骨格だからと諦めないで!顔のお悩みをメイクで解決する簡単テク

モテ子
モテ子
顔面からドSオーラが出てるから、まずはそれを消したいわ。

人それぞれコンプレックスはさまざま。メイクをする際にも、つい気にしてしまいますよね。今回は、骨格だから仕方ない…と諦めがちな3大コンプレックス「目が離れている」「おでこが広い」「顔のパーツが中央に寄り気味」をピックアップ。実はこの3つ、メイクで簡単に解決できるのです!この機会に、コンプレックスをカバーするテクニックを身につけましょう。

目が離れている場合

眉と目が離れていると、顔の横幅が広く見えます。ぽっちゃり顔に見られてしまうというお悩みも持ちがちなのが、このタイプ。優しげな印象なのですが、時には「頼りなさそう」と感じられてしまうことも。

おすすめの解決策は、アイブロウメイクを変えてみること。目頭よりも2、3ミリほど内側に眉頭が来るようにしてみてください。これだけで、キュッとシャープな印象になりますよ。眉頭を足すのは難しそうに思われがちですが、ペンシルアイブロウで丁寧に1本1本描き足すようにすればOK。

さらに、眉山の位置を数ミリ程度上げてみましょう。眉頭から眉山までの角度を若干キツめにするイメージです。こうすると、顔の縦幅が強調されて見えます。横幅の広さを自然にカムフラージュできるので、ぜひ試してみてください。

おでこが広い場合


おでこが広い方は、パーツの位置が下がって見えます。大人っぽく見られる特徴でもあるのですが、逆にそれがコンプレックスだという方もいらっしゃるでしょう。

簡単にカバーできるのは、シェーディングを使用する方法です。髪の毛の生え際がこの辺りにあれば良いな、という位置からシェーディングを入れてみましょう。そうすると、おでこの広さが目立たなくなります。

シェーディングは便利なのですが、一歩間違えると不自然になりがち。地肌に対して濃すぎる色味を使うと、くすみのように見えてしまうこともあるので注意しましょう。肌色よりも2、3トーン暗めのカラーが理想です。また、何度も重ねすぎず、ブラシでササっと軽く乗せていくのがナチュラルに仕上がるコツ。

顔のパーツが中央に寄り気味の場合


パーツが真ん中に寄っている顔は、求心的な顔だといえます。キュッとシャープな印象にも見えるのですが、「神経質そうだな…」と思われてしまうこともあります。また、顔の外側のスペースが広く見えるのも悩みの種になりがちです。

おすすめしたいのが、vの塗り方を変えるもの。ファンデーションを均一に塗ると、膨張して見えます。顔の余白も強調されてしまうのです。中央部分にしっかりと塗り、外側に向かって薄づきになるようにしてみましょう。ファンデーションを塗った部分は明るく見えるので、顔の外側部分が暗くなり、地肌を活かしたシェーディング効果が。ナチュラルに、顔の余白をカバーできるのです。

リキッドファンデーションの場合、中心から外側に向かって伸ばし、輪郭部分はスポンジでボカすようにすると自然な仕上りになりますよ。

ちょっとしたテクニックでコンプレックスカバー!

骨格だからと諦めがちなお悩みも、ちょっとした工夫でカバーできます。お顔の印象がグンと変わるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル