そのメイク、時代遅れになってない?【ハーフメイク編】

モテ子
モテ子
顔に陰影をつけすぎるとデーモン閣下よ?

今やテレビや雑誌でハーフタレントやモデルを見ない日はないですよね。パッチリ二重に高い鼻、立体感のあるハーフ顔はいつの時代も多くの女性の憧れの的。そんなハーフ顔に近づこうと思ってメイクをしたつもりが、ケバすぎたりギャルメイクのようになってしまったって経験はありませんか?ひと昔前のハーフメイクといえば、立体感を強調した派手なメイクが主流でしたが、今は透明感のある色素薄い系のハーフメイクが人気。そこで、今回は古臭く見られやすいハーフメイクや、ハーフ顔をつくるコツをご紹介します。ハーフメイクに挑戦してみたい方はぜひ参考にしてくださいね☆

ハーフなの?ギャルなの?古臭いハーフメイクはコレ

ダブルライン・切開ライン

ハーフ顔をつくるダブルラインや切開メイクですが、やりすぎるとハーフ顔ではなくひと昔前のギャル顔になってしまいます。ダブルラインは目頭と目尻だけに描き、仕上げにアイシャドウでラインをぼかすと自然な仕上がりになります。また、切開ラインはくの字を描くのではなく、細めのアイライナーで目頭だけを埋めるようにすると良いですよ。

目と眉近すぎ!ホリ深メイク

ハーフの方ってホリが深く、目と眉の距離が近いですよね。目と眉の距離がある日本人はメイクでその幅を近づけるのがハーフ顔に近づくコツ。しかし近づけすぎも人相が悪く見えてしまう恐れが…。眉は上に足さず下に足すようにして描き、眉の青みが見えるような眉や、骨格を無視した眉を描かないように気をつけましょう。

爪楊枝何本乗る?バサバサまつげ

ハーフの方は長くボリュームのあるまつ毛の方が多いですよね。そこで、束感のあるまつ毛よりも、長さのあるまつ毛を目指しましょう。ブラウン系のマスカラを使うと色素薄い系のハーフ顔に近づけますよ。下まつ毛に塗るのも忘れずに。

ハリウッドセレブ並み!?ノーズシャドウ

シュッとした理想の鼻に見せてくれるノーズシャドウも入れすぎには要注意!近くで見て、ゲッ!と思われているかもしれません…。肌色より少し暗い色を使い、眉頭から目頭の横まで入れましょう。鼻先の丸みが気になる方は、小鼻の先にU字にシャドウを入れるとシュッとしまった鼻先になります。また、鼻筋のハイライトは太く入れてしまうと鼻筋が太く見え、男顔になってしまいます。細めに入れ、やりすぎは禁物です。

ハーフっぽさを出すポイント☆

カラコンでつくれる!なんちゃってハーフアイ

ハーフメイクに欠かせないカラコン。大きすぎたり透明感のないカラコンはギャルっぽく見えてしまいがちなので注意して。色はヘーゼルやグレーといった瞳よりも明るい色のカラコンがおすすめです。

ヘアカラー・ヘアスタイルも重要!

ハーフっぽさを出すにはヘアカラーやヘアスタイルも重要なポイント。ヘアカラーは、グレージュやアッシュといった外国人風カラーによくある赤みがないカラーがおすすめ。ヘアスタイルは、抜け感のあるウェーブ巻きが◎思わず触れたくなるような髪型を目指しましょう。

あなたは何系のハーフ顔を目指す?

いかがでしたか?中条あやみさんのような透明感のあるナチュラルハーフ顔を目指すか、ローラさんのようなハッキリした顔立ちのハーフ顔を目指すかでもメイクは変わってきます。ハーフメイクには、顔が立体的に見える・透明感が出る・大人っぽく見えるなど、良いポイントが盛りだくさん♪今っぽいハーフメイクをマスターして、時代遅れなハーフ顔から卒業してくださいね。

関連記事

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル