どこを押せば痩せる?足つぼダイエットの効果を何倍も上げるテク

モテ子
足裏が肉厚すぎてツボを刺激できないですって!?


世の中には様々なダイエット法がありますが、中でも「足つぼダイエット」は日本に古くから伝わるダイエット方法として有名。“ツボ押し”と聞くと、体の不調を治す東洋医学というイメージを抱く方も多いのですが、実は痩身効果もバツグン!中でも足裏にはダイエットのためのツボが集中しているので見逃せません!今回は、日常生活に簡単に取り入れられる足つぼダイエットを大特集☆痩せ体質を作る足つぼの位置と、その効果をご紹介します。

脂肪燃焼機能を高めて痩せやすい体をゲット!

私たちの体は、体温を維持するために、食べたものや体脂肪をエネルギーに変換しています。しかし、代謝の低下運動不足などでこの働きが衰えると、外から取り入れた食べ物は脂肪としてどんどん蓄積し、更にその脂肪を燃やせない体質へと変化してしまいます。
このおデブ化ループを食い止めるべく、まずは「脂肪燃焼に効果のあるツボ」を刺激してみましょう!

副腎(ふくじん)・腎臓(じんぞう)

足裏の真ん中、指を曲げたときにくぼむ位置にある「腎臓」と、その少し上にある「副腎」が、脂肪燃焼に効果的なツボです。名前の通り腎臓に作用するツボで、血流を促して余分な水分や老廃物を体外へ排出する働きがあります。

太陽神経叢(たいようしんけいそう)

こちらは足裏の親指と人差し指の付け根の間から4cmほど下がった場所にあるツボ。代謝を活発にして、脂肪の燃焼を促し、ダイエットに必要な体の機能を正常化してくれます。

便秘を解消してすっきりボディに!

私たち女子が抱える最も厄介な悩みの一つが「便秘」ですよね。腸内に古い便や老廃物が蓄積されると、必要な栄養を消化・吸収する機能も妨げられてしまいます。また、腸内環境が悪化することで、脂肪や糖分を分解する働きも低下し、不健康なのに太るという残念な事態に…。ダイエットを成功させたいなら、ぜひ便秘解消のツボも覚えておきましょう。

照海(しょうかい)


内くるぶしの下線から指1本分下に下がった位置にあるツボ。押すと軽い圧痛(痛み)を感じる場所で、便秘解消に効果的とされています。
便秘がひどい人ほど痛みを感じやすいので、無理に押さずに様子を見ながら圧を加えていきましょう。

厲兌(れいだ)


足の人差し指の爪の横、中指寄りの位置にあるのがこのツボ。胃腸や消化器官の回復に効果のあるツボで、こちらも便秘や消化器官に不調を抱えている場合は痛みを感じやすくなります。強い痛みを感じる場合は、もみほぐすように優しく押し揉みしてみましょう。

正しい足つぼダイエットのやり方

テレビを見ながらや仕事の合間など、いつでもどこでも行えるのが足つぼダイエットのいいところ。しかし、もっと効果を高めたいならば、「正しい」足つぼダイエットの方法を実践すべきでしょう。

体が温まった状態で行う

ツボ押しは、入浴後など、体が温まり血流が良くなっている時に行うと効果がUPします。足をホットタオルに包んだり、足湯を行ってからでもダイエット効果が高まりますよ。

指の腹で力強く!

爪の先でツボを押しても、効果はほとんど得られません。力の入りやすい親指の腹を使って強くゆっくりと圧力をかけていきましょう。爪が長い人は足つぼ専用の道具なども利用して。

足つぼを押した後は冷やさないように

ツボ押しを行った後は血行が促進されぽかぽかした状態に。ここで足を冷やしてしまうと効果が半減するので、靴下を履くなどして保温をしましょう。

運動不足の方や、冷房の効いた室内に長くいる方は、既に代謝が低下しているかもしれません。ダイエットをしてもなかなか効果が出ないと感じている人は、手軽に行える足つぼダイエットを習慣化し、痩せやすい体作りに取り組んでいきましょう。

※検証レポートは編集部で試した感想をもとに作成しております。効果を保証するものではございません。

Twitterでも最新情報をゲットできるよ!

専門家ライター募集 モテ子YouTubeチャンネル