【プロが選ぶ】デパコス〜キャンメイクまで衝動買いリップを紹介☆

スッピンでもリップさえ塗ればスイッチが入るのは女子の性。筆者は今冬、とくにブラウン&レッドのリップが欲しくてたまらず、ドラッグストアからデパコスまでハシゴしまくって、お気に入りをGETしました!そんなリップ達をご紹介します。

キャンメイクすっっごい!…でも?

今年の秋冬はリップを買いすぎました。きっかけはストレスとキャンメイク。この組み合わせは危ないですよ。新オフィスのなれない化粧室で、自分の顔を見て「何かが足りない」と思っていた矢先に、友達から「良いブラウン系リップがある」と教えてもらったのが、キャンメイクの「ステイオンバームルージュT04」でした。飲み会帰りの夜のドラッグストアで気軽に買える600円というお値段を見て、即決でした。

ところが。なんと「T02」という全然違うピンク色を買ってしまったんです。(テスターの並び順がバラバラだったことが原因。夜のドラッグストアあるある。。)

気を取り直して塗ってみると、淡い発色の青みピンクで意外と良い……!しかも荒れない、持ちもいい。それで600円!キャンメイクさすが!

翌日、本来の目当てだったT04を買いました。こちらも荒れずに程よく色づくのですが、すごくチョコ色なんです。でも、グリグリっと塗っても淡い…むしろほぼすっぴん。ニュアンスは出るので、ブラウン系リップの入門としては素晴らしいですが、ストレスにやられた私としては、もっと毒気が欲しかった。

発色ガツンといったらトム・フォード

そこでトム・フォード・ビューティーです。キャンメイク約10本分のお値段。が、発色が良くて全く荒れないので重宝します。

まず、「ブラウンリップください」とショップでリクエストして紹介してもらったのが「リップカラーマット 34 ウィキッドウェイズ」です。写真の通りガツンとしたモード系な仕上がり。ついでに買った「リップカラー 03 カサブランカ」はローズ寄りのブラウンで、こちらの方が少し艶っぽくて、出番は多いです。とにかく、ブラウン系はトム・フォードの二色で決着がつきました。

なぜか真っ赤にも手を出す

満足してたはずなのですが、トム・フォードの会計時にふと目に入った「ウルトラシャインリップグロス08 ロストチェリー」の真っ赤も、それはそれは綺麗で。見たままの真っ赤な発色です。そうすると今度は薄めの赤も欲しくなり、クレ・ド・ポーの「ブリアンレーブルエクラ08 Fire Ruby」も買いました。パッケージではどちらも濃い赤ですが、塗ると大違い。

クレドは、とても薄づきで、ほんの少しラメありです。そしてバラのほのかな香りに癒やされます。トム・フォードほどの主張をする気分じゃない日は、クレドのグロスがピッタリ。そして、あと一歩だけ濃くしたいな…と思ったら。再びキャンメイクの出番です。「ステイオンバームルージュT03」は真っ赤で、やっぱり5%くらいの淡い発色なので、こちらとクレドを重ねています。黒コーデとよく合います。

今冬リップはブラウン&レッドに決まり!

ということで、2018秋冬はキャンメイクに始まり、トム・フォードとクレ・ド・ポーに吸い寄せられ、結局キャンメイクに戻りました。ブレブレですが、欲しい色のコンセプトはブレなしなので、大満足。ブラウン系と赤系、そして間違って買ってしまったピンクも時々使いつつ、今年の冬を楽しく過ごしたいです。みなさんも、ぜひお試しあれ☆

Author

ユカワレイ
ユカワレイ美容ライター
都内のデジタル関連企業でディレクターとして働くOL兼ライター。ガジェットや書籍のコラムを書きつつ、頭はコスメと筋トレと水着のことでいっぱい。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル