ドライブラッシングダイエットで全身引き締め

モテ子
女磨きしたいなら、まずブラシで全身を磨きなさい。

今じわじわと人気を集めている「ドライブラッシングダイエット」。いわゆる「乾布摩擦」に近い感じと言えば、分かりやすいかも!お風呂で使うボディブラシで、乾いた身体をブラッシングするだけで、血行改善!代謝や冷えも解消されて、美しいボディラインをGETできるとか☆また、角質も取れてお肌がツルツルになるので、美容効果も期待できます!ブラシでマッサージするだけでこんなに嬉しい効果があるのなら、試さないともったいないですよね?だけど、「痩せるブラッシング法」なんてわからない・・・そんなあなたの為に、ドライブラッシングダイエットの方法をお教えします♪

ドライブブラッシングでなぜ痩せるの!?

適度な摩擦で皮膚に刺激を与えることで、血流とリンパの流れが良くなり、新陳代謝が活発になります。これだけでも充分に痩身効果は得られますが、継続することで身体に蓄積された老廃物の塊・セルライトも落とすことができるとのこと!柄の長いブラシを使えば届きにくい背中もケアできるため、下着や水着を付けた時の気になる「ハミ肉」も予防できます。

※ダイエット効果は「適度な摩擦」があってのもの。入浴時や、ブラシを濡らした状態でのブラッシングでは狙った効果が得られないので気をつけましょう。

どんなブラシを選べばいいの!?

植物性のブラシは、敏感な日本人の肌には向いていません。動物の毛でできたブラシを選ぶことをおススメします。

豚毛ブラシ

柔らかめのブラシがお好みの人は豚毛がおススメ。
柔らかいと言っても、ある程度ハリとコシがあるものでないと効果がありません。肌を擦ってみて気持ちがいいと思うくらいのかたさのブラシを選びましょう。

猪毛ブラシ

かためのブラシがお好みの人は猪毛がおススメ。
かたいと言っても、ヤシなどの植物でできたブラシと比べるとあたりはやわらかめ。しっかりとしたマッサージ効果が得られます。

※ブラシを選ぶ時の注意点

柔らか過ぎるブラシでは効果は得られませんが、かたければかたい程良いというわけではないので、お肌の質に合わせて選びましょう。痛いと感じてしまうブラシは選ばないよう注意!継続も困難になる上、肌を傷める危険性もあります。

痩せ効率UP!ブラッシングダイエットの方法

背中の贅肉を撃退!

1.猫背気味に前かがみになり、背中から腰にかけて、やや強めに5回ブラッシングします。

2.背中が終わったら、左右の肩甲骨を両方とも上下に5回マッサージしましょう。

ウエストを刺激してサイズダウンを目指す。

1.片方の腕を上に上げ、腰→ウエスト→腕にかけて数回流します。(終わったらもう片側もブラッシングしましょう。)

2.背中からお腹にかけて腰を左右5回ブラッシングします。

3.お腹を時計回りにクルクルと10回マッサージします。ブラシで刺激を与えることにより、腸の動きも良くなります。

背中のたるんだ肉をバストに集める。

1.片腕を頭を抱えるように上げて、背中から脇を通って胸へと流すようにブラッシングします。

2.バスト周りを外回し・内回し共に5回マッサージします。

デコルテも、お腹の方から首へ、肩から首にかけて各5回ブラッシングすると上半身の血流が良くなるので、バストアップ効果がUPしますよ☆

ふくらはぎや太もものむくみを解消

【コツ】足の先からリンパの流れに沿って、クルクルと小さな円を描くように小刻みにマッサージします。

ふくらはぎ:まず足首から膝にかけて円を描くようにブラッシングし、次に下→上へと真っ直ぐ流します。この時、少し強めにブラッシングすることで、むくみが解消されます。

太もも:膝から足の付け根の方向へクルクルと円を描くようにマッサージします。この時、ヒップもしっかり意識したブラッシングをすると、ヒップアップにも効果的です。お尻と脚の境目のすぐ下から、少し力を入れて持ち上げるようにブラッシングしましょう。

注意点

慣れるまでは、2日に1回程度を目安に行うと良いでしょう。力を入れ過ぎるとお肌が赤くなってヒリヒリしてしまうことも!肌荒れの原因になるので、強くブラッシングしすぎないよう注意してください。

ポイント

ドライブラッシングをすることで、古い角質などが剥がれ落ちるため、ターンオーバーを整えることもできます◎ブラッシング後は、しっかりボディクリームで保湿するのもポイントですよ☆

※アトピー肌やニキビ跡などの傷がある人は、ドライブラッシングは控えましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル