冬のデートで試したい。二人で1つの香水選び

モテ子
モテ子
この時期、デパートでキョロキョロする男性を見かけると「冬来たる」と思うのよね。

photo by Fotolia.com

クリスマスシーズンにカップルが目につくのは、気のせいなんでしょうか。それと同時に、プレゼントのリボンをほどいたり、自分用にコフレをあれこれ探したりと、みんなが華やかで優しい気持ちになる季節ではあります。

そして、クリスマスといえば贈り物です。パートナーにガッツリと「これがほしいな♡」と言えたら良いのですが、難しい乙女もいるのでは?そこでクリスマスらしい体験やプレゼントをお探しのカップルにオススメの穴場があります。

それは「デパートの香水売り場」。今回はその4つの理由をご紹介します。

デパートの香水売り場がオススメの理由

1)デパートは「メゾン系フレグランス」の品揃えが豊富

ここ数年「メゾン系フレグランス」と呼ばれるジャンルの香水が増え、デパートでの取り扱いも急増しています。「メゾン系フレグランス」とは、ブルガリやディオールなどの大きなファッションブランドが展開する香水ではなく、小規模なブランドが出している個性的な香水たちのこと。なんか、高そうですよね。そして、まぁ、高価です。なので敬遠していたのですが、ブランドによっては、小さなボトルもあります。10〜30mlで5,000~8,000円くらい。「半分ずつ出して、試しに一緒に使わない?」というチャレンジもしやすいです。

2)「メゾン系フレグランス」はユニセックスな香りも多い


ここが最も「カップルにもおすすめ」できる点です。例えば、ローズとジャスミンの香調でもピリッとスパイシーだったり、バニラの香りなのにスモーキーだったりと、中性的でユニークな香りが多ので、人と被らない「二人だけ」の香りが見つかります。ボトルもキリッと美しい。

3)デパートはじっくり選べる(そしてお店がキラキラ)

全国各地に素敵なデパートはたくさんございますが、どの店頭でも「予算は8,000円以内」や「今日は買わないかもしれない」と先に伝えて、「スッキリしたのが好き」などの香りのイメージをアバウトに相談すると、いろんな香水を出してくれます。

そして、焦らなくてもいいです。購入は考えていなくても「香りの変化を確かめたい」と言って、気に入ったどれかを実際につけてもらって「後日きます」と伝えるだけで十分です。

デパートの接客で萎縮してしまう人も多いはずですが「商品知識をもとに素敵なものを提案する」ことが彼らのお仕事なので、堂々と教えてもらいましょう。

また、個人的には、最近リニューアルした日本橋三越本店(とんでもなく美しいですよ!)や、伊勢丹新宿の本館1Fやメンズ館1Fが特におすすめです。

4)寒い時期こそ香水

乾燥して寒い秋冬は、香水の香り立ちが夏ほどうるさくありません。パンツスタイルは足首、スカートスタイルは体温の低い膝の裏にワンプッシュで十分。そして、マフラーやコートの残り香を楽しむのも良いです。香りって相手のことを思い出しません?

目に見えない「おそろい」がより特別感を演出

ということで、クリスマスにオススメしたい香水選びについてでした。香りは、ジュエリーのような形はありません。でも、目に見えない「おそろい」を身につけて、やがてお互いの「第二の肌」になったら、とてもロマンチックだと思います。

おすすめフレグランス3選

最後に、ごくごく一部ですがユニセックスな香りがあって、小さなボトルを扱うブランドをご紹介します。

ジョー・マローン・ロンドン
ショップがめちゃ多い。ここ数年「プレゼントにフレグランスを!」という宣伝を最も頑張っているブランド。箱も甘すぎず可愛い。

フレデリック・マル
まるで「作り手の見えるこだわり野菜」のように調香師たちの顔と名前を表に出すブランド。10mlボトルもスタイリッシュで素敵。

アトリエ・コロン
香水よりも軽い香り立ちで優しく、香りに個性がある面白いブランド。

Author

ユカワレイ
ユカワレイ美容ライター
都内のデジタル関連企業でディレクターとして働くOL兼ライター。ガジェットや書籍のコラムを書きつつ、頭はコスメと筋トレと水着のことでいっぱい。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル