夏美人のカギはバスタイム☆夏こそ入浴が必要な理由

モテ子
シャワーだけで済ませてると痩せやすい体質から遠ざかるわよ。

「暑い日が続いているし、わざわざ湯船につかるのが面倒…。」「仕事で疲れて帰ってきた夜は、シャワーでさっと済ませちゃう。」暑い夏は、バスタイムに湯船に浸からない派の女子も多いのでは?
しかし、お風呂は、冷房や汗で冷えた身体温めダイエット効果美肌効果をもたらす夏の女子の強~い味方!夏に湯船に浸からないなんて、もったいない!
今回は、入浴でキレイを磨く、夏美人の快適バスタイム法をご紹介します。

夏の体調不良、実は「冷え性」が原因だった!

01「夏に冷え性?」と思う人も多いでしょう。しかし、夏は冬と同じくらい冷えに注意が必要なのです。
通勤電車やオフィスなどで一日中冷房を浴び続ける環境にいる私たち。室外と室内の激しい温度差によって自律神経が乱れ、身体に本来備わっている体温調節機能が上手く働かず夏でも冷え性に陥る女性は実に沢山います。そんな夏の冷え性を解消するには、湯船でしっかりと身体の芯を温め体温調節機能を正常に戻してあげることが大切なのです!

紫外線ダメージに負けない美肌作りはバスタイムにあり

03入浴が美容に効果絶大であることは、みなさんも既にご存知ですよね。では、紫外線に負けない美しいお肌を保つためにも、湯船にしっかり浸かることが大切だということは知っていましたか?
冷えによって代謝が落ちてしまう夏は、お肌のターンオーバーが乱れがち。紫外線を浴びてダメージを受けたお肌は、このターンオーバーによっていち早く新しいお肌に生まれ変わらせる必要があります。しかし、冷えをきっかけに肌のターンオーバー機能が乱れると、日焼けによって肌が乾燥してしまうほか、シミやくすみの原因にもなってしまいます。紫外線ダメージを受けやすい夏こそ、湯船で身体を温めて、ターンオーバーの乱れ正常化する必要があるというわけ。

夏の入浴はダイエット効果絶大!

ついつい避けがちな夏の入浴。しかし、湯船に浸かって身体を芯から温めることで、ダイエット中の女性にとって嬉しい効果がたくさん期待できるのです!
02

体温を上げて痩せやすい身体を作る

入浴によって体温を上げると、基礎代謝がアップして“痩せやすい身体”になるのはご存知ですか?私たちの身体には、生きていくのに最低限必要なエネルギーである「基礎代謝」が備わっています。「基礎代謝が高い」とは、寝ている間や何もしていない状態でも消費されるエネルギーが多い、“痩せやすい身体”であるということ。逆に基礎代謝が低いと、基礎代謝が高い人と全く同じ生活をしていても消費エネルギーが少ない“痩せにくい身体”になってしまいます。 基礎代謝を上げるために最も重要なのは体温を上げること。なんと、体温が1℃上がるごとに基礎代謝は13%アップするそう!入浴により体温を上げることで、自然と痩せやすい身体を作ることができるのです。

夏のバスタイムはマッサージ効果倍増

湯船に浸かると水圧がかかるため、それだけで停滞していた血流リンパ上半身に流れやすくなり、下半身に溜まった老廃物排出されやすくなります。この状態でマッサージも行うと、水圧と温熱効果で更に血流が促進され、通常の(お風呂の外での)マッサージよりも5倍近くの効果期待できるといわれています!さらに、夏場は気温が高いので湯冷めしにくく、入浴後も血流が活発な状態が長く続くので、よりマッサージによる痩せ効果が高まるというしくみ!
普段なかなかお手入れが行き届かない足の指足の甲足の付け根などを念入りにマッサージすると、末端の血液もしっかりと流れるため、身体全体の血流がさらにアップし、効果がさらに高まります。

その方法、合ってる?正しい半身浴で代謝アップ

入浴で体温を上げ代謝をアップさせるには、やっぱり半身浴が効果的。しかし、間違った方法で半身浴を行うと、身体に負担がかかり、疲労や冷えを招く原因にもなってしまうのです。

お湯の温度は40℃まで。

「半身浴=汗をかくもの」という間違った思い込みから、高い温度で入浴していませんか?
私たちのお肌は、天然の保湿成分である「皮脂」によって膜が作られ、お肌の潤いを保っています。しかし、40℃以上の温度で入浴してしまうとこの皮脂が溶けてしまうので、乾燥肌を招く原因に!
さらに、高い温度での入浴は心臓の負担となり、代謝アップどころか健康を阻害してしまう危険性も!半身浴に効果的なお湯の温度は38℃~40℃まで。ぬるいと感じる温度じわっと汗をかくことが、半身浴の正しい方法です。

長い入浴はNG。半身浴の基本は30分!

長ければ長いほど効果があると、多くの人がカン違いしがちな半身浴。しかし、湯船に長く浸かりすぎると、せっかく温まった身体の熱が必要以上に体外に放出され逆効果。
また、熱いからと足や腕を湯船の外に出してしまうと、結局は身体の胴体部しか温まらない「末端冷え性」の状態が続いてしまい、半身浴本来の効果は得られず疲労だけが残ってしまうのです。
半身浴の基本は30分程度。適度な水分補給を行いながら、じわっと汗をかいたなと思う程度が、一番ベストなダイエット効果を得られている状態だと覚えておきましょう。

夏の私たちの体は、常に冷えと隣り合わせ。しかし、毎日の入浴でしっかりと身体のリズムを戻してあげることで、トラブル知らずの健康でスリムな身体をキープすることができるのです。
バスタイムをシャワーだけで済ませていた皆さんは、ぜひ湯船につかる回数を増やして、夏美人を目指しましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

この記事につけられたキーワード

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

モテ子YouTubeチャンネル