甘くて大人な印象に♡ワントーン秋メイク~ピンク・オレンジ・レッド~

モテ子
モテ子
アイシャドウ、チーク、リップに使える多機能コスメを使えば、時短&節約にもなるわね。

今年トレンドのこなれ感のあるワントーンメイク。でも、全てのポイントメイクを1色でそろえるのはバランスが難しそう…と思っていませんか?そこで今回は、ピンク・オレンジ・レッドそれぞれのワントーンメイク方法をご紹介します。テーマは「秋」。今の時期にぴったりです!

ピンクのワントーンメイク

出典:著者撮影

まずはピンクのワントーンメイクから。ピンクは甘すぎメイクになりがちなので、メリハリをつけましょう。

アイシャドウはピンク系にローズ系カラーをちょっとだけブレンドしてみて。ピンクアイシャドウは腫れぼったくなりがちですが、こうすると回避できますよ。塗る範囲は二重幅より若干狭めくらいでOK。ちょっぴりダークさがプラスされ、秋らしい雰囲気になります。

逆にリップは明るめピンクを!ただし、マットな質感のものをセレクトしてみましょう。色合いはキュートだけど質感でそれを抑えるイメージです。

チークはダスティピンクをサッとひとハケ。色味が主張しないようにするのが、大人っぽさを出すコツです。

さらに、眉マスカラを使って明るめブラウンでアイブロウを仕上げると、バランスが良くなります。

オレンジのワントーンメイク

出典:著者撮影

次に、オレンジです。マット系オレンジアイシャドウを広めに塗ってください。そして、ダークブラウンのアイシャドウで目元を引き締めます。さらに、そのダークブラウンを下まぶた1/3程度に塗り、深みを出しましょう。夏のイメージが強いオレンジですが、一気に秋らしさが出ます!

チークはマットなパウダータイプを、リップメイクはダークなオレンジグロスをオン。ちょっぴりビターな大人オレンジメイクの出来上がりです。写真ではオレンジ系のアイブロウパウダーを使用していますが、オレンジチークでも代用できますよ。

レッドのワントーンメイク

出典:著者撮影

最後にレッド系。少しクールなイメージにしてみましょう。レッド系アイシャドウは腫れぼったくなりがちなので、アイホール全体にベージュアイシャドウを塗った後、目尻1/3のみにカラーを乗せます。指の腹でボカすようにしてみて。さらに、流行の囲み目でキリッと仕上げます。

リップはツヤ系のルージュを。唇の山をしっかりと描くようにするのがコツです。チークはほんのり色づくものを使って。パウダー系を使うとOK。また、オレンジ系同様アイブロウもレッドにそろえています。こなれ感が増すのでおすすめです。

あなたはどの色で攻める?この秋はワントーンメイクで!

ピンク、オレンジ、レッド。ワントーンメイクには、どれもバランスが大切です。どんな表情になりたいかをイメージしながら、上記のメイク方法もぜひ参考にしてみてくださいね。この秋はワントーンメイクで攻めちゃおう!

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル