック/メイベリンニューヨーク

初心者さんでも馴染みよく簡単に使えるスティックタイプのハイライト。パウダータイプだと浮いてしまうこともあるのですが、こちらは内側から発色しているかのような仕上がりに。直塗りしても良いですし、指に取って塗ってもOK。直塗りする際も、塗りたい場所にポンポンと乗せて、指で伸ばすようにすると自然です。

「ヌード」と「ピンク」の2色展開で、なりたいイメージによって選べます。「ヌード」はヘルシーな印象になり、どちらかというとイエローベースの方に向いています。「ピンク」はブルーベース向きで、血色感をアップさせます。

シェーディングパウダー/キャンメイク

シェーディングでおすすめしたいのはこちら。2色展開ですが、「03 ハニーラスクブラウン」は薄づきで使いやすいですよ。平筆付きで、広い面はもちろん、ブラシを立たせれば細い部分にも使用できます。ブラシで陰影をつけた後で、指の腹で軽く払うようにすると、わざとらしさが出ません。きちんとボカしたい場合はブラシをしっかりとティッシュオフし、境目をなでるようにしてみてください。溶け込むような発色なので、簡単にナチュラルメイクに仕上ります。初心者さんにもおすすめです。

小顔メイクHow to

ここからは、どこにハイライトやシェーディングを塗れば良いのかを解説していきます。ここに塗れば小顔効果バツグン!という塗り方なので、真似するだけでOK。立体感も出るので、純日本人顔にありがちなのっぺり感をカバーすることもできますよ。

ハイライトはイラスト左の通り、鼻筋、頬骨、上唇の山の上、顎です。ハイライトを入れるとその部分がふっくらして見えます。基本的には、顔の凸部分に入れると覚えておくと良いでしょう。鼻に入れる時は、鼻先より少し上で止めるのがポイント。小鼻が目立って見えてしまわないためです。また、上唇の部分はリップメイクをする前に塗りましょう。ハイライトは付けすぎるとテカりにも見えてしまいます。適度な塗りを心がけることを忘れないで。

シェーディングはイラスト右の部分に入れます。額の両側、フェイスラインの両側、鼻の付け根横です。額とフェイスラインに入れるのは、顔の余白を小さく見せるためです。これがかなり小顔効果を発揮するのですが、塗りすぎは禁物。わざとらしいメイク感が出てしまいます。指やブラシでボカすようにしましょう。鼻の付け根に塗るのは、立体感を出すため。ちょこんと乗せるだけで、鼻が高く見えちゃうんです。

プチプラコスメで小顔は叶う!簡単テクを身につけて

このように、憧れの小顔は簡単テクニックでメイクできるのです。プチプラコスメを上手に使えば、コスパ良く顔痩せを叶えられます。また、ハイライトとシェーディングをW使いすることで、小顔と立体感を手に入れることができます。難しそうと敬遠していた方も、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?きっとあなたの必須アイテムになるはず♡

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル