この色どう使えばいいの?リップパレットの全カラーメイク法

モテ子
モテ子
使っていなかったリップもこれで蘇るわね。

リップパレットって、たくさんのカラーがセットしてあり、パレット一つあれば毎日違ったリップメイクができて便利ですよね。しかし、ちょっと難しい色味が入っていて困った経験はありませんか?今回は、プチプラなリップパレットを例にメイク法をご紹介します。これで全色攻略できるかも…!?

使ってみたリップパレットはこちら!

出典:著者撮影

今回は、DHCの「リップトライアルモイスチュアケア リップスティックEX 6色セット」を使ってみました。トライアルセットですが、さまざまな色味が入っていてとても便利!?400円(税抜、編集部調べ)とお手頃です。2色展開で、今回は「B ピンク・ローズ系パレット」を使用してみました。

出典:著者撮影

ピンクやローズなども入っていますが、比較的暗めな色味が多いです。ダークカラーは使いにくそう…と思っている方もいらっしゃるでしょうが、これを使いこなすコツをご紹介します。

ナチュラルピンクはそのままで♪

出典:著者撮影

まずはPK102から。こちらは馴染みの良いピンクで、そのままでも使いやすいかと思います。落ち着いた色味なので職場でもOK。

思い切りキュートに!

出典:著者撮影

次はPK103。青みがかったキュートピンク。モテ色なので、デートにも使えます。
このキュートな色合いを活かしてみましょう。透明グロスを唇中央部分にのみ重ね塗りしてみて。写真右のような感じで、ぷるんとした唇になります!

グラデーションリップに

出典:著者撮影

RS106は、塗るとそんなに暗くないものの、青みが強く出ます。
青みが苦手な方は、グラデーションリップにするのがおすすめ。あらかじめコンシーラーで唇の輪郭を消しておき、中央部分にのみリップを塗ります。外側に向かってちょっとずつ塗り広げたら、指の腹でポンポンとなじませましょう。青み感が薄くなり、こなれた印象に。

色を混ぜて使ってみて

出典:著者撮影

WN107。暗めの大人カラーになりますよ。
暗い色味が苦手な方は、リップカラーを混ぜてみましょう!手軽に混ぜられるのも、リップパレットのメリットです。この写真ではPK102を混ぜています。絶妙なピンクカラーに変身!

ラフな血色感を

出典:著者撮影

次はRD110です。キリッとした印象のクールレッド。
濃いめ発色なので、ちょっとだけラフさを出してみましょう。リップカラーを指の腹に取り、唇にポンポンと乗せて行きます。ほんのりと色づいた感じがナチュラルです。

秋冬らしさを出してみて

出典:著者撮影

最後はBE112。塗ってみるとシアーなベージュで、シーンを選びません。
無難カラーなので、少しだけ個性を出してみましょう。ベージュ系のフェイスパウダーを指で乗せてみました。マットなベージュになり、一気に秋冬感が!質感が変わるだけで印象が違うので、ぜひ試してみて。

リップパレットを使いこなしてオシャレ女子に!

一つあると便利なリップパレットですが、こうして使い方を工夫するだけでいろんな楽しみ方ができます。少し苦手だな…という色味も使いやすくなるのでおすすめですよ。普段と違った塗り方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Author

西田彩花
西田彩花美容ライター
美容薬学検定1級、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)、メイクアップアドバーザー資格保有。
マスコミ系企業に就職中、美容資格をいくつか取得し、美容ライターとして活動を始め、その後独立。
BLOG

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル